ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2807】 Noodle Kitchen Gunners (川崎・新丸子) 中華そば 大盛


<人気定着化してきたかー!どっちも応援気分!「でこ」とともに!>


 本当にどうしたものか・・・この店を訪問するときは、少し罪悪感というか、後ろめたさを感じてしまう。なぜって「麺や でこ」の前を素通りして、しかも同じような清湯系で崇高な中華そばを食べに行くのだから。新しもの好きというのはあるとしても、双方ともなかなかの実力店なのだから、困ってしまう。しばらく武蔵小杉/新丸子界隈に来れば、どちらか交互に攻めるしかないなーと考え中です。







 それにしても、少し早いタイミングで訪問したものの6席満席で、ポツポツと2〜3人のプチ行列が発生する状況が続きます。地元民と思われるご夫婦もおられて、美味しい美味しいと顔あわせながら食しておられる。このエリア近くにお住まいの方は実に羨ましいものです。2店も旨い店が近くにあって・・・。












<貝出汁の個性を巧く醤油のニュアンスで円やかに食わせるねー>


 前回は「汐そば」だったので、今回は醤油系ということで「中華そば」をチョイス。それも腹が減っていたものだから、大盛りとさせていただきました。券売機には「貝出汁つけそば」なるボタンが準備中という但し書きながらもある。ますます興味がわくではないか。この時点でもさらに定点観測しなけらばならない、と意を固くしてしまいます。







 少ない席数だから回転がよいね。2杯1ロットで生産されておりますが、それもあっという間に配膳が完了。しかもスープは熱々で湯気がここちよく頬をなでて昇ります。「中華そば」という大衆的な名前ですが、見た目は少しハイセンスさが混じったもので、薬味の紫色したカイワレだったり、メンマは穂先だったりと、美しい見栄えを保ち、片隅の海苔が分厚くて凛々しく反り立ってる。実に温和な表情であり、びしっとキマった空気感もありなむな麺顔です。







 さてスープですが、これが実にいろいろな見え方がして面白いです。実に「サッパリとして穏やかな醤油そば」と感じるか、「醤油センスでジリっとしたエキスを食わせる貝そば」と感じるか。好みでかなり印象が変わる一杯ではなかろうか・・・というのが私のファーストインプレッション。お隣客は「円やかで優しくておいしー」ってのたまっておられたけど、私は逆に「貝が効いてる!」っていう大人しさよりは「攻め」を感じてしまった。改めて味わい直すと、また「円やか」な感じも分かるわけで、意識や体調で味わいがコロコロ変化するようです。







 醤油ダレの感覚も印象的。清湯の醤油そば系って、醤油の生き生き感覚がシャープに切れ込むタイプと、じわじわと穏やかなタイプとあるけれど、こちらは明らかに後者。酸味は抑え目で塩気が旨みとバランスしているような、明るいめの醸造感が素敵です。







<クツクツ感覚が相変わらず楽しい!>


 多加水でかなりの細麺。ストレートさが素直に美しく、箸でリフトするとしなやかにまとまります。毛細管現象に似たスープの持ち上げも素晴らしくて、ゆっくりと麺に浸透してゆく感覚が味わい深い麺です。ねり水の個性が良く出ていて、艶やかな表情を高める一方で、モチモチ感覚は低い。なので「そば」感覚でツルツルーーーっと粋にいただけます。いわゆるのど越しのシルエットも明確。しかしスープが熱々な上に、このタイプは麺の密度感も高いため、蓄熱しがちで火傷しがちですので要注意。ってしっかり口の中の皮がめくれてしまった私ですがーー。
















<飯より酒に当てたいようなー半レアピンク色がにくいね!>


 汐そばでも語ったかもですが、これは酒に合わせたいような上質感がいいですね。薄味で少しペッパーの風味も効いているため、スープに浸したり、熱伝導をなるべく避けて、常温か少し冷やして冷酒か焼酎ロックで流し込みたい気分です。しかしこの店の雰囲気では、冷酒・焼酎って感じじゃないのだが。












 総じまして、「汐そば醤油味!」と言う感覚でして、個人的には中華そばと言うより、貝そばのイメージが濃ゆいー。そのままの捻りもない感想ですが、貝出汁のブームを少し感じている今日このごろ。それに乗ってほしいと思うし、今後その波が無くても、地道に続いてほしいと願うばかりです。「麺や でこ」と並んで、地域を盛り上げていただければこれ幸い。また来ますよー。そんな応援気分と多少の後ろめたさを感じつつ・・・ちょろっと詠ってみますー。



   醤そばに
   後ろ髪をも
   ひきづられ



   期待の星の
   なるたる



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



[asin:B072C3GWYS:detail]