ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3201】 京都北白川ラーメン 魁力屋 五反田店 (東京・五反田) 特製醤油味玉ラーメン 大 ~ネギ大好きなら当然行っとけ!ネギ星人のワンダーランド!

<ネギ大好き「ネギ星人」の聖地 〜 魁力屋!>


 平日はおかげ様で多忙でして、昼飯ラーメン活動にも大いに支障をきたすことが増えました。今回は、もう何も考えず、山手線で駅から近くて、気分を盛り上げることができるラーメン屋・・・ということで、素直に思いついたのが、こちら「魁力屋@五反田」さんです。途中にある「おにやんま」という「うどん屋」にも、心を揺さぶられますが、並びを考えるとすぐに座れそうなチェーン展開がありがたいのです。
 

f:id:TOMASSOON:20180404115710j:plain

 

 店箱が大きいから、待たされることなく、あっと言う間にカウンター座席に案内。へへ・・・なぜここに来たって?? それはこの金言があるからですよ。「ネギ入れ放題」。ネギ大好き「ネギ星人」にとっては、神の啓示に近いものがありまして、この一言で昇天しそう・・・。今回は、ストレス解消も兼ねて、発散してしまいます。まずは、デフォルトの麺顔を拝んでおきましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20180404115604j:plain

f:id:TOMASSOON:20180404115624j:plain

 





<それでは遠慮なく!ネギ全投入!!>

 さてここからが「ネギ化粧」が一気に始まります。もうここぞと、親の仇のように、ネギポットを全部投入してやりましたわ!それがこんな麺顔。

f:id:TOMASSOON:20180404115623j:plain

f:id:TOMASSOON:20180404115649j:plain



 因みに、ネギポットの、使用前/使用後も載せておきましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20180404115605j:plain

f:id:TOMASSOON:20180404115625j:plain

 



<ティピカルな京都ラーメン!背脂コッテリ&あっさり醤油のコラボ感!>

 京都ラーメンと言えば、思いつくのはこのスタイル。背脂が細かく大量に浮かぶ一方で、ベースのスープは見た目以上にあっさりとしている。こってりとあっさりの融合が基本でして、ここから各自の好みで、味調整がはじまります。非魚介系で醤油のピッチリ感がありそうで、とてもマイルドな醤油味が印象的。新福菜館でも見た目以上にあっさりしているように、このトレンドが一般的な京都系なのでしょうな。
 

f:id:TOMASSOON:20180404115648j:plain

 

 面白いのは、ここに一味が少し溶け込んでいるところ。七味文化の京都でも、ラーメンだけは一味です。あと、私の学生時代には、すりおろしのニンニクもあったら入れとりましたが、それはモヤシ多めにして、味が薄くなったときの対処でした。懐かしい青春の味わいを思い出します。
 

f:id:TOMASSOON:20180404115626j:plain

 

 それにしても、ネギがそんなに苦くないから嬉しいねー。少し入れすぎてスープの熱が冷めてしまうことを除けば、ネギから出汁が吐き出されえているのか?とさえ錯覚いたします。まさにネギ天国!。



<ストレート細麺でも淡く残るクッシリ感!後半の汁吸いがナイス!>

 京都もストレート細麺が基本です。少し加水が抜けているような感じで、粉の風合いを少しばかり感じさせるスタイルです。カタメなどの調整はぜんぜん問題なくやってくれるので、いつものようにカタメとさせていただきましょう。スパスパとリズミカルに噛み切れるのが楽しいし、時折ネギをひっかけてきて、ザクザクという歯応えと混じったりして、複雑さも魅力的です。
 

f:id:TOMASSOON:20180404115651j:plain

 

 しかし何と言っても、後半で汁を随分と吸い取った時点の麺が、実は旨いー。そこに青ネギを載せて、チャーシューで巻き込みながら、一気に食らう。これが私の流儀。旨し!。
 

f:id:TOMASSOON:20180404115652j:plain





<ティピカルな京都系ペラペラミルフィーユ・チャーシュー>

 ときどき、さんざん馬鹿にされるペラペラチャーシューですが、肉の薄切りを、重ねて食らうときの旨さがたまらんタイプ。これは、麺と一緒に食らうのは別にして、さすがに一枚一枚食らうのではないですな。2~3枚引っかけて重ね食いして、歯応えの複雑さとか汁の吸い込みを楽しむといいです。今回は、青ネギを巻き巻きして食い重ねました。、
 

f:id:TOMASSOON:20180404115650j:plain

 



<味玉にハズレなし!>

 ほとんど青ネギの多さに圧倒されて、存在感薄いですが、見た目以上に薄味がゆったりと染み混んでいて、甘味すら感じるねっとり卵黄です。少しスープを垂らして食らったりして、またネギも載せたりして食らうと旨かった!。やはり、味玉にハズレなし。
 

f:id:TOMASSOON:20180404115627j:plain





  総じまして、「ネギ大好きなら当然行っとけ!ネギ星人のワンダーランド!」と言う感じかしら〜。最近、なんだかカウンターのネギポット一つでは、体が慣れてしまって達成感が低くなってしまいました。こうなったら、新東名高速の藤枝だったけ・・・かのSAにある魁力屋は、【ネギが一斗缶】でしたから、帰省のときにでも、ネギ三昧を発展させてみたいと考え中。やはりネギは楽しいのです。そんな興奮を忘れぬうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。


   さくら散り
   ゆるり顔出す
   うす青葉


   つられて食う
   山盛り青葱 (字余)



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


YouTubeにまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

 

 

京都北白川殺人事件 (祥伝社文庫)

京都北白川殺人事件 (祥伝社文庫)