ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2264】 らーめん とくいち 正油スペシャル+日本酒(辛口本醸造 松代城)


 もうクールビズに入っているんですね。私は仕事柄、社外の人と会う機会があるため、春夏用のネクタイは着用せざるをえません。しかし、ネクタイを外した途端に、昔のカジュアルフライデーを彷彿とさせる方々も見受けられるのが少し違和感ですね。個人的に、暑くてもきっちりとした格好をするのが割と好きなねすけど、中には工場勤務かフリーランスを気取るような方々も見受けられたして・・・本当はどうなんだかなと。まあ、人それぞれということでしょう。特に、管理職の方は部下から見られるから、ちょっと注意が必要ですね。服装のセンスを見抜かれたりしますから(笑)。そんなこと気にするのは私だけでしょうが。








<馴染みの店は冷酒ラインナップが良かったりする>


 ・・・・などと考えながら、大型連休の終わりには静かに妻子と静かに夕食をと思っていたら、急遽妻子が外出先から家に戻るのが遅くなりそうとのこと。なので、一人晩飯と相成りました。もう・・・・早くそうと分かってたら、どこかでもっと有意義な過ごし方をしてきたのに。今更どこか移動して食うのも億劫なので、最寄り駅の「三鷹駅」近辺のらーめん屋へと参りましょう。日本酒で我が身を慰めながらとなれば、ここしかあるまい。またまた「らーめん とくいち」でございます。こちらは、そこそこ日本酒が揃ってますから、今の心境には合うのです。この店は、私以外に宣伝や紹介する人も少なく、自然と成り行きから宣伝委員となっておりますが、店の回し者ではありませんので、あしからず。












【何かが違う!明るいカエシのエッジングに爽やかなキレ!】


 主だったメニューは食っているので、今更な感じがしますが今回は原点回帰で「正油」とさせていただきましょう。とは言っても、少しメニュー変更があったみたいで、通常のものとは別に区分けして「正油スペシャル」とメニュー表では表記。多少気になるのでいかがなもんだろうと期待してたら、配膳されたそれは・・・・・あまり風貌が変わったところが見られません。強いて言えば「レモンスライス」がある程度かな。これだけで+50円が解せないのですが、よくよく眺めていると・・・・『スープの色合いが前よりも明るい??』と感じられます。







 鶏のエキス感もいつもの通り芳醇でいて、またすっきりとした甘みがある正油ダレのニュアンスはさすが。スペシャルという高級バージョンになっても650円と言う安さですからコスパの高さがいい感じです。前回は「八王子系オマージュ」という一色イメージだったのですが、今回は何処かが違う。『キレ』と『さっぱりさ』がデフォルトより随分と秀でていると感じます!レモンの酸味も当然大いに貢献しているでしょうが、本当にそれだけなのか!?と思えるほど。多分腹一杯でも、別腹でスルスルと飲み干せますよ!







 折角だから、レモンスライスの両端を箸で刺して捻り回転させながら、果汁を絞ります。すると一気に春めいた正油ニュアンスに変貌!酸っぱい味はなくて、まろやかさに華が咲きます(大げさ〜)。話半分としても、デフォとはまた違った味風景。日本酒で多少酔っているので、センサーと頭がいつも以上に狂っているのかもなので、もう一回あしからずです。












【いつもの安心する定番ストレート細麺!】


 麺は、いつもの通り。過去レビューをご参考ください。なんて手抜きが過ぎますね。こちらは、「多加水過ぎない多加水麺」となぞかけのように思っていて、モチモチ感覚は当然あるんだけど、どこか芯があるのか引き締まり感もあるというところが好きなんです。かといって、自家製麺だとか、某有名店の特注品とも思えない。そこがさらに好印象。この普通さがええねん!







 できることなら、つけめんにトライしてもらえんかな・・・・。この麺ならそこそこいけると思うし、酒と麺なら、つけめんか汁なしがええ感じだと!夏に向けて冷やし系は考えているかもしれませんが、今後のシーズンメニューにも目が離せません!












【今夜は遠慮がちなチャーシュー】


 このパーツこそ、いつもと同じで・・・これ以上新しいこと語れない(笑)。スカッとしているスポンジっぽい肉質で、スープを吸い込んでからの実力味わいが発揮というか感じかと。近くの名店「みたか」みたいに、正油ダレとネギだけ垂らして、アテとして別メニューに出しても面白いかも。巷ではレアチャーシューなど流行っていますが、これはこれでコスパ高いと思いますねん。












【日本酒:松代城


 とりあえず、メニュー一番上からと言うことで、「松代城」。実に飲みやすく抵抗感のなさが好印象で、調子につい乗ってしまいそうな飲み口。糖分のニュアンスもライトだが、呑んだあとの香りが芳醇なタイプだね〜。大勢の宴会などではなんだかんだで一番減りが早いタイプで万人ウケかも。クセがあるようで無いような、つかみどころのなさが、むしろいい感じかな・・・・。







 今回面白かったのは、サービスおつまみかな。メンチカツの切れ端とキャベツのマヨネーズ和え。辛口日本酒にカツというミスマッチが、ここ「とくいち」では納得感ありますかな(笑)。というか・・カツって定食メニューにあったっけ・・・。


   











 総じまして、「定番のようでスペシャルなさっぱりあと口がナイスな正油そばと言う何の捻りもなく、そのまんまのコメントでごめんちゃい! スペシャルにしてみても+50円で600円台前半ですから、定番メニュー食べたら試して違いを堪能してはいかがかと。とは言いつつも、まずは正油とチャーハンのセットがおすすめ! 夜はプチ夜食で盛り上がっても使える店。きっとY河電機や、N本無銭など有名企業の方も使われているのでは? もし縁があれば一緒に仕事させてください。・・・などと図々しいことを考えましたが、さっさと詠います!



   抜け殻で
   温い夜風の
   心地よさ



   連休最後の
   夢見心地也



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

るるぶ長野 上田 善光寺 松代 小布施'17 (国内シリーズ)

るるぶ長野 上田 善光寺 松代 小布施'17 (国内シリーズ)