ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2923】 ラーメン魁力屋 藤枝PA下り線店 (静岡・藤枝) 特製醤油ラーメン


<帰省ついでに朝ラーメン!>


 法事で実家に帰省することになり、久しぶりにクルマを自分でロングドライブです。あちこち途中で寄り道したいのもやまやまなんですが、時間もないため高速道路のPA・SAでラーメンを楽しむしかありまん。いろいろ東名・新東名等ででチェックしたところ、新東名の「藤枝PA下り」に「魁力屋」、伊勢湾岸の「刈谷ハイウェイオアシス」に「横綱」があるではないか?。どちらも京都ラーメン。今回は、下りしか食えないので「藤枝PA下り」の「魁力屋」を先に訪問させていただきました。出発時間の都合上、朝ラーメンになってしまいましたがー。


     











<小さいめの一斗缶にネギがギッシリ・・・>


 フードコートスタイルのお店です。呼び鈴ブザーを渡されて、ぶるったら取に行く。さて、実はラーメンよりもはや別の目的ができてしまったのです。それは「入れ放題のネギをどこまで投入するか/できるか」という選手権。通常店だったら、テーブルセットにあるネギポットを、本気で全部使い切ることができるかです。







 しかしこのお店とそのスタイルから、各座席にネギポットを配置するわけにはいかない。そのため、トッピング自由のコーナーが設けられていて、そこに一斗缶か!?と思われる容器にネギがざわざわっと投入されているわけだ!。ネギのつまむ道具も、掃除道具か!と思えるサイズのつまみです。ネギポットなら全部使い切ってやろうかと野心を抱えていましたが、一斗缶サイズならそれは死を意味しますー。もしくはネギ星人ではなく、ネギ中毒者に陥ってしまうかも・・・。意地を通した結果、この程度のネギ盛りでとどめてしまいましたー。
















<背脂と青ネギはデザート替わりさ!>


 もはやネギが主役?。ネギをレンゲの下で崩しながら、そして下に押し付けながらスープを吸わせる。醤油スープが染み込んだネギをそのまま、まず味わう。青臭さがたまらん!その中に仄かに薫る甘味もたまらん!そいうこうしているうつちに、スープに多く浮かぶ背脂が紛れ込んできます。次は、スープと背脂両方を呼び寄せながら青葱を食らう!。これがまた個人的には止められないほどに好きな味わいなのです。












 後半は、スープをできるだけ少なくして、背脂最大限でネギを食います。とどめは、チャーシューを少し巻き込んだり散らしたりしながら、ネギをザクザクと食らう。それが至福です。まるど乙女がデザートを食らうのと同じくらいに。












<やはりライト系な京都ラーメンのイメージ!それでよい>


 ラーメン自体は、これまで散々食ってコメントしている通りです。ネギの入れ過ぎによるスープ温度低下は、自業自得とは言え、ライトで清湯系な醤油スープは実に嫌味なく、豚エキスの明るさが響く。そして背脂がギトギトしていそうに見えるけど、意外にそうでもない。ほんのりと甘味を味わう気分で背アブラの甘味が滲むスープを味わいます。







 極細に近いストレート麺もなかなか好き。加水がやや低めに感じつつ、しかししなやかな腰付きが印象的で、カタメにするとクツクツとした歯ごたえとグルテンの風味も立つから好き。そして後半にはしっかりと汁を吸い込むから、それもまたしなやかさアップで、酔ったあとの〆ラーメンとしても最高に合うと思います。













 総じまして、「ラヲタの帰省計画には要チェックポイントなる店!是非とももっと進出希望!」という感じでして、高速道路のSAが今後楽しみです。さて帰りは、横綱をねらってみますが、さてさてどうなることやら・・・。さすがに運転疲れで年齢を感じますので、今回はこの辺にしといてとっとと詠ってからもう寝ますー。



   目が覚める
   朝に青葱
   びっしりと



   背脂のせて
   理想の朝食



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


ダイワ(Daiwa) 電動リール 16 シーボーグ 300MJ

ダイワ(Daiwa) 電動リール 16 シーボーグ 300MJ