ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2616】 らぁめん 山と樹 (東京・高円寺) あじ玉らぁめん


<実力度高い新規店舗!いきなり高円寺にオープン!>


 杉並区の中央線沿線で新規開店情報があれば、そりゃ行くしかないでしょう! 本オープン日の夜の部に、颯爽とやって参りました高円寺駅です。意外に歩いてすぐのところで、分かりやすいロケーションです。しかし、この店の並びはモロ競合店揃いで、ちょいと激しくなりそうだねー。うどん店が2店舗で、しかもうち一軒は割と好印象のお店。日本酒が飲めるうどん店。もっと気になるのは、すぐ側にのラーメン店があるというところ。環七に面しているから、駐車場は期待できないけど、ビジネスマンもそこそこ期待できるでしょうから、すでに応援モードです。それにしても寒いやー。さすがにビールを飲む気分じゃなかったので、今回は酒抜きで、真剣にラーメンと対峙いたしました。とりあえず、「あじ玉らぁめん」とさせていただきましょう。







 券売機を過ぎようとすると、製麺機が目に入るー。おお、自家製麺なのここ!期待がさらに高鳴ります。ご店主は見た目若めで、爽やかな応対されてて好印象。最近のラーメン屋さんは、昔と違ってカッコいいから、隔世の感ありますね。ちゅーか、ラーメン屋って本当にカッコいいと思うー。












汁:「穏やかでスッキリな甘味ある〓油に、シットリとした動物系のバランスが堪らん美味さ!」

 まだオープン仕立てだからね、先客は2名と閑散としておったが、やる気と新鮮さが充満している店内。本当にあっという間の配膳と感じたのですが、この日の気分にも合っていたのか、実に素朴で穏やか、更に質実な作り込みから「美しさ」も感じる麺顔です。麺のボコボコ感の隙間に、深い醤油ブラウンの海が広がり、真円で浮かぶ動物系の油が薄っすらと広がって輝く。 It's so beautiful !







 最近、流行りの醤油ラーメンを食べると「〓油ダレも甘味傾向になったな」と感じることが多いのですが、皆さんはいかがでしょう。こちらも冒頭にそんな気がしたのですが、引き際が良いというか、バランスが良いというか、ドヤ顔した醤油感覚がなくて良いですねー。甘味は確かに芳醇。しかも塩気もしっかりと後味に残しつつ、微かに醤油から来る酸味を残すというフィーリング。先人によると弓削田醤油と言うブランド醤油らしい。名前は聞いたことあるし、食ったこともあるけど、駄舌な故、ひっくるめて「高級で美味い醤油」と言う認識です。







 甘味は、醤油以外から来るのだろうね、ほんとうは。動物系の出汁もかなりバランスの良さを感じます。豚と鶏のていねいな煮出し感には、透明なイメージさえ受けて取ってしまいます。緩やかな甘味が十分に感じられるし、そのほかに隠し味的に、昆布や節、魚介も忍ばせてあるのかしらん。まさにナチュラルな甘味が広がり、それがジンワリと麺にも絡み、そして染み込んで行くようです。







 七味が薬味として備わってます。後半少し入れるとこれもまたいいねー。












麺:「ハンドメイド感たっぷりの、手揉みボコボコ多加水自家製麺!潰し込み感と滑りが堪らん快感!」


 こう来たかー、ピロったようなボコボコ形状!。手打ち風にも思えるピロピロ自家製麺です。しかも加水は割と多めで、しっかりとした潰し込みも感じられる麺の密度感が素晴らしい。小麦の風合いをしっかりと感じさせるし、口当たりとか喉越しが非常にライトで、しかも重みを感じさせるタッチ感覚。つけ麺でも十分に通用しそうな良質麺です。







 よく見てみると、全粒とか麩の打ち込みが感じられます。風味感を高めてます。前歯の切れ込みはヌツリと淡白な感じですが、束になったそれを奥歯でプレスすると、ニチリっと半分弾むように潰れこむ感覚。その後に、スープに混じったグルテンの風味と甘味が、口の中で交錯しまくりです。こりゃ美味いわ。本当に一気に食い切った印象でフィニッシュ。こんなことなら、大盛り二玉にしておくのだった・・・。こちらは二玉をお勧めします。












肉:「4.7インチ画面以上の肉厚バラ肉チャーシュー!解れて蕩ける旨味なり!」


 意外にデカいチャーシューです。スマホの画面が大型化して久しい昨今ですが、私のiPhone SE の画面サイズよりは確実にデカいと思われるチャーシューがステキです。しかも肉厚。最近はレアチャーシュー全盛なので、こう言ったバラロールチャーシューが、何だか嬉しくも思えます。







 しかもこの肉が異様に好みにハマったと言うか、美味かった!。箸で持ち上げようとすると、解れて崩れます。薄味でも肉の旨味は芳醇。そして噛むと柔らかくて溶けてしまうかのようー。ずるい、ずるいよチャーシュー!。もっとオレを楽しませておくれと思ううちに、無情にも嚥下して喉奥へと消えて行くー。肉を食いきってからの寂しさは、外の環七の暗闇よりも深い。







味玉:「あっさり仕立てで玉子の味わい残すタイプ!それでも味わいが濃厚な黄身がステキ!」


 肉を消化した寂しさよ。悲しみの井戸に落ちた魂をすくい上げてくれたのは、味玉でありました。意外にあっさりとしていて、薄い味が深く浸透しているイメージ。白身はふるふるしていて、風味を感じさせる。そして黄身は、周囲は芋羊羹状で、中心部に向かうとゲル状に落ち着き、その変化のグラデーションを感じさせます。個人的には、おでんの玉子よりも3倍好きかも。サイズも大きめLサイズでナイスです。














 総じまして、「穏やかさと甘味感!広く受け入れられ易いハイパフォーマンスな醤油そば!」と言う感じでしょうか?。スープ、麺、チャーシュー、どれも私のド・ストライクゾーンなので、多少の依怙贔屓があったとしても、これは美味かった。まだラインナップは少ないけれど、おそらく通い続ける店になりそうー。まず、一月中は、もう一回来店するだろうな(笑)。次回は塩でお願いしたいと思います。また、軌道に乗ったら是非、日本酒か焼酎を増やして欲しい次第。このホロホロチャーシューは、ご飯の方が合うと思うけど、酒にも相当合うはずなので。刻みネギと〓油ダレで、対峙したいかもー。言いたいことばかり言ってごめんちゃい。ということで、期待と応援も込めて、詠います!。



   暗がりに
   寒風荒ぶ
   環七に



   明るく映える
   醤油の甘味



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



関連ランキング:ラーメン | 高円寺駅東高円寺駅新高円寺駅

さんぽガール 風莉さん 高円寺編

さんぽガール 風莉さん 高円寺編