【今週のラーメン2124】 丸幸 (東京・武蔵境) ラーメン・国産蕎麦粉入り中華麺


 今年の年末は、短い上に公私ともに忙しすぎて本当に困る。それでもちゃっかりと隙間でラーメン食って詠ってるわけだが、さすがに大掃除だけは、仕事を言い訳にできない。なので、最後の日曜日に一気に片付けることとします。掃除だけではありません。年賀状のデザイン決めから、送付先リストチェック、さらにはハガキの買出しから印刷に至るまで目が回るとはこのこと。まあ、仕事をためてたからいかんのだが、そこでどうしようもないハプニング発生。プリンタのインクカートリッジがなくなってしまうと言う不測事態。しっかたね〜・・・と、タバコを持ち出して最寄り駅前の文房具屋とか電気店など巡りますが、なかなか適合品が見つからない。あれやこれやとしてると、午後1時を回ってしまう。そんな私はイトーヨーカドー武蔵境店でウロウロしてた。幸いここで見つかった訳だが、目的を達成すると急に井之頭五郎の様に、腹が減ってきた………。







 猛烈に空腹だったので、そうだ! 久しぶりに「きら星」で満腹で死んでしまおう!と思いきや、日曜日休みじゃん!もうだめだ………一番近場の定番の店「丸幸」へと歩みを進めました。そしていつの通りに、同じ「ラーメン 国産蕎麦粉入り中華麺」をチョイス。人間は、空腹すぎると思考ができなくなり、習慣的行動に身を委ねる。そんなことが、自らの行動で分かってしまいました。












【鶏豚のくっきりエキスに醤油だれのクラシカルな円やかさが光る】


 このスープは、語り尽くした感じがあるので手短に。すっきりしている様に見える清湯系ですが、ほどほどラード系の香味油が表面をコーティングし、食べ応えを与えます。また鶏豚のエキス感も想像以上に丁寧に煮だされており、深く胃壁の襞に沁み渡るような感覚がスバラシ! また、醤油ダレが燻銀模様な風格を与えます。今風の煌びやかさがないものの、素朴とも思える円やかさがいい感じ。塩気と言うより、甘味を感じるようなカエシが、個人的には凄く好みでたまらんのです。








 また八王子系を彷彿とさせる、フレッシュ玉ねぎ微塵が、いい味わい。辛さが低く、別の甘味を補充してくれてるよう。ひょっとしたら、この玉ねぎエキスが醤油ダレを円やかと感じさせているのかも。また、そば粉入りの麺の風合いもスープに溶け出して旨味を増しています。ああ、いつ食っても何回食っても、これ飽きません。












【やはり褐色めいた地肌と染み込む醤油出汁の色合いが素晴らしい】


 卵麺と、国産蕎麦粉入と、どちらが人気あるんでしょうね。私の周りでは、いつも卵麺を注文する人が多いようにも思えますが。しかし蕎麦粉入りは、麺の地肌も褐色で、その上に醤油スープが絡みますから、色合い的にはとても独特な色合いかも。







 細麺で軽くウェーブがかった形状。前歯で千切ると独特なボソボソっとした切れ口が面白い。そして芯のやや湿ったカスカス感のグルテンが、醤油味と非常によくマッチします。奥歯のプレスも淡泊にクチリと潰れますが、蕎麦粉独特の味わいも余韻に残す様な感じ。







 すすりあげると、玉ねぎ微塵を絡ませてくるのがこれまたいいね。ゴソゴソっとした口当たりと舌触り。奥歯ではシャリっと潰れて放出するエキスと麺の風合いが混じるところを楽しむ感覚。







【バラ肉チャーシューはテッパン級の固い安定度】


 王道のバラ肉ロールチャーシュー。そかも醤油系のタレが程よく染み込んでいて、脂の甘みともよく合う。特に脂身とのマッチングが最高で、酒でも飯でも何にでも合う様な万能ぶりがたまりません。やや薄めのスライスなんですが、大きさは合格点。麺を巻いて食うには最適の大きさと薄さです。いつも忘れてしまうのだけど、次回こそは、チャーシューメンにトライしてみたいものです。












 総じまして、「武蔵野界隈オヤジの止まり木らーめん」と言う感覚が、いつもながらホッとさせます。特にこの年末のドタバタしたタイミングでは、すごく和んで嬉しいかも。なんかモヤモヤっとして、らーめん食いたい時には、またふらっと来るだろうと思います。そして、また飽きもせず、来年も同じものを定期的に食い続けることでしょう。ワンパターンって……気持ちが楽なんだよね〜。なので詠います!



    年の瀬に
    朝から掃除
    ひと汗し



    買出し隙間
    おやつに麺食い



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


関連ランキング:ラーメン | 武蔵境駅

EPSON 純正インクカートリッジ  IC6CL80 6色セット

EPSON 純正インクカートリッジ IC6CL80 6色セット