ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2652】 札幌 味噌や 元住吉店 (川崎・元住吉) 味噌オロチョンラーメン・2辛

<ストレス発散にオロチョン攻めてみたけど、ビビりヘタレて2辛で!>


 所詮私はそういう男。仕事にいつも気を抜く。何だか業務が上手く行かなくてねー・・・イメージとか配慮が不足というか、もともと大雑把な性格なので、細部のツメが甘いのは確か。いろいろ責め立てられて妙な汗をかいた後、なんだか痛快な味噌ラーメンを食いたくて、移動中に元住吉駅で下車です。この界隈で味噌と言えば、もはや「ナルトもメンマもないけれど。」さんな気でおりますが、今回だけは痛快にヒーハーっと叫んでみたいような気分だったので、ブレーメン通りを西へ西へ・・・。狙ったところは「札幌 味噌や 元住吉店」さんです。


   






 店内は、ランチタイムピークアウトのまったりした雰囲気の中、保険屋さんっぽいビジネスウーマンと、近くの社長っぽいオジサンの先客2名あり。奥に細長いカウンターのど真ん中に座って食券を通します。さてどの辛さレベルにしようかと思いつつ、悩んでいるとオジサン客が真冬に汗まみれな状況だったので、こりゃいかんなと怯んでしまった・・・。4は無理でも3辛にするつもりが、2辛と伝えてしまった・・・。ヘタレやなーオレって。だって失敗したくないんだもの。それに、コチジャンとか唐辛子がテーブルセットに備わっているし、辛さは足し算はできても引き算ができないもんねー。と自分に言い訳してしまった。


   











汁:「味噌感も味わえて、辛さの刺激もたのしめて・・・そんなレベル2でいいじゃない!」


 鍋を振るう音がするたびに期待が高鳴りますが、店が空いてたのもあって配膳はかなり早かったです。麺顔もなかなか立体的に盛り付けられ、糸唐辛子があしらわれるなど、ワイルドさの中に上品なムードも引き立てます。ぱっと目に入るのはスープカラー。一見はパッションを感じるオレンジ色で、辣油や一味系のスパイス感覚の層が印象的。そこをレンゲでかき分けると、オーディナリーな黄土色した味噌ボディーが現れます。しかしすでに半分は撹拌されており、融合状態。レンゲでまずはすくって一口味わう。







 うー、「2辛」にしといてよかったわーっと正直思います。ヘタレが出て辛さチューニングを制御してしまったけど、これも本能か才能か。危険予知を感じた私は偉かったです。ちゃんと味噌の風味も楽しめるし、オロチョンらしいパンチもほどほど味わえて、一番バランスがよいレベルなのではないかな。味噌は豚骨系のしっとりしたエキス感に、塩気抑え目で熟成をほんのり感じるような、サラサラ味噌スープ。ところどころオレンジ色い変色して、その部分だけがピリ辛っと刺激する。







 野菜も一緒に食べだすと野菜の汁も混じったりするのか、私が食べ慣れてくるのか、辛さのインパクトがなくなり、むしろ辛いのがいい塩梅に思えてくる感覚。辣油とか一味系のスパイスを抵抗なく啜り呑んでいました。シャープな辛さがほどほどで、噎せ返ることはありません。












麺:「すこしだけボコボコしているけど、引き締まりとしなやかさの両立したような、札幌系黄色麺」


 表看板に札幌ってあるから、西山製麺なんでしょうかね?。もう黄色く輝くフォルムをみただけで、嗚呼札幌本場の味噌麺って感じにさせます。個人的な関西人イメージですと、子供心に縮れ麺が印象的ですが、それほどウェーブがかかっておらず、ストレート麺が少し捩れが強いかなっと思う程度で、部分てきにボコボコしている感覚。スープがインパクトあっても、負けない風味を感じます。普通によく食べる麺よりググッと引き締まりを覚える一方で、汁に馴染んでからのしなやかさもなかなかなもの・・・。







 こういう麺は、ずぼぼぼぼーーっと勢いよく啜りたいと思ってたら、本能的にそうしてた私。嗚呼、またやっちまった・・・ハネが胸ポケットに飛んでしまった(泣)。慌ててティッシュを濡らして部分叩きしながら応急処置。しかし味噌麺の誘惑には勝てず、処置もそこそこにしておいて、やはり麺を啜り食うことに・・・。今度、ダイソーで紙エプロン買っておこうかしらん。ビジネスバッグにそれ入れてる奴って見たことないけど(笑)。焼肉屋で見かける黒い紙エプロンだったら、男でも恥ずかしくないかも。












具:「しっかり味の肩ロースチャーシュー!モヤシと挽肉の炒め感もナイス!白飯あったらなー」


 最近、味噌ラーメンと言うと挽肉とかコマ肉しか入ってないのが多いから、チャーシュー入ってるとすごいテンションが上がる(笑)。よくあるチャーシューなんだけど、大きさとか厚さも納得サイズ。特に醤油系のタレがわりと深く沁みこんでおり、さらに脂身部分がほどほどあって、熱で溶けたところが、塩気と混じってめちゃ甘く感じる・・・旨し!







 さらに野菜(ほぼモヤシ)炒めには味噌スープとオロチョン風味がしみ込んでいるので、肉とそれさえあれば白飯軽く食えるかも。もし・・・半ライスサービスあったらすごく良い印象に変わりそう。ラーメンについては次々と発想が浮かぶのに、仕事にも活かせよ!・・・・所詮私はそういう男。












 総じまして、「やなこと忘れるくらい辛さの旨みが痛快!ストレス発散に最適のオロチョン味噌麺」という極めて個人的な感覚でしょうか。辛味噌と言えば、中本のタンメンもいいけど、こういった地に足がしっかりとついたようなオロチョン麺も実に捨てがたいっすねー。食ってる間は本当に幸せでした。さて帰る道すがら、ポツポツと雨が降り出して、嗚呼、天気予報が外れて傘もってきてねー。結局、駅に戻ってきたら、また別のストレスを抱えてしまって、次の仕事場へと行きましたとさ・・・。まあ、今年一年はこんな感じなんだろうな。淡々と真面目にやっていこう。ということで自己反省でへこみながらですが、詠います!




   押さえられ
   突き上げられて
   管理職



   ストレスためる
   シャルルの法則




 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



関連ランキング:ラーメン | 元住吉駅

ブレーメンII 4 (白泉社文庫)

ブレーメンII 4 (白泉社文庫)

ブレーメンII 3 (白泉社文庫)

ブレーメンII 3 (白泉社文庫)

恋のボイル・シャルル

恋のボイル・シャルル

使い捨てソフトエプロン 白(不織布タイプ)100枚入

使い捨てソフトエプロン 白(不織布タイプ)100枚入