ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2827】 キラメキチキンハート (京都・山ノ内) とりとんこつらーめん


<学生が集まりだすと濃厚系列が集まりだすのか……?>


まだ京都に滞在中ー。いろいろ捗らないことが多くて、こうなれば少し腰据えて構えるしかないと、外出通りすがりのスーパで食料品の買い出しに出かけます。しかし、妙に腹が減りましてちょっと一杯ひっかけて行こうと、こちら「キラメキチキンハート」へ訪問してみました。京都ローカルでは、メディア露出度ある「キラメキノトリ」系列の店ですね。そう思うと、あの濃厚な味わいを食う前から何となく味も予測してしまいます。







それにしても、この辺りも大学が微妙に散在しているエリアでして、微妙にラーメン店も集まってます。天下一品、天天有、横綱来来亭などチェーン系はしっかりとある。学生さんが多いと、自然とこうなるのかねー。そこに質実そうな、「鶏谷」「キラメキチキンハート」が追随しているのだから、ちょっと楽しい場所かもしれません。












<キラメキ系列らしい濃厚鶏エキス抽出と豚の煮出し!ズドンと来る胃袋満足>


店内は明るくて、大きめのカウンター席が勝手よく使えそう。奥には小さいけどテーブル席があって、ラヲタのピン客もファミリー層もゆっくり食えそうな感じです。先客後客の注文は、まぜそば・Jインスパイア?・汁系など適当にばらけております。そんな感じから、常連の惹きつけと、どれ食ってもうまそう感がアリアリです。







今回は、この系列では定番の「とりとんこつらーめん」をチョイス。やはり間違い旨さに魅了ですよ。まず鶏骨エキスの煮出しが本当にテクニカル。ぎゅーっとエキスを搾り取った感がするほどで、鶏骨どくとくの風合いを醸し出しながらも嫌味は排除です。この部分が「キラメキ」らしい部分ですが、裏を返せばパラパラとアチコチにでも、こういう味わい系統が増えてきたかも?。いや、鶏白湯と豚骨の濃厚融合は、実は京都らしいとい言えばそうとも言えるかも。ここにニンニクを投入しても更に美味しく頂けるはずです。私はブラックペッパーを入れましたが、少しだけ洋風に傾いた味わいに変化して、一気に食が進みます!。ほかにはカレーパウダーがテーブルセットに備わっていて、それはそれでとても合うはず!。







 天天有も横綱もいいけれど・・・濃厚感に埋もれたい気分の日なら、こちらをお勧めなのかもね。












<濃厚エキスを巻き取る!スープに寄り添う風味感に、優しめの歯ごたえ>


 ここまでシッカリした濃厚さだと、それを受け止める麺はかなりの実力者じゃないとね。その期待通りの質感でありました。加水は中程度で、低いとも言い切れず、また多加水なりのモチモチさは持ち合わせず。麺の風合いをしっかりと感じさせる上で、濃厚スープと待ち受ける感覚が素晴らしいです。







 もうスープに絡みつくような持ち上げの良さ!。一度スープに沈めたら染まるかのごときの絡みつき方です。ずぼぼぼぼぼぼぼぼーーーーって啜ってみると意外に重くなく滑らかに啜れる。でも、セルフで準備してある「紙エプロン」は邪魔くさがらずに、恥ずかしがらずに、使用することをお勧めしますよ。シャツにハネが飛んで、久しぶりに実家のおふくろに叱られたー(笑)。












<美しいワイルド感持ち合わせる「厚切り焼き仕上げ」チャーシュー>


 注文に応じて、フライパンでソテーしてる肉です。それを見て久しぶりに「麺哲@豊中」の肉そばを思い出した・・・・。ワイルドさも併せ持つバラ肉でして、脂身の旨さ甘さをしっかりと分からせる仕上がりです。周囲の予めつけられた焦げ目と、ソテーにして追加したフレッシュな焦げ目のコラボが、歯ごたえ的には楽しくて、風味と味わい的には旨さが高まります。肉増量200円で3枚!。100円で2枚なら間違いなく追加するのですが・・・最近ずいぶんとみみっちくなったオレですので、それはないかな・・・。












総じまして、「ネオ定番な京都系!濃厚鶏白湯の王道!」と言うそのまま何の捻りもない感想まとめでごめんちゃい!。実は最近、仕事に少々打ちのめされて精神的に疲れ、その反動でラーメン二郎に通いまくり、その結果胃弱な感じになってしまったー。なので実は、今回ひょっとして二郎よりも重く感じたかもです ^_^。 しかしそれでもグイグイと食ってしまったわけだから、魅力を超えてどこか魔力的。ちょっとこれ食ったあとは、生活態度や考え方を改めて行かねばと反省中です。そんな気分でさらりと詠います!。



ヘタレては
チキンな野郎
そんなワシ


ハードなネゴも
なすがまま也



お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


京都のラーメンはカルチャーだ。―記憶に残る80杯

京都のラーメンはカルチャーだ。―記憶に残る80杯

LEAF(リーフ)2017年6月号 (京都・滋賀 ベストランチ)

LEAF(リーフ)2017年6月号 (京都・滋賀 ベストランチ)

京都ラーメン物語 (極める味の旅)

京都ラーメン物語 (極める味の旅)