ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2820】 ラーメン二郎 目黒店 (東京・目黒) 小ラーメン 全部マシ


<今宵も二郎の夢を見るーメグジ編>


 また来てしまった「メグジ」。業務の繁忙期調整で、後進達にいい日程を譲ってしまったから、こんな皐月のどうでもよい平日のタイミングで、早々に退社せねばならん。なので、日頃通えない「メグジ」に集中的に通っております。18時に夜の部開店なのだけど、実際に営業開始となるのは、たいていは18時15分あたり。この日は、18時丁度くらいにオヤジさんがスクーターでやってくるのだから、時間通りにはまず開かないね。スクーターから降りかけたオヤジさんと目が合い、思わず「最近、新参者でお世話になってるものです!」ってな感じで、会釈してしもうたがな・・・。お腹空いてるので、早く準備してねーなんて、情けない顔したオレです・・・。







 だいたい、開店時刻前に二郎に並ぶのは、相当のフェチか、ミーハーのどちらかですなー(笑)。フェチの方の「開店一巡目の一杯」にかける意気込みというか、こだわりというか、それはもう信者というより「上人」に近い雰囲気。行列で静かに待つこと・・・それは禅の境地と言えましょう。静かに文庫本を読むとか、競馬新聞をにらめっこするとか、スマホのゲームに夢中とか、果ては数独にハマっている方もちらほら。厭離穢土 欣求浄土・・・苦悩の多い穢れたこの世を厭(いと)い離れたいと願い心から欣(よろこ)んで平和な極楽浄土を欣(ねが)い求めて、「二郎」を食する風景が、ここにはあるのです。


 一方、ミーハー(古い言い方:笑)な方達の方は、大抵は連み喰いで、どのサイズを食う?豚は追加?ヤサイって言う言わない?などと相談がとても微笑ましく、浦安のネズミーランドのアトラクション選びとほぼ心境は変わりません。そんな両極端な輩達を知ってか知らぬか、今日もメグジのオヤジは、いつもの南海ホークスの帽子をかぶって悠々と、準備を進めているのでありました。












<連日同じものを食い続けても同じ満足感・・・・ブレないというとだね!>


 今回もまた、「全部マシ」コールとさせていただきました。なんだかんだ言って、一番濃厚にメグジを味わえるわけだから。通えるうちにDNAに染み込ませて記憶しておきたい気分です。この数日、立て続けにこれなんだけど、風貌は毎回似たり寄ったりなのだが、味は見事にブレないね。オイリーさたっぷり感覚と、ニンニクがいい感じで全体に散らばるバランスと、キャベツの甘さに滲む豚骨醤油の塩気と粗野な風味。感覚としては、毎回同じレベルで同じポジショニングの再現。







 食い続けても、表面層の脂と、その下の層の醤油と豚骨の結合味わいが、分離している。できることなら「レンゲで撹拌」したいところだが、「メグジは回転率で価格上昇を抑えている」ため、余計なツールで回転率を下げては魅力が失われる。レンゲはもとより、爪楊枝やテッシュ等は備え付けてない。洗いを極力余分なことさせたくないのが伺えるかな・・・・。







 しかし、ややオイリーすぎるスープも、豚のオイル吸い込みを考えれば、見合うと思えます。







<豚の端っこのカピカピした部位は初めての感覚>


 二郎にしては、珍しいほどに端っこのカピカピな部位が当たりました。それだけでは申し訳ないということで、しっかりとオヤジさんの判断で、いい肉部位も入れてもらってますがー。カピカピな端っこの部位は、オイルを吸い込んでもそんなに歯ごたえは変わらん。しかし、奥歯で噛み締めた時点から、肉と味わいが乗り移ったオイルの味わいがまた格別にうまい。







 もちろん、通常のロース部位も当然ながらうまい。実に繊維質に沿って柔らかく砕けてうまい。そこにニンニクの欠片が、肉繊維の隙間に挟まったりすると、強烈にうまい。












<クドいようだが・・・・キャベツの甘さに感謝な味わい>


 本当にクドいのだが、メグジのヤサイは、ホッとするほどの柔らかさと、甘みがある。キャベツの恩恵です。特別なことをやっているとは到底思えないところが、ナチュラル(天賦の才能)としか思えぬほど。ヤサイマシは、メグジでは必須ですぞ。スープ完飲するくらいなら、ヤサイを増して食いきれ!スープ余らせても良いではないか!。


     











 総じまして、「この一杯・・・まさにボランティア的メグジの心意気!さらに心地よい程よさ加減がナイス!」と言うことで、前々々回のをそのままパクりました。あしからず。そんな感じですが、今回の集中的メグジ連食は、どのタイミングで辞めようかと、今から悩んでる・・・・。そのうち、適当に答えが出るでしょう。何せ飽きっぽい部分も実はあるから。ということで、ちょっと先ほど仕事の電話が入って来たので、いきなりレビューをここで切ります。だからとっとと詠います!。



   悠々と
   遅れて登場
   おやっさん



   腹が減り過ぎ
   思わず会釈



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣

ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣