ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2244】 二葉 上荻店 (東京・荻窪) 黄金色の塩ラーメン

 大型連休中で一ついいことがあります。それは、喫煙量が半端なく減ったこと! やはり私は、根っからのタバコ好きというより、単なるストレス発散手段というわけでしょうか。また先月は、異様に飲み会が多くて散々飲み代かかって困り果てた次第ですが、家では酒とタバコという習慣がないため、この点でも減ったのかもしれません。こりゃいいや!


 とそう思っていたところ、たまったテレビ番組録画を整理しようと「アメトーーク」の撮りためを発見し、芸能人のタバコ事情という回を観てしまった・・・。最近良く見かける「IQOS」。電子たばこというジャンルでしょうか、ヘビースモーカーでもハマるというのが大変興味深く観ていました。別に味を下げているわけでもなく、多少別物と思いつつも、普通にうまいたばこの一つとして、確立しつつある様子。まいったな・・・・、あれはダサいと思って敬遠していたんだけど・・・。妙な悶々たる思いをもらってしまった次第。


iQOS 専用保護ケース シャンパンゴールド

iQOS 専用保護ケース シャンパンゴールド

IQOSケース ブラック

IQOSケース ブラック









<どんな時でも頼りになる二葉 上荻店>


 ・・・・などと考えながら、今回も過去食ったラーメンの整理です。大型連休することなくてね。今回は、「二葉 上荻店」。無休でそこそこ旨い店というのは、貴重なんです。確かこの日、帰り際に緊急会議で招集されて、晩飯食えずにヘロヘロ議論。開放されてもう考える気力がないので、常連店へとターゲットを絞った様子。間に合うかと思った「麺尊RAGE」は、臨時休業。「中華そば みたか」、「とくいち」は定休日。分かった時には中央線は高円寺をすでにすぎてたっけ…。そこで頼りになるのは、この「二葉@荻窪」なのです。確か前回は熟成醤油を食したので、今回は「黄金色の塩」をいただきました。


   











【黄金色でも塩っぱめの広がりが印象的なスープ!】


 思えばこの店も何回も通って語り尽くしている感覚。されど「黄金の塩」は久しぶり。なぜかと言うと一番最後に食べた「黄金色の塩」が、黄金色じゃなく背脂が覆い尽くされて真っ白乳白色だったから。時々、私を惑わすメニューなんです。今回は、表記通りに「黄金色」でありましたから、一定に安堵をします。ここの一杯は、チャーシューの攻めがいいところがナイス。ナルトやメンマや海苔を一切取っ払って、具材はチャーシューと薬味ネギのみと言う潔さがいいんです。それでいて価格抑え目の710円。消費税が上がる一昔前は680円でこの質感です。今回は以前されたそれは、妙に男前というかポーズが決まった感じがするね。







 さてこのスープ。黄金色というからには、透明度が高い上に、明るい鼈甲のような薄いイエローがかった色合いが素敵なんです。見た目も淡麗に見える。しかし、味わいは一転して攻めが出てくる感じがします。それは、塩気のアピール感。一口目から塩っ気がじっとりとしていて、旨味をガンガンに補強していると言う感じ。見た目と随分と違うんですわ〜。塩自体に旨味があるとしたらこういうことなんだろうと思います。それでも魚介系の抑え込みとか、動物感のまろみとかがあって、ごくごくと飲み干せるチューニングは、心憎いんです。







 また、食い続けると麺から吐き出されるようなグルテンの風合いが、スープに溶け込んでくるようでして、これがまた旨さに貢献している感じ。塩むすびが美味いと思えるあの感覚に、似てなくもないと思っているんですが、ここは個人差が出るところです。














【丸い細麺が美しくモチモチスベスベな乳白色がとっても女性的〜〜】


 スープが男性的としたら、麺は明らかに女性的です。透き通ったスープから覗く麺のストレートさが、実に枯山水のようにウツクシ!リフトするとスリムな細麺と思っていたら、意外とグラマス。その形状は丸く、乳白色のように優しく落ち着いた色合い。口当たりは誠に軽くて和やか。すするとスベりが良いのでずるっと軽くてすすると、グラマス・バディで軽くスイングするように踊ります。もうこの辺りから妄想モードに突入ですけどね。







 多加水で少し締まりがあるような歯ごたえ感覚。前歯でつぎるとプツプツとしていて、楽しくなるようで千切れるのがいいね。ブヨブヨしてない密度感の高さがいい感じ。奥歯でプレスする際は、クチクチっと軽くすり潰される感があり、スープの塩気とグルテンの結合したような旨味というか、デンプン質の甘みが放出されるというか、とにかく美味いんです。きっと私個人的な趣向にとても馴染むんでしょうな。












【デフォルトのチャーシュー存在感が相変わらず見事!】


 余計な具材を排して、肉だけの一本勝負な麺顔。それなので肉で失敗するはずが無いのです。けっkぅな大判の肉が4枚。バラ肉とロース肉の二種盛りってな感じです。バラ肉は醤油ダレの漬け込みも程よく深く、脂身に至っては甘くとろけるような幸福感を与えます。肉質部分も白飯に合いそうなタレの染み込みが実に美味いところ。また、ロース肉は、あっさりとしていながらも肉の味と塩気でグイグイ食欲を持ち上げます。チャーシューメンだと一体どうなることか!? きっとそれは想像を絶する肉祭りになるのか! 今度、熟成醤油でそれにトライしてみたいと決意致します。












 総じまして、「塩分ちょい高めな淡麗塩麺!」と言うなんともひねりもないまとめでごめんちゃい。とは言え食うとこ決めかねて、フラれフラれてたのを気持ちよく救っていただけたのには感謝です。塩っぱい気分に塩っぱい味は、ベストマッチであったかも。ということで・・・・なので詠います!



   腹減りて
   あちこち休業
   絶望し



   辿り食らうは
   いつもの二葉



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


関連ランキング:ラーメン | 荻窪駅