ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2591】 メンマもナルトもないけれど (川崎・元住吉) 味噌らーめん

奥田民生に食わせてみたい!誰か関係者見てたら紹介してあげてください!>


 民生愛に満ちている店内、屋号、そしていろいろ・・・・ファンなら分かる。敬虔な信者が経営されているので、ぜひ訪問してあげてほしいなーなんて陰ながら思うのです。もし目に止まって本人訪問が現実となったら、これこそレビュアー本望に尽きるというものです。何をそんな妄想に取りつかれているかと言うと、マジ旨かったので、この感動を伝えたいだけー。お見苦しい点はあしからず。







 ともあれ、塩→醤油→?と食ってきて、味噌を放っておくわけにはいかない。年明け開店日に、なんとか年始挨拶回りをやりくりして、昼営業にやってきた次第です。まだまだネット露出度が低めが幸いして、混雑もすることなくすんなりと余裕で入店。気分いいねー。味噌の食券を手渡ししてしばし、ぼーっとカウンターで暇つぶしです。昨年にはなかった・・・うんちく書きが増えていて、暇つぶしには丁度よい。眺めていたら、なんとこちらの麺は、京都のカリスマ麺「麺屋棣鄂」製であることが判明。通りで質感感じるわけだ・・・・。ランチタイムは、チャーシュー増か、麺の大盛りが選べるんですが、それ知らんからチャーシュー増しを選んでしまいました。ちょっと無念だったけど、肉もかなり旨かったので残念感はまるでなし。


   



   










汁:「濃密でオイリーな味噌!されど粒子が極細でなめらか!非常に仄かに広がるエスニック風味!?」


 配膳の瞬間は、「旨さ間違いなし!」の迫力ありますねー。美しさすら覚えます。レアチャーシューの桜色にも心惹かれますが、私は味噌のカラーリングが妙に鮮烈に思えました。ワックスをかけたようなギラギラ感覚があるのに、しつこくない。むしろ上品な深みといった感じで、合わせ赤みそ系の熟成を思わせる雰囲気が、関西オリジンな私には新鮮に映るのでしょう。そしてその味わいも見栄え通りに、美しい深みがあった・・・。







 味噌の熟成度が深くて、ぐぐっと濃厚な風位を感じる一方、とっても粒子が細かいので濃厚なのだけど、ドロドロとしていない。味噌にもキレがあるという感じで、塩気も程よく、むしろ豚骨系のベーススープの甘みすら感じさせる余裕もあり。ラードのコクも効いていて、コクが厚い一方で腹もちの良さも感じます。これだけでも上質でシルキーな味噌感覚なのだが、香りと後味が徐々に変化してゆく感じ。







 あとから写真メモをよく見ると、白髪ねぎと思っていたところに赤い香辛料が効いていたり、またチャーシューをはじめ全体的にも軽く香辛料がかかっている。それが三分の一程度食べ進めたところで、溶けだしてきて、新たな味輪郭を感じさせます。確信がもてないのですが、山椒にも似た軽いエスニック感がふわふわっと漂いだす。それだけでなく、フルーティな酸味も淡く感じだして、それが何の味なのか駄舌ゆえに検討がつかない。崩れた花らっきょのようなコリコリ感もどこかである。そしてそこから酸味が広がり、味全体に明るさが映えます。味噌以外の調味料の使い方も素晴らしいと思え、塩も醤油も味噌も、どれもハイレベルという印象です。どれ食っても外れがない!。












麺:「さすがカリスマ製麺所!味噌に負けないしっかりした風味の良さ!密度も高いがなめらかな物腰がナイス!」


 麺屋棣鄂、昭和6年創業の老舗有名店らしいのですが、私知ったのはつい4〜5年前ですー。シャンプーハットてつじの店で遭遇してからのお付き合い。東京でもちらほらと見かけるようになって、「あら旨い」と思ったらここの麺・・・なんてことも多いです。今回もまさにそれ。別に芯が残っているわけではないのですが、実に麺の風味を感じさせてくれ、味噌スープのコクにも負けずに食べ手に伝えてくれるのがナイスです。また麺同志がまとまりやすく、味噌でべとづくことなくスルスルっと持ち上げが楽です。







 若干汁を吸ってからも、プツプツと小気味よく千切れて快感だし、また奥歯でプレスする際のクチリとした後に広がる味わいに、味噌と炭水化物の混じった甘みがあって、糖分あって腹もちの良い仕上げになっております。大盛りのボタンは見落としなのか・・・・次回は大盛りでトライしてみたいです!。












肉:「おお!これが2017バーッジョンの肉か!?極上レアチャーシューに変わってる?味噌らーだけ???」


 券売機に「チャーシューごはん」ってのがあったけど、その肉もレアチャーシューなのか? はたまたメニューで肉を切り替えているのかは不明。されど、これまで食ってきた「塩」とも「醤油」とも別物の仕上げ。見事なまでのレアチャーシューです。塩気が実にほんのりとしていて、素材の旨みしかないのかと思えるほど。また艶めかしいほどに柔らかく、筋や歯切れの悪さを一切感じない。今回は、麺の大盛りを犠牲にして、肉ましをゲットしたので、一枚目は大きく頬張って食してみたけど、見事な弾力ですわー。これは日本酒か焼酎を欲してしまうタイプ。絶品に近い。







 ナルトとメンマがない代わりに、ピーマンと白ネギ。このピーマンの苦みが妙に味噌ラーメンに合うのが不思議。もっとくれと言いたかった。また白ネギの中にはいろいろと、他にも薬味が混じっていたようで、一番最後にスープを飲み干すときになって気が付いた・・・。招待は不明なれど、甘みと酸味があって、小さくてもフニャコリとした歯ごたえが印象的でありました。











 総じまして、「当然応援気分だけど、流行り過ぎても困るな・・・・」という何とも矛盾を抱えつつ、いつでも食いたいというような一杯です。ま、旨けりゃこのロケーションならすぐに週末は混むようになるよね。そうなると、有名人なら訪問しづらくなるだろうななんて思うと、早く民生よ来てあげてーなんて思うわけです。民生を意識した店だけに。個人的には、近くの病院に縁があるので、ちょくちょく来るため、季節が変わるたびに食いに来ようかなと思っております。それにしても、元住吉に降り立てば、「豚星」と「ナルトなし」とどちらを選ぼうか、悩ませるのがまた困り事なんだけど。という悩みを抱えつつ、とりあえず・・・・らーめん愛のために、詠います!



   人のため
   自分ののために
   麺探訪



   いちいち道草
   しすぎて太る



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

奥田民生ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム(初回生産限定盤) [Blu-ray]

奥田民生ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム(初回生産限定盤) [Blu-ray]

奥田民生 生誕50周年伝説“となりのベートーベン

奥田民生 生誕50周年伝説“となりのベートーベン"

29

29

愛のために

愛のために