ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン2068】 貝出汁しっぽりラーメン 純子 (東京・立川) 味玉入り貝出汁ラーメン

 休みの日でもないと、わざわざ遠征して食おうとまで思わない。ましてや、最近は都心にまで赴くことが実に億劫になってきた次第。そりゃ仕事を家に持ち帰って、息抜きがてらと言えど、通勤定期と同じ路線と方向に向かうのはイヤだね。ぼつぼつと、西東京エリアの宿題店でも潰そうかねと、今回やってきたのは立川駅。なんとも艶めかしい名前の「貝出汁しっぽりラーメン純子」へと突撃です。女子のアルバイト先としては、どうなんだろう。親には伝えにくくないのか。そんなんで気をもむこと自体が下衆なんでしょうかね・・・。







 ああ、あの店(Hitotsuya Phase2)の跡地か・・・。行けばすぐにわかるその店の形。鋭角に尖った三角形の平べったい店です。モチーフである純子は空想の女性らしく、フィフスエレメントのディーバのような、後頭部巻貝スタイルが印象的。巻貝なんだが、アサリとホタテという二枚貝類のラーメン・つけ麺を提供してくれます。訪問時は、先客ゼロで経営的に心配にもなったのですが、後から来るは来るはで退店するときには、ほぼ満席。私は、福の神なのかもしれません。こう言う経験誰にもあるかもしれません。


  











【穏やかな貝出汁から一転!エスプーマ?で加速するじっとり貝エキス!】


 配膳の瞬間は、「貝」というテーマはどこぞへ??という感覚なんですが、それは徐々に頭角を現します。スープをまずすする段階では、「ほほう・・・ほのかな貝の滋味だな」程度。味と言うより「薫る」という感覚で、円やかな出汁との一体感が素敵という感覚。鶏の出汁とか、香味油の漂いなんぞを眺めては蓮華ですくって、うまし・・・と心の中でつぶやきます。







 醤油の色合いが明るくて、少しばかり霞んでいる感覚。塩気とかも丸く醸造感でビンビンと攻めてくる醤油とは、一線を画する「柔らかい醤油」の部類ですね。トッピングのパーツ類が色合い深いので、カエシの深さも期待したんですが、控えめな醤油感もなかなか良い!







 などと味わっているうちに、アサリのエスプーマ(と言うかゲル状のもの)は溶け出してくるわけだわ。この中にはアサリ身が入っていてなかなか面白い演出。まさにアサリのエキスが凝縮されているわけで、先ほどまで「薫る」程度のアサリが、ゆっくりと、そしてじんわりと味の厚みが加わっていく感覚です。







 スープの最終型は、醤油のフィーリングとアサリエキスの濁りのカオス。貝らしいアミノ酸味わいがいかにも肝臓にも良さそうな気にさせます。はっきりしたアサリ出汁になるのだけど、醤油ダレもなぜか相乗的に生き生きとしてくるような風合い。他にも昆布とかのエキス感もバックアップを感じますし、なかなか複雑さがあるようでも優しい味わい。温度的には熱くもなくいいレベルだし、飲むと体が喜ぶよう。特に肝臓がね。







【素直なしなやかさが逸品!やや汁を吸いがちなところがベストマッチな麺】


 麺がなかなか風流。少し灰褐色めいているような、微妙な色合い。されど淡麗な風貌も持ち合わせて、個人的には好みです。潰しこみが低いためか、もちもちとした弾力感覚は低く、そのぶんスパスパと小気味好くキレやすいタイプ。前歯でちぎっても軽いグルテンの風合いを醸し出します。


 すすり上げた感覚は、きめ細かい感じですがツルツルとしたイメージよりは、少しばかり抵抗がある感じ。それがまた喉越しのシルエットに生きると思われます。時間経過とともに汁を吸いがちな傾向にあるかも。それでもダレることはなく、シルキーと思える上品さをキープしてくれます。







 奥歯で一気にプレスすると、クチリと一瞬で潰れるかと思いきや、軽くヌチっとした反発もあって、これがまた食べ応え感を与えます。替え玉も可能で100円で対応とのこと。どうしようかなーっと思ったのだけど、スープを啜りすぎて少なくなったために、今回は諦めた次第。なるほど、ここは麺も美味い店なんだ・・・・、つけ麺も期待できそう。







【漆黒テーマなトッピング!チャーシューとメンマ!】


 久しぶりに漆黒の漆塗りのようなメンマに出会えました。今はもうないんだけど、西荻窪に「睦月」という店があって、そこのメンマがまさにこんな色合い。最高に美味かったのだけど、それに似た風合いを今回感じ取れて嬉しかったわー。こんなに深い醤油色なんだけど、全く塩辛くない。むしろ香ばしさが立って、歯ごたえもきめ細やか。軽くポリポリ感とクニャリとした感が両方あって、面白い歯ごたえ。







 またチャーシューはロース肉なのか、深い醤油の浸透が表面だけに感じられる。あとは崩れるような柔らかさを保つ。赤身部分はしっかりした味付けで、麺を巻いて食うとベスト。少しばかりの脂身が甘くて泣ける。特製か、チャーシュー麺にしておく手はありですね。












【味玉の見た目以上に深いタレの染み込みがナイス!】


 汁とか他のトッピングに目を奪われ過ぎてしまったけど、味玉もよく観察するとよくできている。ふるふるなまでに深くタレが染み込んだ白身。中まで薄い茶褐色。そして黄身が全体的にゼリーのような仕上がり方!舌の上に濃厚な味わいがまとわりつくようで、甘みを深く感じる一品!やはり特製にして、味玉と肉を追加するのがこの店ではいいかも!














総じまして、「まさに名前の通り!貝出汁しっぽりラーメン!」と言う感じ。いえ別にサボったわけでなく、言い得てズバリです。ロケーション的には厳しい場所ですが、個性で惹きつけるには、これくらいの思い切ったネーミングと、裏腹に滋味深い味わいが必要かも。しっぽりと言うより、しっかりとした味わいに期待が高鳴ります。次回は、つけ麺をいただきたい次第。出汁も麺もいい感じだし、あとは限定麺をタイムリーに提供してヒット作でも生まれれば、一気にプレゼンスが上がるかも。なので詠います!



日々激務
ストレスまぎれ
酒あおり



肝臓癒しに
しっぽりラーメン



お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!


関連ランキング:ラーメン | 西国立駅立川駅立川南駅

思い出は美しすぎて

思い出は美しすぎて

純子

純子

順子

順子