ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2273】 NOODLE STOCK 鶴おか (埼玉・松原団地) 特製鶏ソバ


 今日一日は、本当にのどかに過ごさせていただきました。会社のメールも一切見なかったし、久しぶりにガンダム「THE ORIGIN 暁の蜂起」をiTunesでレンタルして観たりしてた。こういう時は、掃除が一番。靴磨きやら、クルマの掃除などをして過ごす。


[エムモゥブレィ] M.MOWBRAY シュークリームジャー 20241 (ブラック)

[エムモゥブレィ] M.MOWBRAY シュークリームジャー 20241 (ブラック)







<なぜか埼玉・・・・長閑な団地に本格派鶏ソバ>


 ・・・・などと何も考えず、今回は休日のクルマ手入れの後、ちゃら〜っと外環下道を流して、草加界隈までやってまいりました。最近やたらネットでの露出度合いが高い「NOODLE STOCK 鶴おか」さんを狙ってみた次第。道が混んでたら引き返そうと思ったらスルスルと順調に進んで、開店前のポールポジションは逃したものの、トップ4以内の着順です。この界隈はコインPが多くて重宝しますね。それだけに、目の前の郵便局のパーキングは、チェックしている人がいましたから、妙な使い方は止めましょう〜。







 それにしても、開店前の朝礼が並んでいると漏れ聞こえますが、実にしっかりとしていて感心をいたします。うちの職場でもやりますが、気の引き締め度合いが比較になりません。これはリーダーシップの差ということでしょうか。ちょっと反省もしますな・・・・。ちょっと熱の入った朝礼(昼礼?)であったため、3分ほど遅れていざ開店です。












【馴染みの鶏白湯より華やかなエキス感!鶏ほぐし肉や野菜の溶け込みがナイス!】


 あっと言う間に、開店してから全席が埋まるという人気ぶり。それまでどこに居たのか・・・・いきなり行列が発生。確かに人気店という感じですね。事前に一応に予習はしておりましたというものの、いざ配膳となれば、独特な麺顔には思わず唸ってしまいます。サラダ感覚のようなグリーンリーフレタス! 飾りではなくて、これほどレタスがごっそりと盛られているのは、初めての経験です。また、ペッパー類も華やかで、パプリカ・パセリなども予め振りかけられていて、どこかラーメンと言うより、スープパスタのようなオーラを感じます。







 さて木ベラのレンゲを差し込んで味わい出しますが、確かに鶏のエキストラ級にエキス感が濃ゆいスープ感覚。しかし、よくある濃厚鶏白湯とは趣向が違いまして、骨髄の旨味までも絞り出すという巷の濃厚鶏白湯ともまた違ってまして、肉感豊かな鶏エキスの絞り出しという感じがしないでもない。確かに丁寧な鶏がらの煮出しと、コラーゲンの程よいミックスが感じられる。それでも、洋風のバランス感覚がやや表に現れるような、味わいが非常い面白いです。単なる鶏エキスと丸い塩の組み合わせともちと違う。」







 独特な感じとしては、パプリカの風味が移ることと、乾燥パセリの風味が、洋風に感じさせているのかもしれません。余映な塩気はなくて、コラーゲン感も重くない。鶏肉の脂身がナチュラルに美味いと思える感じが、スープによく滲み出ています。その上に、極細微塵の紫玉ねぎがスープに溶け込んでおり、フレッシュな甘さを補強するかのよう。加えて・・・・鶏肉のほぐし身がここかしこにスープの中にまるで溶け込んでいるようであり、スープの中で泳ぐのです。さらに豚チャーシューも欠片も入ってたりして、このスープだけでも十分におかずになることウケ合いです。












【口当たり最高!しなやかで上品なストレート細麺!】


 丸い口当たりが非常に快感で、軽やかな口当たり。芯をあまり感じさせず全体的に、クッシリとした歯ごたえで楽しませてくれす。スープとの相性も良く、目を瞑って味合うとスープパスタのような感覚になるかもしれません。前歯の切れ味はプツプツっとした小気味良さ。グルテンの風合いも明るくて、スープとの相性が良い感じ。奥歯でプレスするとやや湿り気のあるヌツヌツっとした潰れ込み。それでも柔い麺という感じはあまりなく、凛とした存在感が口の中に残ります。







 スープの吸い込みはそこそこといった感じ。それでもスープの特性なのかまとわりつきというか、持ち上げというか・・・非常に絡みが良い印象。特に、パプリカとかパセリの張り付く様は、とても洋風にも思えるし味わいもとても華やか!非常に綺麗で楽しめるストレート細麺です。












【グリーンリーフレタスが麺にもスープにも合う!レアチャーシューも味わいボリュームも満足!】


 サラダボールの様な麺顔は、トッピングのなせる技。特にグリーンリーフレタスの「細かい千切り」というか「極粗千切り」というか・・・そのエキスが染み込んでスープにもフレッシュさを残すし、麺と絡んでもパスタ感覚を醸し出すという優れものです。得意にこれに振りかけてあるパプリカが意外に合うので驚いた。今度、自宅のサラダでも試してみたいかと思えます。また乾燥ですがパセリも見栄え的にも華やかさをアップしているし、勉強になりました。


 味玉も軽く醤油ダレで味付けされているものの、パプリカとパセリと、洋風を思わせるスープが入り混じって、完璧に洋風卵料理になりきっているかも(笑)。こいつもサラダに合う感覚で、面白かった。







 さてチャーシュー・・・今をときめく王道の「レアチャーシュー」です。スープに浸して食うと白ワインが欲しくなるタイプ。塩気もナチュラルだし、鶏白湯のエキスと玉ねぎ微塵と、スパイスが降りかかっていて、フォークで食べた方が雰囲気が出るかも。柔らかさ、風味、味わいなど、特製拉麺のトッピングの域を超えておりますな(笑)。何枚でも食えます。これでハートランドビールをグビグビとあおりたいけど、クルマでないと厳しいので・・・無理〜。












 総じまして、「華やかなパスタのようなプレゼンスある鶏白湯!」と言うそのまんまの個人的感覚でごめんちゃい! いやーこれは記憶に残る一杯です。これのつけ麺バージョンもあるんだけど、この一杯に凝縮さえれた完成度は、汁系の方が雰囲気が濃ゆいかも。デフォルトメニューでこれだけはっちゃけている一杯で、完成度も高いのも珍しいかもね。いつになるか分かりませんが、必ずまた食いたいです。ここなら、嫁さんも納得してくれるだろうと(笑)。ということで・・・なので詠います!



   和やかな
   休日団地の
   薫風が



   のせて漂う
   鶏の旨味也



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


関連ランキング:ラーメン | 松原団地駅