ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

番外編:小肥羊 京都河原町店 (京都・三条河原町)

 年末に帰省して、旧友たちと飲み会。どうせ呑んだくれるのだから・・・と思いつつも、ホスト役の友人が気をつかってくれてこちらへ訪問。関東では、そこそこ支店展開されているようですが、存じ上げておりませんでした。もう私のような年をそこそことったオヤジなどは、肉がそうも食えないのですが、シャブシャブなら!しかも薬膳なら!!という趣向ですかね。大変にホスト役には感謝です。


   






 さて薬膳ですから、そこそこ個性的なスープです。白湯スープ/麻辣スープ双方には、棗のような具材が浮いておりますが、食えません。エキスだけです。白湯ではそれが、少し濃ゆい目に漂う薬膳ニュアンスです。しかし、麻辣では唐辛子のシャープな辛さの切れ味が痛感なほど。そこに薬膳のエキスニュアンスが漂いますので、額の脂汗がなんだか毒素をいつもより内包しているかのようです。


   






 肉は、羊と豚の二種。これくらいのあっさり肉がいい。しかも、羊独特の個性があって食べ応えもありあり!前菜もなかかなでして、シミ豆腐を細切りにして麺状態にしたものは、思わずラヲタ魂に火が付きました(嘘です)。


     








 ともあれ、ここなら家族とでも来たいなと思いました。いい店紹介してくれてありがとう。友よ!



関連ランキング:中華料理 | 京都市役所前駅三条駅河原町駅