ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2934】 佐々木製麺所 (東京・西荻窪) 醤油そば 〜いかにも杉並グルメな落ち着いた一杯!地元に根付くのを激しく期待!

<いかにも杉並らしい落ち着いた街並みとそのお店>


 中央線沿線の注目店だけは、速攻で押さえておきたかったのですが、昼だけ営業でしかも日曜日休業のため、ようやく訪問が今になってしまいました。個人的にも、この夏は「冷やし中華連食決行」してましたからね・・・。さて西荻窪駅北口から、東京女子大方向へ、多少歩くしかない立地にひっそりとオープンしたのは、梅雨に入るか入らないかの時節だったでしょうか。その頃からはだいぶん落ち着いたと思われます。西荻窪は、駅の南側も北側も、飲んだくれエリアと、ちょいとグルメ的エリアが混在していて、程よさが良い感じ。吉祥寺と荻窪の中間というロケーションもいい感じで、実は一番住みたかった街だったかもしれません。駅から店まで歩くのも楽しかった・・・・まだ古い銭湯なんてのもしっかりと残っているのね。






 さて、店内に入ると店先同様にこざっぱりした内装。券売機もアルコール類など一切なく、醤油と塩の基本的二本立てというシンプルなラインナップ(昼だけ営業にアルコールないわな)。とても凛とした雰囲気の中で、厨房には経験値バッチリ!と思える、調理人としては脂の乗り切ったようなご店主が爽やかに笑っておられます。長年、ラヲタやってるとね・・・もうこのあたりの雰囲気だけで、自分に合いそうとか、もう美味いに決まってるとか思えてくるんですよー(ほんまか!?)。


     



<優しさ溢れる醤油ダレ!無化調スープのほのぼの安心感!!しっかり味付けで葱薬味映える!!!>


 今回は、基本中の基本「醤油そば」とさせていただきました。初訪問では、特製よりはデフォルトで攻める主義なもので。さてその麺顔ですが、写真だと素っけなく写ってしまうんですが、実物は丁寧さを感じるようなシンプルさで、崇高淡麗なオーラを漂わせる雰囲気はありありです。ありふれた麺顔だけに、伝わりにくいか・・・。






 スープがお見事!。お優しい。鶏と魚介とその他野菜やら乾物など・・・と言う構成でしょうが、鶏より魚介が主体と思われるような穏やかさが印象的。見た目は、香味油の加減で鶏主体と思わせるのですが、真逆なイメージです。なので優しいお味と感じてしまう。また醤油ダレも塩気が薄めな色合いに見えて、淡麗醤油と言う見せかけが、実に定番。薬味に青ネギをトッピングしたところが秀逸で、優しく円やかな出汁には青ネギの淡い苦味がよく合います。







 しかし淡麗風な薄味っていう感じもしないわけで、そこがまた混乱させるところであり、謎がうまさを誘うところです。無化調と思える出汁加減で、濃ゆい味わいとには結びつかないわけで・・・何が俺を混乱させるのか。結局醤油だと思うのだけど真偽不明。もしそれが煮干しの甘みエキスだったらシンプルに笑うしかない。








<優しいパツパツ感覚!汁吸い遅めで最後まで風味を感じて・・・>


 「佐々木製麺所」というわけだから自家製麺。「製麺所」と謳うわけだから一番の自信は「麺にあり!」だと思うー。勝手にハードルあげて食して見ますが、「さすが佐々木製麺所!」と感じてしまいました。これは好きだわ!美味いわ!。何のブランド小麦粉とかは知らんが、パツパツした感覚と、柔らかさを同時に感じるというのは久しぶりな気がします。相反するポイントと個人的には感じているのですが、バランスよく両立している感じです。





 前歯を差し込むと、プスリプスリと前歯が差し込むちぎり感。いつもなら見た目から、パツパツとした歯ごたえと言いたいところ。そういう気持ちも半分あるんだけど、密度感が優しくて程よいから差別化したい次第です。スープが穏やかっぽいから、麺もストレートに個性を感じますので、グルテンの風味ってのがしっかりと受け止められる気がします。






 さてさて、こういう状態の密度感なら、後半になって容易く汁の浸透を許してしまうんだろうなーと思っていたら、意外に最後の最後までクッシリプスリプスリと持続していただけてしまった・・・。単に私のズボボボボボボボボーーー的な高速啜り上げによる時間短縮により、浸透する時間を許さなかったのか。それとも、この麺独特の個性なのか。次回は「大盛り」にして再確認するしかありますまい。







<ふわふわ豚バラ肉の脂身を最大限に生かし甘み芳醇!メンマは熱々コリコリ感!>


 子供の頃は、豚肉の脂が嫌いでした。二十歳を超えるくらいから逆転して脂身が好きになったという遅咲き肉好き野郎な私です。そんな私には、豚ばら肉のチャーシューにはひとつこだわりがあるんです。それは「豚の皮膚部分」。結局、豚の脂身って皮下脂肪なのですが、そんな皮下脂肪の中でも「皮膚に一番近いところが一番美味い」って思いません??。大昔、社会人新人の頃、接待で高級中華を食した時、その脂身のうまさに衝撃を受けました。こちらのチャーシューは、皮は残っているとは言いませんが、とても皮に近い部分まで残した脂身チャーシューがとってもナイスです。同じ脂身でも、普通なら白くなるところが、皮膚に近くなる程に透明感を感じます。そこが甘いのです。美味いのです。そして醤油ダレが一番浸透する部分でもあります。








 総じまして、「いかにも杉並グルメな落ち着いた一杯!地元に根付くのを激しく期待!」ってな感じで、これはとっても応援モードになってしまいます!。ここは正直通いたいぜーっと思うのですが、この営業時間帯ではどうにもなりません。ご店主・・・夜営業も開始しませんかそろそろ。そうなると、個人的には「さくら井@三鷹」との掛け持ちが苦しくなりそうなんですが、そうなる際には、食べログRDB等、グルメSNSに情報アップをお願いいたします。私から拡散してもいいですが、逆に迷惑かかるかもでー(爆)。ということで、充実せていただきました。また来ます、当然次回は塩で。気分がいいまま、するっと最後の締めに詠って、そろそろ遅いのでもう寝ますー。



   知られざる
   グルメな街の
   西荻



   質実良質
   新たな麺屋



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


東京都杉並区西荻北4--26-10 山愛コーポラス104