ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2138】 天下一品 田町店 (東京・田町) こってり

 業務改革というのは難しいね〜。ついつい実行がイメージできることで考えてしまうから、こじんまりまとまってしまい「改善」程度に落ち着いてしまう。「カイゼン」の積み重ねってのも大切なんだろうけど、限られた期間に劇的な変化を起こすなら、既存の発想じゃだめ。オレも理屈じゃ分かってるつもりが、若い者からそれに似た様なことを指摘されて、冷や汗をかく次第。頭が凝り固まっている……。


 また、こう言う悩みもある。コンセプト設計、ゴールイメージは上層が考えるものの、机上の空論になるのを防ぎたくて現場の意見を求めたりする。施策やコンセプトの FIT & GAP を試したいわけだ。しかしここで「現場無視」とか「上層部改革」などの意見に振り回されたりする。多数決が正義正解だというのか……、業務改革の中で経営側に近いほど、寂しい思いもあったりしてね。これ、規模が大きいほどうまくいかない気がする。


 要するに、こう言う混乱の果てに、本当のスタートが切れるのではと考えることにした。コンセプトやゴールイメージは、「みんなに共有」されなければ意味がない。揉めて前に進まなければ、一歩下がってまた考え直すといい。限られた時間の中では、その振り返りもそう何回も出来ないけれど、共感がなければいい結果にならない。焦るな焦るなと自分に言い聞かせて、今日もフラフラと慶応仲通りを歩くのです……。







 ・・・などと考えながら、年始挨拶がようやく峠を越えそうで、やっとクライアント先から解放された午後の3時。いつもの様に、「小諸そば」でたぬきそばを食って行くかと思っていたら、なんと「太龍軒」の前を通ろうとしたら「天下一品」に様変わりじゃないですか! おお!なんでこんな路地裏に! しかたない、行くしかないでしょ! 後でネットで調べたら、本日開店だってさ!通りでこんな中途半端な時間帯に満席状態。是非とも今後ともここで頑張っていただきたい。挨拶がてらに今回は、「こってり」をいただきました。












【オープン時の調整期間??こってりが微妙にサラサラ〜な感覚】


 見慣れたこってり感覚を表す濃ゆいベージュ色。ちょいと薄めのバーバリーにも似た色合いが、オヤジ的にはナイス。嬉しさも手伝って写真を収めるのも適当に、まずはレンゲをスープに沈めます。すると………、気のせいかちょいと軽さを覚えたのは気のせいか。









 確かにまがいもない「こってり」スープ。しかし確信持てないが、どこかしらサラサラ〜な風合い。味はと言うと、少しマイルド傾向かな〜なんて思ったりする。いつもの様に、ざらつき感に近い様なコテコテ感が低かったかも。しかし、センターキッチン方式?でそうもブレるとは思えず、単に私の体調とか気分の変化によるものかも。












【食べ慣れた締り感覚!鼻腔を駆け抜けるツン!とした感覚が天一らしさを覚える!】


 いつもながらの、練り水が効いた締り具合が好印象の麺。茹で上げもナイスタイミングで、しなやか腰つきにスープがまとわりつき、前歯で千切る際には淡くクツリとした低反発を覚えます。いやはや、麺とスープの絡みつきは、天一は最高ですな。







 また、私だけだろうか………スープに絡まった麺をすすりあげる時、時折ツーンとした淡い刺激が襲うのだが。天一で食うとたまに体験するのだけど、それが麺の何かに起因しているのかは不明です。












【オープン時の微調整期間??微妙に強めの塩気で飯を欲する】


 スカスカした赤身と、二重化した様な脂身のコントラストが、妙に決まったチャーシュー。歯ごたえと柔らかさが、両方楽しめる一品。甘さも、辛さも、バランスよく………と、言いたかったが、少々、塩気のバランスが勝っていたかな? まあ、白飯の爆盛りをガツガツ食らうにはもってこいだが。また健康診断が近いこともあって、今回は自重です。












 総じまして、「いつもの街角いつもの天一!」と言う感覚で、頻繁に訪れるエリアに嬉しい店が展開してくれて、年始早々嬉しい限り。ここは、本当に細い路地裏通りなんだけど、昼間と夜間の人通りが多くて、定着に期待したいところ。天一なら女性も入りやすいか。田町で飲んだらここで〆ても良いし、出店に感謝! なので詠います!



   年明けて
   挨拶回りで
   飯食えず



   おやつタイムに
   こってり一杯



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!



関連ランキング:ラーメン | 三田駅田町駅芝公園駅

業務改革の教科書―成功率9割のプロが教える全ノウハウ

業務改革の教科書―成功率9割のプロが教える全ノウハウ

最強の業務改革―利益と競争力を確保し続ける統合的改革モデル (-)

最強の業務改革―利益と競争力を確保し続ける統合的改革モデル (-)