ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2897】 京都北白川ラーメン 魁力屋 五反田店 (東京・五反田) 冷麺


冷やし中華であろうと貫く「ねぎ入れ放題」>


 魁力屋に行くときは、「ネギを補給」と決めたとき。たとえそれが夏の嵐の中であろうと、たとえそれが冷やし中華であろうと、ネギをできるだけ入れてやるのがオレの主義。とは思っても、以前に新橋の「麺屋7.5Ghz」で生ネギ入れすぎて失敗したことも思い出されて、今回はちょっとネギ盛りが中途半端になっちまったと反省です。







 一応、ネギポットの「使用前」「使用後」の写真を並べておきます。


     






 その結果としての麺顔も一応掲げておきます。


     











<錦糸卵と麺の色でイエローだらけの麺顔イメージ>


 一応、オリジナルの麺顔を説明しておきますと、錦糸卵・キュウリ・チャーシュー・きざみのりといういたってシンプルな構成。銀色の器に錦糸卵のイエローが妙に反映する上に、麺のイエロー地肌がこだまするので、麺顔全体的にイエロー一食のように思えます。なので余計に青々としたネギを入れたくなる衝動にかられます。今回に至っては、キュウリの印象はまるでありません。ネギに埋め尽くされてしまっただけです。







 ただチャーシューは初めてこのブランドで食った感触です。京都系なのでピラピラペロペロな肉がミルフィーユのように積み重なったのがイメージなのですが、冷やし中華に合わせて一般的な細切りカットにした様子。逆に「ロースの部位がこんな味だったんだ」と再発見した気分です。結構塩気が効いていて、ご飯に合うのだと・・・。いつも麺を巻いて食ってたから単体の味を忘れてしもうてましたー。












<麺変えましたね? 加水多めのモチモチ仕様で脱魁力屋風〜〜>


 非常にわかりやすい、冷やし中華をイメージする多加水モチモチ麺です。個人的には、いつもの中細ストレート麺が冷し中華ならどのような表情を見せるかが期待だったんだけど・・・(まさか同じ??いや!?)。







 前歯を押し当てた途端にポヨン!と弾むような感覚で、力を入れるとプチッと千切れる。その瞬間に麺が縦方向にビヨーーンと伸びた感じになったりと、少々ゴムっぽい印象ですが、風味は程よくキープ感があります。表面はいかにもツルツルコーティングされたような光沢感に帯び、啜り食う時のライトなスベリは言わずもがなです。途中、ネギを引っかけてまき散らしますが、お構いなしでズボボボーーっと啜り食うオレです。一点だけ希望を言えば、あと少し、あと少しだけ冷えが欲しかったところだが、ネギをこれだけ意地汚く食い放題な男が言うのも何だかワガママに思えてなりませんが。







<濃ゆいゴマだれドレッシングに酢が強めな感覚!生ねぎ食うにはピッタンコ!>


 棒棒鶏のタレほどの高級感はなく、なんとなく胡麻ドレッシングに近くて、それが少し濃ゆいと思えるようなニュアンス。粘りもサラサラ度もなく、ペタペタとした液体感覚です。味はしっかり目についているので、麺の多少なりの水分では薄まりません。そしてやや強めに酸味が効いているのも印象的で、夏の冷やし!ってアピール感が分かりやすいです。







 注目すべきは、食べ放題ネギ微塵と良く合うこと!。へへへ・・・ご法度かもしれませんが、最後に余った胡麻ダレに、またネギポットからネギを追加投入して、ネギのみを貪り食うという、何ともはたから見ればコイツ頭おかしいのかと思われたかも・・・・。ここの青ネギは実によい。ネギの汁でヒリヒリくることもなく、味わえるネギだもんね。







 総じまして、「きゅうり脇役に押しのけた、ねぎ三昧冷やし中華!」と言う感じでしょうか。やはり、どこか今回もこのブランドでは、「ネギ中心」のレビューになってしまいます。ご容赦いただきたい。ネギ大好きネギ星人な私だから・・・。ということで、ネギエキスを大量に摂取してからは、なぜか体がスッキリいい気分。これから夏場の後半にかけてまだまだ暑さが長く続きますが、負けそうになったときにはネギですね!。また来ますよ確実に。と言う感じでネギの夢を期待して、とっとといつもの通りに詠って、明日にそなえるたえに寝ますー。



   突然に
   夏の嵐に
   逃げ込んで



   栄養補給に
   山盛り青ネギ



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



さんぽガール 佐野小波さん 五反田編

さんぽガール 佐野小波さん 五反田編

五反田七景 〜「Paddyウォーク」シリーズ〜

五反田七景 〜「Paddyウォーク」シリーズ〜