ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3073】 豊後高田どり酒場 三鷹南口駅前店 (東京・三鷹) 野菜タンメン+のどごし生大+塩だれキャベツ2盛+むねBIG串/塩 〜焼鳥チェーンでラヲタをやってみる!

 ストレス鬱憤を晴らすときは、ラーメンだけでは物足りなくて、飲みに行ってしまう。中央線を利用していて、どこの駅前にもある「鳥貴族」を利用する機会が多いものの・・・ちょっと目線を変えて、「豊後高田どり酒場」へとやってまいりました(どこが目先変わっとるねん!)。
 

f:id:TOMASSOON:20171222180452j:plain

「モンテローザから、お知らせです」

「モンテローザから、お知らせです」

 

 

 いやーほぼ同じ事業形態で、黄色い看板と赤い文字は、似たり寄ったりです。メニュー展開もそんな感じでして・・・、鳥貴族が「金麦」だったら、豊後高田は「のどごし」と言う構図。サントリー対キリンと言う争いですね。その他メニュー展開もだいたい同じです。どちらもそう変わらんのでしょうが、「鳥貴族」「金麦」のジョッキの大きさ迫力が少し勝っているような気がします。
 

f:id:TOMASSOON:20171222172100j:plain

 

 また私的には・・・お代り自由の「キャベツ」は、タレの好みでは「塩だれ」派なので「豊後高田」に軍配かも。微妙ににんにく風味があるようで、それがやみつきになってしまいます。そして、店毎の保管状況で違いがでるようですが、キャベツも鮮度を感じる気がします。当然お代りをしました。放っておけば、3盛くらい食える。
 

f:id:TOMASSOON:20171222172048j:plain

f:id:TOMASSOON:20171222173020j:plain

キャベツのたれ(常温・1本/1L)

キャベツのたれ(常温・1本/1L)

 

 

 そして焼き鳥ですが・・・これは僅差だね。たまたまなのかもしれませんが、温度の差で「鳥貴族」に軍配か?。しかし、塩気控えめなところは「豊後高田」のいいところでありましょう。柔らかくて、一切れが大きいので、タレだったらご飯にでも合いそうです。
 

f:id:TOMASSOON:20171222172854j:plain

焼鳥のたれ(常温・1本/867ml)

焼鳥のたれ(常温・1本/867ml)

 

 

 〆のラーメンまで、ハーフサイズのが二種類用意されているところまで、そっくりです。ラインナップも、あっさりとこってりの二種あり。今回はあっさり派の「野菜タンメン」とさせていただきました。
 

f:id:TOMASSOON:20171222174540j:plain


 まあ、まさか本格的に中華鍋で炒めて作っているとは思いませんが、どうですこの野菜とか具材の彩りと豊富さ!。キャベツとニンジンは言わずもがなですが、かまぼこは、長崎チャンポンを連想させるようなピンクの色合い。そしてニラがしっかりと入っていて、彩りなど味わいの優しさに唸ります。

f:id:TOMASSOON:20171222174542j:plain

f:id:TOMASSOON:20171222174610j:plain


 
 スープもセンターキッチン製造と思われるものの・・・悪くない。冷たいお酒飲みすぎて疲弊している胃袋に優しく染み渡る温度と、野菜エキスの優しさですよ。腹パンなのに、ごくごくと飲み干してしまう。
 

f:id:TOMASSOON:20171222174558j:plain

 

 麺も大型流通店にありそうな風貌ですが、意外にうまい。しっかりと全体的に腰がキープされつつ、汁を吸い込んでいるので、前歯でプツプツと千切るのが楽しくなってくる。フォルムは、綺麗なストレートですが、やや太めな角麺。表層はツルツルなので、5回くらいズゴゴゴーーっと啜りあげれば、無くなってしまいます。
 

f:id:TOMASSOON:20171222174631j:plain


 
 いやー悪くない!決して悪くない!トータルで1200円台。微妙に鳥貴族よりも安めの設定なのですよね。最近、仕事に追われているので、ストレス増え気味。なんとなく・・・こう言うパターンの酒&麺の活動が増えそうな冬の夜でした・・・。そんな感じで侘しくも最後に詠います!。
 
 
   抱え込む
   仕事理不尽
   傍に
 
 
   置いて気を抜く
   とり酒場哉
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 

f:id:TOMASSOON:20171222175525j:plain

 

関連ランキング:居酒屋 | 三鷹駅