ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2788】 一圓 三鷹北口店 (東京・JR三鷹駅) もやしてんこ

<武蔵野・三鷹エリアで存在感ある「一圓」の名物>


 もしも、三鷹駅周辺に、アド街ック天国がやってくれば、おそらくこの店の「ジャンボ餃子」はランク入りするであろう・・・それが「一圓」。本店は、吉祥寺の井の頭通り裏手の歩行者が多いとこにあるんだけど、私にとっては「三鷹北口店」こそ【一圓】です。昼間半端な時間帯に前を通ると、せっせとジャンボ餃子の仕込みをしている店主。いつも笑ってない・・・いつもオヤジダンディーなちょっと苦しんでる顔(笑)。それでも手先がプロっぽく、渋い仕事ぶりです。そして、この店だけはどこか店内告知のポップが、とても手慣れたマンガチックで、他店舗とは少しニュアンスが違う。そして、客層が見事にバラバラで、昨今申し訳ないけど、時間帯によっては一番奥の席だけ喫煙が可能。古びた街中華屋の気軽さも残すと言う・・・個人的にはしびれる店なのです。この店のレビューはそこそこ書いているのだけど、共通しているのは「地元愛」。そして、ボリューム面での面白メニュー展開。ジャンボ餃子に対抗する麺類としては、『もやしてんこ』がございます。常連などは、たまに「てんこ!」と一言で注文通し。久しぶりにレポートいたします。

















<笑ちゃうほどに痛快な「もやしてんこ盛り!」やっぱり炒めた野菜感覚が美味い!>


 麺顔を見れば、すぐにそれとわかる。もやしてんこ・・・つまり、「もやし」を「てんこ盛り」しただけのもの。以上!・・・言えればカッコよかったかもですが、いえいえちゃんと少しばかり、玉ねぎと人参は入っております(人参は一切れなのだが)。しかし、もやしの量は半端なく、おそらくスーパーで売っている一袋30円前後の全量は投入されております。しかも、根切りがそこそこしてあるし、何たってプロの『野菜炒め』でドバドバっと投入されるのですから流石です。プロの野菜炒めは家庭では絶対に出せないね!。軽いラードが焦げた香ばしさで、中華鍋を振るって調理されたものだから、そりゃ美味いわ!。ところが、この一杯600円と言う枠があるからか、肉類が一切入っていない。そう言うところが、また潔しと言うか、気持ちよい捨てに入った態度というか痛快です。春すぎて夏に向かうシーズン何にキャベツがないところも笑えるね。その代わりか知らんが、玉ねぎはそこそこ入っている。この玉ねぎの軽く炒まった味わいが・・・もやしだけの殺風景さに、味彩りをくわます。玉ねぎの炒めは、プロがすると甘みにも、香ばしさにも変化する。そんな超大衆的な一杯の中に、封じ込められたわけです。一筋が二筋くらい、ニラが入っていると見栄えが格段に上がるのだが、「もやしてんこ」はもやしを味わうものだから、それはしないといったところなのか!。














<一圓は、麺も実は捨てがたいと思ってる・・・普通に気取らない旨さが人気の秘訣??>


 厨房は見えない作りですが、吉祥寺にある本店は確か、麺釜泳がし&平ザルでしたっけ。実は結構麺はイケるタイプです。そうは言っても期待しすぎてはいけないという条件付きですが。通常この手の一杯だと、タンメンを連想して、少し太い麺かもちもち加水麺を当ててくる店もある筈。ところがストレート細麺を選んでいます。そこそこねり水の反応があった黄色がかっているものの、ちょうど先ほどアルデンテを通過したしましたーという感覚の歯ごたえと風合い。旨いです。







 ・・・本当はそういう風に締めくくりたいのだけど、もやしに麺が絡み過ぎるので、ほとんど麺を食った気がしない。つまり、大量のもやしを食っている最中に、適当に麺が絡まったり入り込んだりするので、それだけで消化されてしまう。食い進めると、麺はなくなり、スープともやしのみが残るという珍しいエンディングを迎えます。










<ライト&シンプル過ぎると思えるところに・・・自家製辣油を投入してみると3倍旨くなる!!!>


 さて、この一杯の課題があるとすれば、それはスープです。非常にライトな醤油清湯になっておる一方で、化学の力を明確に感じるような、温かみのある化調のテクニックと申しましょうか・・・。何も考えずに、冒頭でスープだけ味わうと、「ペラい」と感じる方もおられるかも。これはこれで大衆の温かみのある味わいだぜ!というかたもおられるか?。食い進めると、もやし炒めの汁気も混じるので、中盤では単調に感じる方もおられるかも。







 今回、考えましたその対応策を。いや、発見しました目うろこな味変化を!。名物「ジャンボ餃子」用に備わっているテーブルセットのうち、「自家製辣油」をひとさじ入れましょう!。それも、そこに溜まっている粒子をひとさじ。それだけで、3倍は旨くなるはず!。なんと・・・スープを飲み干してしまったほど、私はハマってしまいました。一圓では、おすすめな味変化です。










 総じまして、三鷹駅周辺の定番アミューズ麺!」と言う何だか中途半端なまとまりない感想でごめんちゃい。もやしてんこ盛りのボリュームに驚きつつつも、二郎の半分以下の腹圧迫です。スープまで飲み干しているのに・・・。それもそのはず。肉一切入っていません。野菜メインで、少しばかり炭水化物(麺)を摂取しているだけで、しかもスープにはカプサイシンが豊富な自家製辣油仕込みです。逆にこれを毎日食い続ければ痩せると思う。それは戯言としても、これを食って太る筈がないと思う。これ食って太る筈がないやん!。少しだけなら、餃子を追加しても全然余裕のはず。一口ビールなら全然カロリーカウントの誤差の範囲ですよ誤差。荻窪二郎で腹一杯になった罪悪感の次の日は、「もやしてんこ」を食えば、プラマイゼロ以下ですな。いや、二郎もヤサイをあれだけ・・・・もうやめとこう、嘘を重ねて泣きそうになってきたから。でもこうあってほしいという希望を込めて詠って、もう寝ますね・・・。



   ヘルシーに
   もやしてんこで
   野菜摂る



   いくら食っても
   太る筈なし



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!




闘うもやし 食のグローバリズムに敢然と立ち向かうある生産者の奮闘記

闘うもやし 食のグローバリズムに敢然と立ち向かうある生産者の奮闘記