ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2821】 ラーメン二郎 目黒店 (東京・目黒) 小ラーメン 豚入り 全部マシ

<今宵も二郎の夢を見るーメグジ編>


 もうそろそろ、「豚追加」をしてもいいころ! メグジでは、大でマシマシにさえしなければ、遭難することはないと、最近はヘタレながら私も学習しましたよ。ちょいと今回は、一仕事終えた開放感もあって、夜の格好の時間帯に、通い慣れた権之助坂を下って、またまたメグジに来てしまいました。豚を追加して、自分へのご褒美ということで。とは言っても、この店では、名物「ワンコインの小ラーメン」より、「小ラーメン豚入り」の方が人気が高く、並べられたプラ券が全て青紫色(小・豚入り)ってことはよくあることです。今回ようやく、私もその仲間に入れてもらえたようです(笑)。







 やはり、夜の方が二郎らしくていい。男臭さがまた二郎のオリジンを感じさせるようです。また漂い薫る豚骨臭も、どこか宗教的な厳かさを覚えます。二郎に通うとは、巡礼を意味するのか。はたまた、洗脳を意味するのか。あの白い粉に魅入られた身としては中毒とすら思えて来たのだが、最近はもっと深みにハマってしまったようで、自分でも怖くなってる・・・・。












<豚は、とても柔らかく自然と解れて粗いフレーク状に崩れるのだ>


 今回も「全部マシ」。背徳さを感じさせるほどに、乱れた麺顔がやけに眩しい一杯を、おやっさんから受け取ります。高い台のところにスルーっと置いてくれるのだが、確実にキャッチしないと危ういような力加減が緊張の瞬間です。そして、全部マシの場合は、いつもスープ量が限界に近いレベルなので、この受け渡しで少々溢れる。しかも、表層のオイリーな部分だけが溢れるので、カウンターは拭いても拭いてもベトベトですー。







 今回は、豚を味わいに来たのだ!上にかかっているヤサイは、今回だけは適当にあしらって、さあ豚と対峙!。と思っていたら、ヤサイをやっつけている段階で、すでに崩れかけている。おお!どこまで柔らかなんやねん!。慌てて豚を先食いして味わいます。本当に筋肉繊維に沿って朗らかに解れる感じが快感でして、前歯を刺すというより、当てるとすでに切り込まれてしまってる。ちょっとハードなシーチキンと言ったレベルの柔らかさ、ほぐれ方で、想像をさらに超えます。







 肉質と脂質が細かく交錯している部分が、に出されて脂質だけが抜け落ちたのか・・・そんなほぐれ方です。しかし、豚骨出汁と醤油だれの塩気が、逆に染み込んでいる感じで、実にうまい。食べ物は、何でも「薄塩」が一番シンプルで美味い。その公理にしっかりと従った、ちゃんとした豚肉の旨味が感じ取れる。ジャンクな風合いの中に、微妙に「凛!」とした旨味が広がるのが、二郎としては不思議です。その肉を、クタクタっとしたヤサイと一緒に食うのだから、炭水化物が欲しくなるのは当たり前。そこで、オーション打ち込まれた二郎麺がナイスアシストをするわけやね。












<タイミングの都合かー、いつもより滑りよくチュルッと啜って・・・>


 前日よりは、やや柔らかめな感じがしたものの、これはこれで、なぜだか本来的な面のうまさを感じます。麺の風合いが、優しく感じられる分、スープとも親しみやすく味わいのコラボ感も増す感じ。表面のぬめりもなぜだか今回は薄い。なので、ゴワゴワっとしたワイルド麺ながらも、ズボボボボーーっと勢いよくすすり込めるわけです。その分、しっかりと「飛びハネ」を撒き散らし、あとで後悔するのですが。常連さんの中には、タオル持参で、高級料理店でのナプキンみたいに、それを首襟に挟んで貴族のように二郎でお食事する方もおられます。こういう方に限って礼儀正しく、滑舌も良く、綺麗な「ごちそうさま」が言えてる。












<クタリめのヤサイに、アブラとカラメがよく合うのだー>


 最後にヤサイ。「クタリ」めで、「キャベ多」めで、本当にナチュラルに甘めに食える。だけど、全部マシにしたところで、オイリーさがヤサイに活力を与えるように旨味がますし、また醤油系の塩気がさらにマッチするわけです。全部マシの時のヤサイは、実は美味いと申し述べてみたいっす。












 総じまして、「この一杯・・・まさにボランティア的メグジの心意気!さらに心地よい程よさ加減がナイス!」と言うことで、前々々々回のをそのままパクりました。あしからず。もう一回かもう少しくらい、この「豚入り」を味わい続けたい次第です。次回は豚をもう少しハードに味わいたいかも。また来ます。近いうちに・・・・と思っていたら、どうも最近、顔を覚えられたような感じもします。そろそろ、メグジ連投シリーズも終わった方が、いいのかな・・・・グダグダにならないうちに。そんな心配をしつつ、もうそろそろ眠いので寝ます。という感じでとっとと詠います!。



   一仕事
   終えてご褒美
   豚追加



   蕩ける脂に
   気分も蕩けて



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣

ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣