ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2120】 中華そば シンジョー (川崎・武蔵新城) チャーシュー中華そば・平麺

 昨夜遅く、この店で「塩中華そば」を食ったばかりなのに、その14時間後また来てしまった!これには理由がありまして、何とこの店に忘れ物をしてしまったのだわ。ジャケットをね〜。あの寒空の中、そのまま帰ってしまって気が付いたのが、自宅最寄り駅前。酔ってたんだね〜相当に。取りに伺うついでに、御礼も兼ねて一杯食って帰りましょうという昼ご飯であります。今回は、醤油系の一杯をいただきました。そして、売上貢献して御礼とさせてもらおうと、肉増しも追加です。


 それにしてももうすっかり人気店だ。このまま続いて欲しいと思うのは、武蔵新城はラーメン砂漠と思っていたから。味噌名店もオープンして注目されとりますが、降り立てばロードサイドのラーメン店もそこそこあって、いい町じゃん。東横沿線に負けず、南武沿線も頑張って欲しい気がする。


   











【淡麗系という矜持を感じるような醤油のさっぱり感!】


 しかしこれですっかりと、店には面が割れてしまったかもなー。ラーメン店で忘れ物をするなんて、これまでの麺ライフでは無かったこと。反省しきり。自身の老化を強く感じる………。そう落ち込んでいるけど、配膳の瞬間は生き返ります。今回は繰り返し忘れものしないようにと、ジャケット脱がないで食いますから!不安要素はありませんから!


 さてその麺顔。淡麗系と思いつつ、その醤油ブラウンは思いの外濃ゆい色合い。トパーズよりもかなり琥珀に近い色合い。そして深いのに透明感は忘れないと言った様相。そして、味わうとかなりスッキリしている。淡麗系の矜持は忘れてないというスープ個性ですね。







 塩中華そばよりも、魚介の風合いは抑えめに感じるけど、これは醤油ダレの影響だと推察できます。この醤油ダレが、カナリエッジングが緩やか。シャープなフレーム感覚もあるんだけど優しい味わい。酸味と塩気と円やかさを比較するなら、「酸味>円やかさ>塩気」という対比かな…。鶏の出汁がかなり繊細なんだなと改めて感じます。神奈川淡麗系の醤油とは、別ベクトルですね明らかに。まるで都内で食ってるような感覚。







 また円やかさが低いわけでもなし。不思議なことに、塩中華そばよりもやや芳醇に感じるんだけど、これは己の体調によるものかも。なんたって、昨夜は中身は泥酔状態だったのだから。「酔いが覚めました」と書いてた自分が全く恥ずかしい。












【選べる麺スタイル、細麺がクツクツ系なら、平麺はつるモチ系という感覚】


 醤油の場合は、細麺の他に「平麺」を選べます。平打ちとまではいかないほどの平たい麺。細麺が加水低めであったのに対して、平麺はやや比べると加水多めであります。変わらないのは、ストレートで整えられた美しさということくらいか。







 おそらくこの二種類の麺は、どちらも合うのでしょう。大抵比べてしまって甲乙つけてしまいがちなんですが、この醤油での場合は、二種類がどちらもすごいぞ。道端ジェシカと、アンジェリカくらいすごいぞ。今回のアンジェリカ麺は、適度に麺の密度感がありつつ、モチモチ度も適当にある。喉越しとか舌触りが滑らかで、歯ごたえと滑りのバランスがまさに「F1級」ではないか。スバラシ! あれ、バトンの嫁さんって、ジェシカの方だっけ!?。












【一人クリスマス気分で極上肉増し気取って考えた・・・】


 季節を感じるのは、店のBGM。クリスマスムード漂う洋楽が静かに流れる。超淡麗系ラーメンと、ラヲタオヤジと、クリスマスソング。このミスマッチと言うかカオスな雰囲気が、まさに日本文化の懐の深さだよな〜。日本は、何でもクリスマスケーキ風にしてしまう風潮があって、極め付けは寿司ケーキってのがあったっけ。確かそれを最初に開発したのは、ど根性ガエルに出てくる宝寿司で働く梅さんだ、と見るたびに思う。史実を確認した訳ではないが、昭和40年代後半には考案されていたことになりますね。ちなみにラーメンがケーキになったのは見たことがない。ラーメンバーガーが開発されたのだから、それは外からやってくるかもしれません。そんなことを考えつつ………極上のチャーシューを今回は存分に食らうのだ。







 肉もうまいが、スープにあまり影響を受けず。それでも薄味で肉本来の味わいが深い。スープにとっても、チャーシューから影響を受けることが少ないみたい。だからいつまでも淡麗。脂の旨みよりも肉質の旨さが本当に深い一品。そうだ、どこかで肉をクリスマスケーキの様に積み重ねたのを見たことがあるぞ。それが何だったか………嗚呼、思い出せない………。







 総じまして、「淡麗系の筋を深くイメージするサッパリ醤油!」という全く捻りのない感想でごめんちゃい。でもね………淡麗系が好きなのだもの!ぼちぼち認知され出して、ピーク時でさらっと食えなくなってしまってますが、これなら定期的に通いたいなー。冬でも肉で冷酒ってのもオツな感じもするし。麺やスープ意外にも強く惹きつけられてしまいます。だから気が緩んでしまうのだろうか。今度は忘れ物しないようにしよう……。なので詠います!



     寒空に
     宴の後を
     思い出し



     年を忘れず
     上着を忘る



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

PS この後、きっちり休日出勤です´д` ;



関連ランキング:ラーメン | 武蔵新城

道端3姉妹スタイル ALL ABOUT MICHIBATA SISTERS

道端3姉妹スタイル ALL ABOUT MICHIBATA SISTERS

道端アンジェリカ写真集『Nude Face』

道端アンジェリカ写真集『Nude Face』

JESSICA’S SECRET

JESSICA’S SECRET