ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2250】 塩生姜らー麺専門店 MANNISH (東京・神田) 塩生姜つけ麺・大盛り


 早いね〜〜、もう大型連休も後半へ突入です。さて、スタート前に私が立てたタスクはどのくらいまで達成しているのでしょうか? 振り返ってみました。


   01)部屋の整頓カビ対策 ⭐済み
   02)靴底の交換 ⭐済み
   03)風呂場の重点清掃
   04)散髪 ⭐済み
   05)丁寧な洗車とオイル交換
   06)ベランダの掃除
   07)子供を映画館に連れて行く
   08)家族をスーパー銭湯に連れて行く
   09)家族を外食に連れ出す
   10)夏用の通勤準備 ⭐済み
   11)ビジネス本を一冊読破
   12)ガンダムサンダーボルトを一気読み ⭐済み
   13)TOEIC対策
   14)妻の実家挨拶 ⭐済み


 まだ6つで達成率43%・・・・せめて80%まではやり遂げたいな。











<暗いBARの借り的空間に……凛とした明るい塩生姜に香り>


 ・・・・などと考えながら、今回も大型連休の過去レビュー整理シリーズ。雨上がりの気持ちよい午前中に、神保町に外出機会がありましたので、これを機会にまた宿題店攻略をさせていただきました。今回は、「塩生姜らーめん専門店 MANNISH」さんへ。この界隈は良く知っているので目をつぶっても歩けそうなほど馴染みのエリアです。しかしそんな場所に店あったっけ?と思うと、地下に続く奥まった場所でひっそりと営業だったんですね。一番のりかと思った11時過ぎに狭い階段を下がってみると、考えが甘かった・・・すでに3名の開店待ちが発生。あとで分かったことですが、一番乗りの方だけ、味玉がサービスされるとのことです。そうと分かってら、もっと早くに・・・・。 今回は朝飯を食えなかったこともあり、大盛り気分でしたので、「塩生姜つけ麺・大盛り」とさせていただきました。


   











【透明感と芳醇感の両立する鶏エキス!塩気と生姜風味の説得ある滲み!】


 階段を下りていくと一見、工事中かなと思ったけど、降りて直ぐに右に折れて入れという合図なのね。本当に通り過ぎてしまいそうなロケーションにあるものです。入店すると相当な暗がりの店舗で客との距離が近めのBARという店箱。そこで若いご夫婦が暗がりに反して明るい接客でお出迎えです。こちら前金制。オーダーを伝えてお金を支払うというショットバー感覚であります。







 まず最初に、つけだれが配膳されます。写真は分かり難いかもですが、この塩ダレ・・・穏やかな霞があるようで、塩系清湯のキラキラしたような透明感が交互に揺らめいてとても旨そう。あっさり風味なのが伝わるものの、見ているだけで円やかさを連想させます。実際に味わうと、そのまんまの円やかな塩の風味が広がりますが、そのニュアンスたるや「芳醇」という言葉が浮かびます。さっぱりしているのだけど、鶏の旨味が丸鶏のような重厚感も垣間見えるというもの。塩気が多少尖りを見せようとも丸め込んで円やかに封じ込めるような力を感じます。







 また店名の冠にもあるように、生姜の風味が実にいいバランスで溶けているという感じ。麺の配膳時に載せられている摩り下ろし生姜を、少しづつ溶かし込んで食せよというアドバイスをいただいたものの、既にじんわりとした穏やかな生姜の味わいがします。塩と鶏と生姜といういたってシンプルで落ち着きや安心感を覚える味わい。あっさりしていて、重厚な満足感。この汁はウメーーーーー!と心のなかでは、実は叫んでおりました。塩好きなじっちゃんなら、どのような反応をなさせるのか、久しぶりに見たい気もいたします。












【キュッとした密度あるストレート細麺!塩だれの持ち上げ最高!】


 単なる大盛りと思ってたら、スゲー多かった。恐らく2玉かな?300gちょい超えるといったところか。しかし、ウマウマでして食うスピードが落ちることなどありませんでした。最近、二郎の食いすぎで胃が大きくなったのかもしれませんが、多くてもスルスルと食える質感。







 細ストレート麺。恐らくらーめんと同じ。表面が光沢感ありツルツルしているので一見、多加水のように感じます。しかしモチモチ度合いは、水で〆てあるのもあってかそれほどなく、2〜3本手繰って食うと引き締まりのある感じがして風味もあり。しかもつけだれによく絡みまして、意外とスープの張り付き・持ち上げも良いです。細いけど少し抵抗感あるプツンプツンと切れる味。奥歯ではややハードにクチリと潰れる様が、とても小気味良く食い続けられる感じです。







 後半は、やや水分を吸い込むのか、つけだれの中ではラーメンチックにモノゴシ柔らかくなるものの、スベリもよくなり悪い気がしません。水分を吸うというより、つけめんだから時間経過でそうなるのか・・・。ちなみに水切りは完璧でした。












【とっても柔らかく味わい深い鶏肉!焼鳥でも相当旨そう!】


 鶏と言えば昨今、胸肉のコンフィっぽいのが流行っていますが、この鶏肉が、異様に旨い!これ本当! 焼鳥サイズのぶつ切りっぽい形状ですが、とってもプリプリとして柔らかい。なおかつ汁に浸っているのに中がジューシーで、塩の味わいがとても似合います。汁に浸った焼き鳥でも食っているような気分。香ばしさすら思えてしまう一品です。見かけによらずハイパフォーマンスな鶏肉ですから、追加でトッピング加えたいですね〜。












【芳醇な鶏エキスの実力を再認識するベーススープで割る楽しみ】


 器を返すブーメラン方式。スープ割りは、ベーススープで割るのみですが、これがまた鶏エキスの透明感と芳醇さがまたプラスされるので、味が薄まったというより、より緩やかにまとまったという感覚です。これなら、汁系が相当旨かろうと確信! また汁系を試しに際訪問しなければと、新たな宿題を作ってしまった私です。












 総じまして、「怒涛の鶏エキスと生姜の風味一色な味風味」と言うそのまんまの感想でごめんちゃい。狭い店舗ながら、シンプルなメニュー展開で手一杯だと思われますが、とっても引力を感じさせる一杯。旨い店だと思うので、ここで当面実績作られてから、近隣の再スタートという展開を期待します。最近まれにみる塩の透明感ある滑らかさは魅力的だったので、これなら夏場でも人気が持続しそうかも。ともあれ、若いご夫婦営業だと思いますが、頑張って欲しいものです。本当に若い人がどんどん出てきて、旨いものを開発していきますね・・・・。オヤジな私は、昔ながらの外回りばかりで成長のかけらも見られませんが・・・。見習わねば!ということで・・・・なので詠います!



   組織替え
   嵐過ぎ去り
   雨あがる



   癒し気分か
   円やかつけ麺



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


関連ランキング:ラーメン | 神田駅小川町駅淡路町駅

神田のこれから。 (エイムック 2837)

神田のこれから。 (エイムック 2837)