ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2829】 らーめん 鶏武者 (京都・西院) らーめん +チャーシュー追加サービス

<鶏白湯のメッカになりつつある京都! それでも異色を放つ!>


 いろいろ所用があって京都滞在です。年齢を重ねると京都って本当にほっこりと落ち着く街だなと感じます。生まれた街で若いときは、狭苦しいだけの感情を抱えて過ごしてきたのがウソのよう。歩くだけで愉しさを感じたりして・・・・人間って変わるものなのね。







 そんな感じでただ一人で街を愉しんでいても少し寂しいので、友人に声をかけたらすぐに飛んできてくれました。幼馴染でもあり、ラーメンの師匠でもあり、飲み仲間でもあり、カラオケのライバルでもあり・・・そんなヤツ。最初電話かけたら、西大路駅界隈の二郎系を勧めてきたんですが、それはちょっと・・・私が最近、東京で直系二郎を食い過ぎてしんどいと告げれば、ではここは?と再び勧めてくれたのが「鶴武者」さんです。最近人気ある鶏白湯のお店という情報は得ていたので、素直に従いましょう。ヤツと京都駅で待ち合わせして、意外にそこからアクセスしにくい「西院」という場所に向かいます。












<こってりしているのか? あっさりしているのか?>


 人気店らしいオーラが漂う西院の街角。開店間無の平日宵の口なのに、すでに店内待ちが生じている適度な混み具合です。入口にある製麺機がどこか誇らしげで、カウンター席にはカップルや、男コンビ客多数。そんな中、ヤツと私は雰囲気も顧みず、うるさい口調で配膳が済むまでペラペラとしゃべり続ける次第でして、完全に周囲から浮いていたに違いありません。しかも、ヤツが取り出した「チャーシュー増しサービス券」を出した瞬間、一番声が店内に響いたか?。「これを出すと、チャーシューを無料で増してくれると思うのだけど、できますか?」って客であるヤツから説明に走るから、内心「黙って出せよ・・」と思いつつ、こういう無料サービスには折り目正しいヤツの気性が、すこし感心したりもしました。







 そんなやりとりをしながら、受け取ったのがこの麺顔。チャーシュー増しの小技があるにしても、750円とは思えぬ迫力です。しかしその一方で、最近の京都らしい鶏白湯の系譜かと、上から目線で見きったりもします。しかし、これだけ鶏白湯が開発し尽されたテーマだとは言え、これは中々個性的で、濃厚なのか淡麗なのかもすぐには判別しかねる不可思議さあり。正直言って・・・最近食った鶏白湯ではかなりのトップランクだと思う次第です。







 お恥ずかしい話だが、まず「こってり」なのか「あっさり」なのかもすぐには答えが出せない。スープの微かな粘りの中に、鶏コラーゲンがたっぷりで「ぼんじり」や「もみじ」っぽいコラーゲンを豊かに感じます。では重い濃厚感覚なのかと言えば、決してそうではない。これが意外なほどに「あっさり」と食えるので驚きます。この手品は大量なる野菜エキスの投入による効果だと思っているのですが、真実はいかに?。魚介や節系では重くなる甘味が、なんとも軽やかにナチュラルに響き渡るのですわー。







 また動物感覚に、微妙に豚骨をアレンジしているところもポイントですか・・・・。鶏100%の乳白煮出汁ってのは結構重く感じるのだが、こうもさっぱりと感じられるということは、豚骨清湯の出汁も加わっていると思われますが・・・。







<やんわり捩れてフワッとツルツル!芯は淡く感じる歯切れ感!>


 自家製麺です。汁系にしては中太系で、若干の平打ちのニュアンスを感じさせながら、捩れが効いていて啜る感触がみているだけでも楽しくなりそう。伝統的な京都系なタイプとは全く別で、加水が多めに感じながらも、外側はややモチモチとしつつも、中心部には密度感覚を保ち、ハードなのか、ソフトなのかも判別しがたいです。







 啜りあげのライト感がさすがでストレス一切なし。計算通りの内頬と舌触りの抵抗感は、モダンジャズのピアノとドラムのセッションのように、リズミカルさの中にビートが響き渡ります。いつもの通りにズボボボボボボボーーーっと感じていたところは、京都でならこんな風にも感じてしまいます。







 歯ごたえがまた楽しい。前歯の千切りはスパッと切れつつ最後はモツッ潰れる感じ。そこには汁の吸いこみも若干あって、麺の味自体が旨く感じる仕掛けがあります。麺類は基本的に喉ごし重視なんですが、この麺は噛み切って潰しこんで味を確かめたくなる。ついつい・・・・。







<極上レアで、幾らでも食える肩ロース>


 通常なら2枚の肉が、ヤツの一言で二倍の4枚になった次第。普通に旨い上に、ただの肉追加とゲスな考えをしてしまうと、余計に旨くかんじるではないか! いつもなら、一枚一枚をもったいぶって食ってるオレが、今回は殿様気分でゆったりと肉を味わうなんて・・・・。肩ロース肉は完璧。半レアな肩ロース肉が、丼に縁どられてキレイ。一枚一枚をゆっくりと味わいます。薄味で、周囲の香ばしさも何気にしっくり効果的。4枚もあれば十分と思っていたのが甘くて、あっという間に食べきってしまった。肉とはずるい。散々楽しませておいて、すっとすぐに目の前からいなくなるから。







 あとメンマは触れておくべきです。これは旨い!。形状は変わっているが、普通に極太材木メンマだったら、メンマラーメンにして埋め尽くしたいかも。繊維の細かさ、味わい、歯切れの良さなど、どれもかなり良いです。
















総じまして、「認めたくなくとも認めざるを得ない、ネオ京風鶏白湯!」と言う何だかつまらない最終まとめで、ごめんちゃい。旨かった旨かったと、ヤツと肩を並べながら、このあと「鳥貴族」での見直し。ここでも焼き鳥3000円分くって飲んだあげく、短時間ながらカラオケへ。今回は調子悪く、ハイスコア対決では、ヤツに負けました・・・・。悔しいと思ったかもですが、今回は楽しい一杯になって本当に良かった良かった!。新しい京都の鶏白湯バリエーションも確認できたし、得るもの多かった。そんな感謝の気分を少し織り交ぜながら、もう眠いのでとっとと詠ってしまいます!



   伝統と
  趣守る
  古き街



  守破離覚える
  ネオ鶏白湯



お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


京都のラーメンはカルチャーだ。―記憶に残る80杯

京都のラーメンはカルチャーだ。―記憶に残る80杯

LEAF(リーフ)2017年6月号 (京都・滋賀 ベストランチ)

LEAF(リーフ)2017年6月号 (京都・滋賀 ベストランチ)