ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3161】 純手打ち だるま (東京・中野富士見町) 醤油らーめん 〜ハートフル全開!素朴さと明るさ溢れる手打ち麺!

<ハンドメイド感溢れる手打ち全面押し! 七彩流れの新店オープン!>
 
 とある事情から急に午後から予定が変更。いや・・・無くなった!。こんなことは珍しく、慌てて午後休暇を申請してご承認を頂戴いたしました〜。さあ!どこのラーメン屋へ行こうか!と俄かに興奮を覚えます。もう暖かくなったことだし、久しぶりに直系二郎でも行って並ぼうかと考えたのですが、ちょっとそれほど体調も良く無い。色々考えた挙句、いいラーメンデータベースを見てみると、社長がいい店訪問してレビューしてはるやないの!。速攻で訪問したお店が、こちら「純手打ち だるま」さんです。
 

f:id:TOMASSOON:20180302132519j:plain

 
 
 
 ご店主のツイッターを拝見すると、この日は一人オペだから回転が悪いと、前もて不利な情報をアナウンスされてます。行列覚悟で訪問しましたが・・・・なんと、店内待ち5名程度という状況で、いい感じの肩透かしです。それにしても、「だるま」さんも少し不運です。開店二日目で券売機故障とな!!トラブルあっても、だるま故に、七転び八起きで頑張っていただきたい。フロアサポートの女性から、手書きの食券をいただきましたが、こういうのも何だか味があるねー。
 

f:id:TOMASSOON:20180302132428j:plain

 
 
 店の作りは、広めでなかなか清潔感あって居心地良さそう。入口すぐに製麺室があって、自家製麺バリバリアピールです。注文を受けて、麺帯を切り始めるというのがいい感じ。切る音もトントントントン日野の2トン!ってな感じでリズミカルだし心地よいなー。手揉みも入念で、ドバドバと茹で釜に投入。うー、いかにも七彩の流れを汲んでいるって感じがして、ラヲタとしては安心感をすでに感じてしまいます。
 
 
 
<味わい、歯応え、舌ざわり等がナイス!穏やかな春にぴったり!>
 
 やはり平日昼間の時間ずらしのラーメン活動は、余裕あっていい!待つ時間も全く気にならない。ストレスから久しぶりに解放された感じで、いくらでも待つ覚悟があるときに限って、案外早く配膳が進む。生産1ロットにつき5杯ってのが功を奏したようです。こんな麺顔が運ばれました。
 

f:id:TOMASSOON:20180302132429j:plain

 
 
 うおー、初めてな気がしない。七彩、くじら食堂等でお目にかかったような感覚もありなむ。全体的に穏やかな色合いと各パーツの輪郭の一体感が素晴らしいです。まさしくこの日の気候にぴったりの春の和みすら覚えます。
 

f:id:TOMASSOON:20180302132430j:plain

 
 
 今回はスープよりもまず麺から実食を開始。もそっと箸で底から全体を持ち上げると、ヤッホーと叫びたくなるような、平打ち縮れピロピロスタイルの太麺が塊で盛り上がります。不規則な捩れと縮れ、そしてピロピロした端っこの形状と、ツヤツヤした地肌に安らぎを覚えます。
 

f:id:TOMASSOON:20180302132517j:plain

 
 
 一口分を持ち上げると、これがソバージュヘヤーのごとく妙にまとまるー。口当たりすら優しく、前歯を当てると想像以上にソフティー。微妙な表面のヌメリがあってそれが妙に滑りをよくさせます。太麺なのにズボボボボ〜ッとすすり上がってしまう。舌触りすら気持ち良い。奥歯に辿り着いて圧を加えると、想像以上にまたソフティー。多加水の極上ふわふわ感とでも言いましょうかね・・・。奥歯で潰すとクチリっと太麺が潰れて、スープとグルテンの一体感ある甘みが溢れます。うまい、麺がうまい!。歯ごたえと舌触りだけでなく、味わいをきっちりと伝えてくれるのが非常にナイス!。この系統は、並・中・大盛同一料金で、今回は中(250g)とさせてもらいましたが、何の負担なく胃袋に収まってしまいます。ここは大盛りをお勧めします。
 

f:id:TOMASSOON:20180302132518j:plain

   
 
 
<豚鶏穏やかで魚介はほのかに甘く!麺に負けない優しい仕上がり!>
 
 スープもまたいい塩梅。まだ開店間なしとは言っても、仕上げてきましたねー。豚鶏のゆったりとした動物系の旨味がしっとりと溶け込んでいます。麺が吐き出したグルテンの風味も溶け込んでるように感じる。故に少し霞んだ色合いがするのでしょうが、これもまた穏やかな円やかさをアップさせます(甘みが増す感覚)。
 

f:id:TOMASSOON:20180302132431j:plain

 
 
 熱がしっかりあってこれまた好印象。旨味をクローズアップさせるのは温度感ですよ・・・ナイス!。動物感だけでなく、魚介の風味も優しく伝わり、甘みを柔らかに仕上げつつ、落ち着きを感じさせます。醤油も尖らず円やかさをキープしるし大満足です。こういう穏やかなスープだと、薬味のネギも映えます。青菜のあっさりした味にも調和が取れるし、本当に嫌味が一切ないですな。
 

f:id:TOMASSOON:20180302132516j:plain

   
 
 
<部位と調理法の変化を交えた二種チャーシュー>
 
 チャーシューは二種。この日はチャーシューメンにするつもりだったのですが、未展開でした。肩ロースは、低温調理でしっとりしたピンク色が印象的。微妙に塩気を感じて、ふわふわした噛み心地してます。飯より酒にあうタイプだね。いくらでも腹に入りそう。またバラ肉は、煮豚タイプです。嬉しいことに、皮に近い部分を残しているので、脂の甘みがMAX。タレの塩気と甘みと非常にマッチしまして、これは飯に合うタイプ。もはや現代のラーメン事情として、二種チャーシューは当たり前になってきましたね。旨し!。
 

f:id:TOMASSOON:20180302132515j:plain

 
 
 
 
 総じまして、「ハートフル全開!素朴さと明るさ溢れる手打ち麺!」と言う何も捻りのないまとめでごめんちゃい。いやー最初からいい仕上がり感でしたので、これからが楽しみ。担々麺なども今後出てきそうなので、また混み具合など鑑みながらでも、来させてもらいましょう。開店当初でバタバタしてるでしょうが、トラブルあって転けても立ち上がるのが「だるま」さんですよね。応援してますので、引き続き頑張っていただきたいです。そんなエールを込めて、とっとと最後に詠っていつものように締めたいと思います!。
 
 
   七転び
   八起きの心
   いつまでも
 
 
   地道が一番
   励めよだるま
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
そして最後にYouTubeにまとめたのをアップしました⇩
 

関連ランキング:ラーメン | 中野富士見町駅中野新橋駅新中野駅

 

高崎少林山の風水達磨 0号10体セット T-DR010

高崎少林山の風水達磨 0号10体セット T-DR010

 
ひだまりのお願いダルマ

ひだまりのお願いダルマ

 
イワコー 消しゴム 開運だるま 60個入り SCERDAL001

イワコー 消しゴム 開運だるま 60個入り SCERDAL001