ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3207】 立ち飲み居酒屋 金町製麺 (東京・金町) 汁なし豚骨そば + 焼酎黒丸 〜こんなの近所にあったら入り浸る〜!酒好きラヲタの為の店!

<飲まずにまっすぐに帰れない運命・・・^_^ >
 
 電車の中で気持ちよく居眠りをし、起きた駅で下車して、思いの外ナイスなラーメンを食べて、すっかり気分良くなり、東京まで戻って電気屋でも覗いて帰るか・・・と考える。ところが、嫌な予感がするんだよなーーー、なぜか。ちょっと前週の後半は仕事トラブってたから。スマホからオフィスのサーバーにリモートアクセスしてみる。すると、予感は的中で同僚は土日に休日出勤している事態です。あっちゃ・・・・。こういう時に限って、ラーメン遠征活動している私は、オフィスにすぐに戻ることもできず。近くのコーヒーショップで、急遽PCを立ち上げてプチ仕事・・・。無線LANが使えるところを急遽探して、金町駅の南口にあるプロントに駆け込みます。
 

f:id:TOMASSOON:20180407130110j:plain

 
 
 本当は、どこかでゆったりとブログの整理をしようと持ち出していたPCだったが、こういう風に役立つとはね。イラつきながら、喫煙ルームでガンガン吸いながらパソコン叩いている私は、周囲からは仕事しているのを見せつけてる嫌なやつに見えたでしょうね。灰皿にガッツリと6本ほどの吸い殻の山を、気づきあげてしまいました。あっという間に午後2時近くです。
 

f:id:TOMASSOON:20180407111911j:plain


 
 全然、週末でくつろいだ気がしねぇ〜。なんだか一気に会社帰りの気分に逆戻りですよ。やっぱり酒飲んで帰ろう。近くにサイゼリアを見つけたから、そこで安ワイン飲んでハジけようと思った。そのある商業ビルの看板でどこにあるのか探そう・・・としていたら、なんと「金町製麺」の看板を発見!。あ!こんなところにあったの!! いつか夜に訪問するために場所だけ確認しに行こうと移動すると、ななななななんと!!!!営業してる!!!!!!!!夜だけ居酒屋じゃなかったんですか!。もうここで、酒とラーメンするしかないでしょ。
 

f:id:TOMASSOON:20180407130232j:plain

 
 
 普段は同じ場所で連食しない私ですが、今回ははじけよう!
 
 
 
芋焼酎黒丸>
 
 少し前まで、プロントでアイスコーヒーの大きいやつと、水をがぶ飲みしてたから、本当は生中と言いたいところだが、芋焼酎ロックとさせてもらいましょう。正確には「焼き芋焼酎」とな。どうやら焼き芋を10%使用しているらしいのが、どうやって醸造発酵させてるんですかね。などと理屈っぽく考えながらチビチビやると、おお成る程!すごく香ばしさの中に甘味がある気がするー。いも焼酎の臭さが、香ばしさと分かるようになったのは、随分と後だったが、その香ばしさがとても受け入れやすい感じ。お湯割だともっと特徴がわかるのだろうが、疲労と眠気が重なったのもあって、すごくアルコールが回るの早かった。お代わりする予定だったが、一杯だけ。腹の中がもうチャプチャプ・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20180407130228j:plain

 
 
 
<汁なし系の豚骨!?初体験!!>
 
 どうやら昼営業の最後の時間帯だったみたいで、ガラガラ。ほぼ私一人貸し切り状態でした。もう悠々と誰にも気兼ねなく、ゆっくりと酒を味わう。
 

f:id:TOMASSOON:20180407130334j:plain

 
 
 ただこんな腹の状態で、ラーメン食えるのかとちょっと自信を失いかけました。でもメニュー表の中に、唯一汁なしってのがあったから、それなら胃に少しでも入れられるだろう。魔、そんな訳で「汁なし豚骨そば」を追加オーダーしました流れです。その汁なしってのがこんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20180407131017j:plain

 おおお!豚骨そばって言うからコッテリした「豚そば」かと思ったら、博多系をオマージュしたような汁なし麺じゃありませんか!。紅生姜とキクラゲと万能ネギ!これに味付きモヤシもありますので、豚骨風なのに汁がないのが、この時点になってようやく不思議と思いました。
 

f:id:TOMASSOON:20180407131022j:plain

 
 タレはどんなだろう・・・と底を探しても見当たりません。麺を食うと分かったのだけど、タレも、本当の九州豚骨風スープの白濁の色合いになってる。そしてペースト状態になって麺にすでに絡まっていたのです。麺の地肌カラーとそんなに違和感なかったので気づかなかった。食うと本当に笑うほど、九州豚骨ラーメンの味しとるがな!。塩気がしっかりしている中に、豚のエキスがネットリとした感じを出しており、舌に絡みつく。紅生姜がこの豚骨ペーストとよく合う!。
 

f:id:TOMASSOON:20180407131025j:plain


 
 混ぜて行くうちに、紅生姜以外の味わいも広がります。例えばモヤシの味付けが豚骨ペーストにも少し影響を及ぼし、味で紅生姜と対立軸になっている。ネギは豚骨ラーメンに似せた青ネギと、油そば風を意識した白ネギが両方プラス。この二種ねぎ風合いも、豚骨ペーストの中では、うまく纏まっていて食欲を加速するアイテムでした。どうせなら・・・・ついでに、ニンニクがあれば、もっと旨さが昇華していたかもしれませんね。
 
 
 
<やや中太で中加水なほぼストレート丸麺!芯を残して風味良し!>
 
 九州系は全く疎い私ですが、どうしても麺のカタサを追求してしまう。九州豚骨系だと、いつもカタメを志向してしまいます。ところが、この汁なしそばは、代表的な細麺ではなくて、むしろ普通より少し太めの「やや中太麺」です。加水のレベルも中程度として、少し王道からは外れるイメージがあるかもしれない。
 

f:id:TOMASSOON:20180407131048j:plain

 
 しかし、実際に食うと、しっかりと芯を残している茹で上げ状態だった。パツパツとまではいかなくとも、ヌツヌツっと乾いた歯ごたえに後に、麺の断面をみるとはっきりと芯があるのが確認される。つまり、風味がとてもよくできているため、茹で上げもそこそこ早めのタイミングになっているような、風合いでした。
 

f:id:TOMASSOON:20180407131128j:plain

 
 
<九州豚骨イメージの具材に今風のレアチャーシュー!酒のアテ!!>
 
 やはり、豚骨の味とキクラゲは合いますね!。麺と合わせると、歯応えの二重奏な感じで、クツクツ感とゴリゴリ感が共鳴しあうようです。そこに味付きもやしのザクザク感もリズミカルに合うかも。よく豚骨ラーメン屋にある辛モヤシがありますが、それよりはもっと甘め。なぜなら唐辛子の代わりにすりゴマですから。なので、キクラゲ同様でこれを少しつまんで食うと、酒が進みます。
 

f:id:TOMASSOON:20180407131032j:plain

 
 
 しかし何と言っても二種チャーシューが、実に焼酎に合う!。豚ロース肉は、レアチャーシューの代表格のようでして、実に肉味がナチュラルに凝縮しており、塩気が薄め。ソフトなようで生っぽい肉の感触を確かめた後、ロックの焼酎をちびりとやって、胃袋へと流し込む作業が実に楽しい。そして、鶏胸肉のコンフィっぽいチャーシューも、丁寧に飾り焼き目まで入れられている。前歯を少し力を入れるだけで、繊維がスーッと切れて行きます。これもすごく淡白な薄味。麺に絡まっている豚骨ペーストが少し絡みつくと、爆うまですよ!。両方の肉も、少し白ネギを乗せて食ったりして、存分に楽しみました。
 

f:id:TOMASSOON:20180407131028j:plain

 
 
 総じまして、「こんなの近所にあったら入り浸る〜!酒好きラヲタの為の店!」と言う感覚でして、実に罪作りですよ。最初は、胃袋の状態から食い切れるか心配だったものの、見事に難なく完食してしまいました。こんな汁なしがあるなら、通常の体調であったら、焼酎は3杯は軽いはず。まさに麺食堂と立ち飲み居酒屋の合体状態のこのお店ならではの、メニュー展開だったと思っています。しかし、こう言う店は、我が地元にも欲しいもんだー。あれば必ず入り浸る。ここはまた来るでしょうが、ちょっとあまりにも遠すぎるので、ちょっと一杯気分ではしんどいかな・・・・。常磐線沿線で、所用があったときには、是非ともこの店訪問を絡めたいとおもいました。この日は、思いがけず、金町で2杯も食うこととなって、どちらも大満足。そんないい気分を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   泣かせるぜ
   夢の昼酒
   昼ラーメン
 
 
   気持ち弾ける
   金町製麺(字余り)
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 YouTubeでまとめてみました!
 

関連ランキング:居酒屋 | 京成金町駅金町駅

 

 

働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社

働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社

 
働き方改革 個を活かすマネジメント

働き方改革 個を活かすマネジメント

 
経理部門の働き方改革のススメ

経理部門の働き方改革のススメ