ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2280】 麺尊 RAGE (東京・西荻窪) 特製まぜそば


 職業柄、面接という儀式には何か付き合いがあります。新卒採用、中途採用、業績査定等・・・・。ここで、すごく損をしているなーというシーンが多く見られます。現状をそのまま述べて自己アピールと思い込んでいるケース。これは、受けてにとっては辛いだけです。魅力的なプロポーズを待っているのに、いろいろ仕方ないので選択肢の結果、あなたを選びます・・・なんてア自己ピールされても、魅力的に感じないですね。最悪なのは、愚痴。今の不満を解消したいからと採用に飛び込んでくる方には、申し訳ないが一通り聞いておかえりいただく。そんなの押し付けですからね。


 こういう試行錯誤は、就職活動や、入社してからの成果査定で卒業してもらいたいのが本音。世の中そんなに甘くないのに・・・・40、50に成っても卒業できない方がおられる。こういうケースが一番辛いね。思うに、相手の身になって考えるという生活のパターンや謙虚さがないのかもと思えてしまいます。さて、明日も面接です。他力本願の話が少なければ良いが・・・・・(本当は、本来の「他力本願」はこういう一般的な意味ではないんだよね・・・・)。


自由人 マグカップ 他力本願 SAN1858

自由人 マグカップ 他力本願 SAN1858







<「まぜそば」ゲットは競争状態>


 ・・・・・などと考えながら、この日は早朝から激務でして、夕方近くになると疲労困憊です。周りからは、早々に余裕退社に見えますが、気持ちの中では深夜残業。本当に良いことがなかった1日だったから、何か帰り道で美味いもんでも食ってから、吉祥寺の「一杯め酒場」で酒をあおろうと決意します。そうなれば、思いつくのは「麺尊RAGE」でしてTwitterをチェックすると「まぜそば5人分だけあります」とのこと。このメニューは、たいてい昼の部に売り切れる人気メニューでしていつもは食いたくても食えない。もう速攻に訪問を決意です。












【醤油ダレの香ばしさと、芳醇コクある軍鶏?エキス、極め付けは漬け卵黄!】


 丁度開店時間に店に到着したのに、店内の先客は6名。ドキドキしながら「まぜそばまだありますか?」と聞くと「・・・・・あります❤」とのこと。妙な無言の空間が憎いね。良かった〜〜と、この日一番のため息を吐き出してしまいました。もちろん特製ですぜ。食えると分かれば幾らでも待ちますよー。混んでたからね、10数分後には配膳が完了しましたが、相変わらず良い顔しています。







 タレは完全に、適量が麺全体に絡んでおりますので、食べる方としては楽です。ただし漬け卵黄を崩して絡める作業は、アミューズメントとして残されております。まずは崩す前のデフォルトを味わいますが、これでも最高に美味いー。







 醤油ダレのまろやかで濃ゆい香ばしさ、そして塩気の柔らかさがとても食欲を刺激します。無意識で旨しと感じてしまう本能的な旨さ。やはり醤油は日本人の心の味。それだけでなく、動物系のコクが醤油ダレを色っぽくしています。おそらく、軍鶏そばのエキスが応用されておるのではと、勝手に推測していますが、しっかりして図太い鶏のコクはそれかなと思う次第。


 そこに漬け卵黄を崩すんだけど、その前にそのまま卵黄を味わうと、それだけでも美味い!白飯を何杯でも食えると思えます。その上にさらに醤油ダレが加わるのだから、コクの深さは倍の倍!もはやソースの感覚です。多少重く感じようなものなら、薬味の玉ねぎ微塵が和らげてくれます。非の打ち所がないねー。さらに味変化でレモンを絞る。これもまた憎い食べ方でして、飲むように一気に食ってしまった感じです。いやーまいった。







【ハードなモチモチ感と、ライトにニュルつくなめらか滑り!歯応えと喉越しがナイス!】


 さて一方の麺ですが、いつも汁そばばかり食ってるから、久しぶりにお目にかかる。レギュラーの細麺パツパツが好みなんだが、これも捨てがたいっすね。真逆の魅力がたまりません。







 多少加水が多めのように思えて、締りのあるモチモチ感。丸い切り口が口当たりが良いし、飴色に染まるストレート麺を眺めているだけで、気分はアメージング!前歯を当ててもしっかりとした反発があった後、沈み込むようなプレス感。グルテンの風味感が、タレに、負けずに伝わって良いねー。







 また漬け卵黄の絡みが良いです。ねっとりと崩れて色濃く張り付く部分を啜って食うと、その味わいボディーの厚みは半端ない!それに見合う麺の中太さがバランスとれてて非常によろしいと思いますし、いいことづくめ。また、味玉の卵黄を後半少し麺に絡ませるとこれまた、漬け卵黄の余韻を引っ張ることができてナイスでした。







【三種のチャーシューの迫力!RAGEではついつい特製に眼が惹かれる】


 漬け卵黄もいいけど、やはりトッピングの肉が最高にうまい。この店は、軍鶏か、煮干で勝負している感じですが、実はこのトッピングの肉が人気の秘訣かもと個人的には睨んでおります。実に3種のチャーシュー。





 豚のレアチャシュー・・・・もはや珍しくもないけど、この柔らかさと薄味と、張り付くような感触と柔らかさは、秀逸至極。これならどんな酒でも合わせられるし、酒を脅かすうまさかもしれません。







 鶏胸肉のコンフィ・・・・これも唸るばかり。薄味の極致なんですが、ほのかに香る上品な味わいと、化粧パフのような柔らかさは、思わず甘噛みしてみたくなるほどの快感。







 バラ肉のチャーシュー・・・・煮干そばによく合いそうな、深い醤油ダレの浸透がガッツリ煮干しを吸収しそうです。これもチビチビと食いながら日本酒でやりたいパターン。







 総じまして、「半端ない完成度あるまぜそば!売切れ必須の早い者勝ち〜〜」という感覚で、汁なしファンなら、一回食っとけ的な絶対感です。今のところ、私の中では、醤油系太麺汁なしでは、王者的な一杯かも。今度いつ食えるかわからんので、今後もあれば必ず食うこととさせて頂きます。まあ、しんどい一週間だったけど、いいこともあるのですな〜〜。人生は良くできておるわ・・・・。ということで、なので詠います!



   久方に
   夕陽が映える
   西荻



   私的ご褒美
   特製まぜそば



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!




関連ランキング:ラーメン | 西荻窪駅