ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2219】 せい家 三鷹店 (東京・三鷹) らーめん・細麺バリ固+替玉+キリンラガー中瓶

 結構に時が経ってしまったが、時間がないため外出先のとある街中の理髪店に飛び込む。理髪中、私はあまり話しかけられても、愛想良く答えるほうでないので、ついつい会話が途絶えて沈黙。そして、ラジオの音が静かに流れるという風景になる。FMでなくてAMの安っぽい音が妙に邪魔しないでいい・・・と思っていた。するとそんなところに、「サナダムシ」という歌が流れてきた。この歌のことは、書くよりも実際にyoutube等で探して聴いたほうが早いしよく伝わる。なんとも気の抜けたメロディーの中に、ばかばかしさと哀愁、そして止められぬ笑いのエッセンスが込められている。決して上品ではないので、その点はあしからず。



 しかし、理髪中にこの曲を聴いて笑いを止めるのが大変だった。止めようとするほどこみ上げて来る笑い。もう限界だ、はやく曲が終わってくれと思っていたところ、突然、理髪師のオヤジのハサミが止まる。オレの肩がこみ上げる笑いで無意識に揺れていたのか。これは注意されるなと思っていたところ、オヤジのハサミが細かく震えている。オヤジも堪えきれなかったらしい。そして鏡越しに目が合ったとたん、「こういうの流すの止めてほしいよね〜」と話して一緒に爆笑してしまった。

 先日、たまたまカラオケボックスでこの歌をみつけ、友達の前で歌って爆笑だったため、調子にのって仕事仲間の場でも歌ってみたが、これがまたドン引き〜。非常に扱いに困る歌「サナダムシ」である。反省がてらトボトボと帰宅途中にいつものように、三鷹の「せい家」で気分を変えた・・・・・・。


さなだむし

さなだむし

https://www.youtube.com/watch?v=Qw9o_Art8mM











<せい家最強伝説+三鷹店最良物語>


 ・・・・などと考えながら、酒飲んで、歌い過ぎたと出費を反省です。ここでは、生ビール280円と餃子6個180円でトータルワンコイン以下がもっぱらなんですが、しっかり「らーめん」をいただきます!飲んだあとだというのに、またビールを注文するなどほとんどバカヤロウな私。


   らーめん 500円(税込)
   替玉 100円(税込)
   キリンラガー中瓶 340円(税込)
  (参考:スターバックス・ラテ・ショート330円:税抜)


 これだけ飲み食いして、英世でお釣りがくる〜! 素晴らしすぎる!! そして特に「三鷹店」がいいのよね〜。他もそんなに知っているわけではないけれど、中には殺伐とした店舗もありなむ。そこへいくと三鷹店は、ビールとつまみだけ食って帰っても丁重に応対してくれる。そんなの当たり前だと思うことなかれ。いつ行っても同じような明るい対応だから、また来ようと思える。三鷹店はせい家の中でも最良の部類に入るのではと確実に思っております。













【カエシがちょいちょいと強めがカタメの麺に合う!】


 語り尽くした感がありますが、このスープでこのコスパですから魅了です。豚骨醤油主体に鶏のエキスが差すきっぱりとした塩気。学生ならこれに海苔を浸して白飯ガツガツなんでしょうが、オッさんな私はもはや「つけダレ」感覚。淡い目のつけダレに、全投入したつけ麺のような感覚で食らうのです。今日もカエシが効いてて旨い!








 豚骨のまったりした粗野な味わいがワイルド感を高めますし、チェーン店ならではの気軽さが、私を解放気分へと誘います。今日は、すりおろしニンニクを少し多めに投入です。量産的な、汁が滲み出すぎるようなすりおろしニンニクは、多少は酸化して黄色味がかっておりますが、ペッパーのようなジリジリした味わいを伴って、スープに溶け込みます。そこを粉っぽいパツパツ細麺を投入ししスープをさらうようにして食う!







 塩気で喉が渇いたら、キリンラガービールを流し込む。極楽〜。テーブル席の相席だったんですが、目の前の他人が他人に思えない。なぜなら偶然にも同じメニュー構成! かなりのせい家ファンに違いありませんな。


   










【パッツパツのバリ固を存分に味わう!】


 ムサクサしていて腹が減る。この日は思いっきりパツパツな麺を食いたかった次第。目の前の兄ちゃんに負けないように、「バリ固」を通します。いや〜、想像通りのパツパツ麺で嬉しい限り。粉の風合いがガツンガツンときます。塩気とニンニクが効いたスープに全然負けてないものね! 旨い旨いとあっと言う間に食いきってしまう。慌てて替玉を所望。食うのが早すぎて店員さんのタイミングに合わない。







 替玉もバリ固でお願いしました。替玉だと普通はワンランク下げてちょうど良いのだけど、この日は特別ハードな気分に浸りたかった! 想像通りのバキバキしたような麺が嬉しい。












【チャーシューも悪くない薄味でいい!】


 麺ばかりに気が入っていたから記憶が薄いのだけど、決して残念感がない良品だったと思う。ワンコインの範囲内で。海苔もまあよしとしよう!これで肉厚バルバリの高級品を願うのは虫が良すぎるというもの。でも決して悪くなく、よく都内で見かける量産家系よりは好印象ですよ。また替玉にもメンマが相応に乗ってくるのも嬉しい。残ったビールはこのメンマとともに流し込む。












 総じまして、「マイチョイス、マイベストな庶民の酒飲みらーめん」という感覚でごめんちゃい。実は、この日は「みたか」も「とくいち」も・・・はたまた「麺尊RAGE」もお休みだったので駆け込んだ「せい家」でありましたが、本当に救われた思いで感謝です。それに、らーめんも旨いが、サイデリア以上に安い本物ビールは他に知りません。また、ビールメインで訪問しつつ、たまにはらーめん食って、これからも宣伝したいとおもいます。決して、このお店のまわしものではありませんので悪しからず。ということで・・・・・なので詠います!



   ムサクサと
   鈍い塊
   流し飲む



   ビールあおいで
   落ち着き麺喰う



 お粗末!ということで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

日常を旅する (中央線 三鷹~立川エリアを楽しむガイドブック)

日常を旅する (中央線 三鷹~立川エリアを楽しむガイドブック)

  • 作者: 萩原百合,日常を旅する編集部,やまさき薫,ハギワラスミレ,小沢利佳,加藤アラタ
  • 出版社/メーカー: けやき出版
  • 発売日: 2015/11/16
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (9件) を見る