ラーメン食べて詠います

仕事の合間に悩んで食って詠います・・・

【今週のラーメン3261】 麺や 空月 (横浜・綱島) 鯛白湯らーめん塩味 ~鯛の確かなテクニシャン!一石投じるニューウェーブ鯛白湯!

綱島北部に大きな二つの吸引力!相乗効果狙え!>

 こんなに切ないことがあろうか・・・。大好きな「中華そば 笑歩」の目の前で、それをフッてほかの店に入るなんて。しかしそれほどに私は興味津々でして、ラヲタならちょっとした制覇欲や収集癖があるもんだから、思い切って袖にしてみました。今回入った店は「麺や空月」さんでして、なんと「中華そば 笑歩」さんの真向かいにあります。
 

f:id:TOMASSOON:20180516125033j:plain

 

 そもそもそんなシチュエーションなんて珍しくないのですが、駅前繁華街からかなり離れた住宅地にぽつねんと存在するので、なんでわざわざ真向かい同志に!?とその偶然の妙を不可思議がるのも無理もない。しかも、そこそこプレゼンスを発揮しているライバルのそばってのが、とても勇気があるというか、無謀にちかいものを当初は感じておりました。しかし、ネットで徐々に「空月」さんの情報を目にし、「鯛白湯」の出来栄えに関する情報を見ると、つい寄ってしまいました。
 

f:id:TOMASSOON:20180516125129j:plain

 

 行列と回転が気になったのですが、もう夏日かと思える平日ランチタイムに、とぼとぼと汗を拭きながら伺いましたが、幸いなことに、行列なしですっと入れました。客層は私と同じようなサラリーマンと、地元の若い方や親子連れなど。定着化している感じでして、客との会話を聞いてみると常連さんもそこそこつかんでいるようです。だいたい皆さん、鯛白湯ばかり注文されてた印象。この2~3年で「鯛系」が関東のラーメン界では頭角を現しておりますが、頭のなかで曙町と錦糸町と両方浮かべながら、さてどっちに近いかなんて、妄想してしまいます。
 

f:id:TOMASSOON:20180516203739j:plain

 



<鯛の新たな方向性!程よいあっさり濃厚に擂り身マジック!梅の酸味もアクセント!>

 待っている間は暇だから、メニュー表を見てみると「紀州和歌山の梅を食べて育ったさっぱり脂の□まだい」とのこと。クイズか穴埋め問題ですかね。十円玉でこすって見たくなります。きっと「梅」だと想像しますが、だったら「梅ぶり」「梅ひらめ」なんかあるんですかね・・・・ってバカなことを考えてたら、ようやく配膳の時を迎えます。それはこんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20180516125037j:plain

 

 おお!想像していたより、とても華やかなイメージ。大葉に梅エキスが乗せられて鮮やかな補色の関係が目を引きます。また海苔には物体がのっており、メンマはしっかり太いし、二種チャーシューも悪くない。薬味が赤と黄色のパプリカが配されて、ぐぐっとお祭り状態の雰囲気を高めているようにすら思えます。
 

f:id:TOMASSOON:20180516125054j:plain

 

 ここで「物体」の説明が奥さんからありまして、それは「鯛のすり身」なのだとか。そのまま摘まんで食べても良いが、スープに溶かしたりして自由に変化を楽しんでくださいとのことでした。日ごろ固い仕事しかしてないオレは、変化を楽しむどころか恐れてしまうんですが、ラーメンでは人格は別なので、その後、大いに楽しみました。
 

f:id:TOMASSOON:20180516125056j:plain

 

 まずそのままのスープ。これが個人的にツボにハマった!!。さも濃厚なるラクダのパッチにも似たベージュ色ですが、鯛の出汁というか、エキスというか、コラーゲンと言うか、それらが濃縮されておりますが、緩いクリーミィーさもあります。濃厚過ぎないところが好みでして、非常に食べやすい。どちらかと言えばシャバいけど、白濁したエキス感が薄さとは感じさせません。鯛の風味を色濃く感じながらも、どこかサッパリしている印象です。ここに梅エキスを少し溶かすとどうなるか。少し酸味が最初のうちは尖りますが、さらっと尖りは丸められ、さわやかな風合いだけを残します。鯛と梅って合うのかな?ケンカしそう??と思ったものの、味の複雑さが高まり深みが出てきます。
 

f:id:TOMASSOON:20180516125112j:plain

 

 次に、奥さんの言葉に従って、すり身を溶かしてみますが、これがとてもまったりと鯛濃厚に変化します。鯛が濃厚と言うとすこしエグ味も連想しますが、1000%それはない。鯛の旨みが蕩けだすようで、非常に面白くて旨い。もし夏場に季節メニューで冷やしか、汁なしをするなら、これを活用すると素晴らしいものになりそうじゃありませんか!。この「すり身」の存在がすごく全体のプレゼンスを高めてくれますよ。また薬味も少し味を忍ばせた感じがして、フレッシュな甘さと香味を感じさせます。この出来栄えなら、ご飯を最後に投入すべきでしたね・・・・。
 
f:id:TOMASSOON:20180516125115j:plain
f:id:TOMASSOON:20180516125128j:plain
 




<淡く風味をキープする加水の低さ!美しき全粒配合ストレート細麺!>

 麺がまた独特なスープ感に、とてもマッチします。ほんのりと全粒を感じる見栄えで、おそらく5%程度かそれ以下の配合と妄想。また加水が低めなので、麺の風合いを楽しむタイプです。低めと言ってもパツパツとした感じはなく、クシクシスパスパと安易に切れ込むタイプ。その瞬間に麺の風味を淡く伝えるところが印象的です。また、半分汁を吸うところも感じて、汁の持ち上げもそこそこナイス。出汁と炭水化物が合体した旨みもしっかりとアピールしてくれます。
 

f:id:TOMASSOON:20180516125113j:plain

 

 見落としだったらすみませんが、大盛の設定はないみたいですね。バランスが崩れるからでしょうか。もっとも+100円でライス小があるから、もう少し食べたかったら鯛茶漬けってことでしょうか。
 

f:id:TOMASSOON:20180516125114j:plain

 



<鮮やかな薬味!ユニークなメンマ!流行の二種ちゃんと!>

 赤と黄色のパプリカにネギが混じった薬味。見た目の他に、甘酸っぱいニュアンスを感じたのですが、軽くマリネになってるんでしょうか?気づいたときには、腹の中でして詳細は不明。記述ですが、これがちょっと味のアクセントにもなったりしてました。また、メンマも面白い味わい。甘いようで酸っぱいような不思議な味わい。これも印象的でした。
 

f:id:TOMASSOON:20180516125111j:plain

 

 やはりトッピングのメインはチャーシューでして、流行の低温調理のレアチャーシューの薄切りスライスが、ちょこっと皺くちゃになりながら、鶏肉に寄り添ってます。その鶏肉はパフパフな胸肉でして、周囲が少しスパイシーな味わいになってます。辛口の酒か白ワインなら確実に合うはず。ちゃんと現代風のラーメンしてますね。



 総じまして、「鯛の確かなテクニシャン!一石投じるニューウェーブ鯛白湯!」と言う感じかしら〜。「曙町」でも「錦糸町」でもない、「綱島の鯛」という個性の確立を感じましたよ。これはほかのメニューも気になる!。そして、この界隈の方は非常に羨ましい!。因みに、鯛と鶏の二種類ラインナップですが、鶏なら醤油がおすすめみたい。本当に得意な方はどっちなのか確かめてみますよ、また近いうちに!という感じで、興奮が冷めやらぬ状態ですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。


   夏気配
   陽炎感ず
   アスファルト


   辿って食いたし
   鯛塩白湯


 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
 
 

関連ランキング:ラーメン | 綱島駅

 

 

役員になる課長の仕事力

役員になる課長の仕事力

 
事業を創る人事 グローバル先進企業になるための人づくり

事業を創る人事 グローバル先進企業になるための人づくり

 
社員力革命―人を創る、人を生かす、人に任す

社員力革命―人を創る、人を生かす、人に任す

 

 

【今週のラーメン3260】 玉 品達店 (東京・品川) 玉の喜多方特製肉そば 〜喜多方風バラ肉デコレーションケーキ風ラーメン!

京急創立120周年記念にしっかり乗ってしまった結果、>
 
 めちゃめちゃ忙しくても、一日の生活の中に、ラーメンの爪痕を残したい!。今回は都内を移動しまくりで、飯食う時間も確保危うい中、品達で意地と男を通させていただきました。男を通すってなに?って言うと「肉祭り」をやらかしたと言うこと。玉品達店で、京急創立記念で、【玉の喜多方特製肉そば】と言うのをやっとりまして、その肉のてんこ盛り加減が素晴らしすぎる!。ラーメンデータベース諸兄の情報を知り、これは捨て置けぬとやって参りました。
 

f:id:TOMASSOON:20180517131255j:plain

 
 やはりこれを食うのは、運命か啓示だったのかー。ランチタイムのど真ん中で、短く一時的に行列がはけて、すぐに座れましたー。その後、学生さんやらでまた行列発生。午後の仕事もはかどりそうですー。
 
f:id:TOMASSOON:20180517131214j:plain
f:id:TOMASSOON:20180517131213j:plain
 
 
 
<うお〜バラ肉オンリーで一週間分の脂身を5分で摂取!迫力の肉感!>
 
 それにしても、品川には色んなビジネスマンがおられる。私と同様に外回りで一休みラーメンしておられる方の中で、携帯が震えて慌てて店外で会話。まあ、良くある風景だが、それがめっちゃ関西弁でキレまくり。見積もり価格の認識違いで揉めとります。いろいろ大声で話してて・・・
 
「1万八千円ちゃうねん!1万六千円やっちゅーねん!!今すぐ調べ直せボケー!」(確かそんな内容)。
 
 ・・・・叫んだ後、携帯を切ってから戻り、イライラしながら、つけめんを爆食いしておられます。今回の東京出張の重要性を感じますがー、関西人のイメージがめちゃ周囲に刷り込まれますやん(´・_・`) 。私も同じ関西オリジンなのだが、仕事にかける意気込みとして水に流していただきたいー。そんな感じで、ビクビクしていたところで、私の配膳が完了です。それは、こんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20180517131232j:plain

 
 めっちゃ1200円の感じやん!肉盛り肉肉肉祭り状態やん!オレを豚にしたいんかー!
・・・と、今度はワシが叫びたくなりますやん。笑ってしまうのは、具材は本当に肉だけで、そのほかにネギ等の薬味は一切ない。潔し。しかも肉は全部バラ肉です。喜多方だったらそれはイメージ通りですが、その肉の分厚さと、脂身のワイルドさから、少しJ系で言うところの小豚に匹敵する塊も掘り起こされます。
 

f:id:TOMASSOON:20180517131233j:plain

 
 これがめちゃ柔らかい。箸で持ち上げるだけで、赤身と脂身の境目から崩れだします。噛むと赤身からが肉本来の味わいと、それに滲んだしょうゆ味の出汁が、スポンジ状態で吐き出されてマイウー。そして脂身は、ハードなゼリーを噛みちぎるような食感の後に、罪深い甘味を感じさせます。嗚呼、もはやここだけなら、麺などどうでもよくなり、白飯が欲しくなってしまいそう。
 

f:id:TOMASSOON:20180517131234j:plain

 
 それにしても、今回は痛快だったのは、麺を食いきって、スープも半分以上飲んだ後でも、肉が余っていると言うシチュエーション。マジで酒か白飯が最後に欲しくなってしまいましたー。嗚呼、今回肉食った分だけ、そのまま腹回りに付くのだろうなと思うと、罪の意識が芽生えるー。
 
 
 
<やや緩いめのピロピロ平打ちモチモチ多加水麺!喜多方と言えばこれだね!>
 
 もう肉をやっつける事と、冒頭の関西ビジネスマンに意識が占領されてしまいましたので、申し訳ないが、記憶が少し薄いのはご容赦いただきたい。多加水ピロピロ麺は、なかなかいい雰囲気を出しておりました。
 

f:id:TOMASSOON:20180517131236j:plain

 
 それほど強い縮れではなく、ナチュラルに縮れて捩れも生じております。平打ちとボコボコしたフォルムが啜り上げるたびに、口元と喉奥を優しくタッチして、脳裏に駆け抜けたシルエットを感じさせるのが秀逸ですよ。前歯の当たりも明るくモチモチと弾みますし、奥歯で噛みちぎり潰すとグルテンに甘みすら覚えます。肉を巻き込んで食いたいところですが、今回の肉はどれも肉厚なので断念。それでも吸い込んだ汁に、バラ肉のエキスも溶け込んでいるので、単体でも十分に楽しめます。
 

f:id:TOMASSOON:20180517131253j:plain

 
 
 
 
<淡い醤油感に優しい魚介のエキス?トッピングのエキスも深く滲んで意外に濃ゆい>
 
 肉が多かったからか? 意外に見た目に反して、味が濃ゆい感じがしました。醤油の色合いも薄く、非常に薄いベージュの色合いですが、魚介の甘さがある中で、豚エキス系のコクと、チャーシューから滲んだかと思うような塩気も、かなり感じました。塩っぱいのではなく、塩気が多い・・・と言う、誠に伝えにくいのでありますが、語彙の少なさはご容赦いただきたい。なので余計に白飯を、今回は欲してしまいましたー。
 

f:id:TOMASSOON:20180517131235j:plain

 
 
 総じまして、「喜多方風バラ肉デコレーションケーキ風ラーメン!」と言う感覚でして、これ食ったらその日一日は、肉を食いたくなくなるかも〜(オレみたいな年寄りはね (>_<) )。案の定、夜まで仕事ぶっ通しで晩飯も食えず、夜食のカップ麺も食えずでしたが、この日寝るまで、腹が空きませんでした。実はラーメン二杯食うより、ヘルシーなのか? その後の関西ビジネスマンがどうなったのか、とても気になりますが、少なくとも私の憂さ晴らしにはなった素晴らしい一杯でした。そんな痛快さを忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   日々疲れ
   憂さが重なり
   憎々し
 
 
   憂さを晴さん
   肉肉しき麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました! 
 

関連ランキング:つけ麺 | 品川駅北品川駅高輪台駅

 

 

 

ケンカの流儀 - 修羅場の達人に学べ (中公新書ラクレ)

ケンカの流儀 - 修羅場の達人に学べ (中公新書ラクレ)

 
河京 喜多方ラーメン10食

河京 喜多方ラーメン10食

 
ニュータッチ 凄麺 喜多方ラーメン 115g

ニュータッチ 凄麺 喜多方ラーメン 115g

 
喜多方ラーメン (まるや) 醤油味2食 220g

喜多方ラーメン (まるや) 醤油味2食 220g

 

 

【今週のラーメン3259】 喜多方食堂 麺や玄 (東京・稲荷町) 味玉しょうゆラーメン ~朝ピッタリの素朴感!穏やか本格喜多方拉麺!

<一日のストレス発散を朝一で行った結果〜>

 今日はもう一日中忙しい・・・ラーメン活動は無理かも?と諦めかけましたが、朝ラーメンならなんとか結構できそうかと、こちら「麺や玄@稲荷町」へとやってまいりました。立ち食い駅そば系のラーメンで、どうもやり過ごせなくて、本格的なのを胃袋にしっかりいれて、一日の気持ち良いスタートを切りたかった次第。開店直後の午前7時に伺ったところ、なんと客入りはすでに三分の一程度は埋まってます。スゲー。きっと深夜労働や早朝勤務の一休みという感じの方も多く、どこかしら安堵感が漂う雰囲気が羨ましいです。

 

f:id:TOMASSOON:20180515070342j:plain

 


 朝からスタフさんたち全員、キビキビした動きも気持ちよく、接客もそこそこいい感じ。この店に来てようやく頭の回転にスイッチが入ったような気がいたします。朝だからあっさりしたものを食いたいけど、デフォルトから引き算されたようなのは避けたい。そんな感じで味玉追加は先に決めたのですが、蔵出し醤油にするか、はたまた背脂にするか、券売機の前ですごく迷います。後客がイライラしそうだったので、取り急ぎポールポジションにあった「蔵出し醤油」のほうをチョイスしておきましょう。

 

f:id:TOMASSOON:20180515070045j:plain

 


 朝だとコーヒーをサービスしてくれるらしく、スタフさんにそれを伝えればいいらしい。これもすごく迷ったんですが、ラーメンスープは基本飲み干す主義だし、その直後じゃしんどいか?。またコーヒーなら煙草も吸いたくなるし・・・・ということで、今回は控えておきました。

f:id:TOMASSOON:20180515070449j:plain
f:id:TOMASSOON:20180515070612j:plain
 





<朝に優しきアゴ出汁の柔らかい風味!円やか醤油で穏やか気分〜>

 改めて客層を見渡すと、だいたい一区切りつけた配送業の方、清掃業の方、そしてこれから出勤しようというサラリーマンといった感じでしょうか。みな戦っているのだなーと妙な気分になります。これから今日一日忙殺される身分としては、気持ちが引き締まりますな。そんな緊張感を覚えたところで、配膳が完了。それはこんな麺顔でした。

 

f:id:TOMASSOON:20180515071429j:plain

 


 おお!いかにも「THE喜多方」という表情!これまで坂内、小法師などで幾度も見てきたような馴染みを深く感じます。イトーヨーカドーなんかで良く見かける春色のセーターに似たブラウン。そしてきれいに整った断層を見せつけるチャーシュー。さらにちょこっと愛想笑いしてだらけたようなメンマが和む。また味玉が入っただけで、レベル一つ上がったような充実感も包まれる。朝からゴージャスなのであります。

 

f:id:TOMASSOON:20180515071437j:plain

 


 レンゲでスープをすくうと、意外に醤油色してるのね。しみじみと観察を終え、すぐに味わいだしますが、これが評判通りのアゴ出汁の旨みが広がり、心が躍ります。鰯煮干しのようなニボ感がなく、どちらかと言うと鰺煮干しにちかい旨みの出方かも。また節系とは別の肉厚な魚介な旨みがありますし、鰺よりは軽やかな味の輪郭がなんとも言えません。時に上品にも感じたり、また別ではクセな感じもあるアゴ出汁ですが、これは実に綺麗なバランス感だわー。

 

f:id:TOMASSOON:20180515071443j:plain

 


 また店のポップでは、蔵出し醤油のアピールが強く見受けられますが、ピッチリしたカエシと言うよりも、穏やかに下支えするふっくらした塩気という感じがしますねー。いずれにせよ上品なまとまり方です。嫌味がまったくありません。ベースの鶏豚系のエキスも極力抑えめというか、丁寧さを感じる上澄みみたいな穏やかさがありなむ・・・・。香味油に鶏油が入っているので、上澄みみたいなエキス感は、そこが影響しているのかもしれません。そう!全体をひっくるめれば、どこを切っても見てみても「穏やか」さに溢れているスープ感覚です。

 

f:id:TOMASSOON:20180515071458j:plain

 




<もちもちブルルン!と明るく弾む縮れ平打ち太麺!カタメ仕様で朝からウキウキさせる!>

 先客が「麺カタメで!」とスタフに告げるのが耳に入り、私もいちびってそれを真似してみました。今から思えば、ゆったり穏やかなスープだから、カタメでなくても良かったかな・・と実は思っていますが。しかし、カタメの面白いところもあって、これはこれでナイスでした。

 

f:id:TOMASSOON:20180515071521j:plain

 


 まず極太縮れ麺は、言わずもがな喜多方系の平打ちっぽいタイプで、端っこがピロピロしていない。その代り捩れは部分てきに半端ない感じで、見た目はとても素朴なで柔らかいワイルド感といった感覚です。多加水ですが、カタメゆえに腰がすこし強め。ツルツルして表面は軽いクチ当たりなので、調子に乗ってズボボボボボボーっとすすり上げると、ブルンブルンと暴れながら口の中へと滑り込んでいきます。そして前歯を当てて力を入れると、ハードなもっちりもちもち感が広がり、感覚的には脳裏で明るさを感じます。奥歯へ送ってプレスするとヌチヌチっと高反発。さらに咀嚼を続けて麺の風味とスープの味わいが一体化されるという流れです。

 

f:id:TOMASSOON:20180515071529j:plain

 


 汁が浸透した方が旨いかも。だったらデフォルトかやや柔らかめで、スープの持ち上げも期待しましょう。歯応えが麺の楽しさだ!と言う方には、このカタメの明るい歯応えはナイス。その日の気分で変えても面白いでしょうねー。



<定番の薄味煮豚のバラ肉チャーシュー旨し>

 ティピカルな喜多方系の肉!。これを麺顔一面に並べたてたチャーシューメンも興奮しますよね。塩気があまりたたず、醤油感は風味程度ながらも、脂身の甘さと結びついて、ご飯や酒よりも汁麺が一番似合うタイプですね。柔らかさこの上なし。また食っていくと、そうそうに断面が崩れていくのも、毎度おなじみの柔らかさの風景。きっとスライスでなくブロックで食ったとしても、解れてゆくのでしょう・・・。次回はチャーシューメンかな。朝から!

 

f:id:TOMASSOON:20180515071446j:plain

 





<味玉にハズレなし!>

 別に舐めていたわけではないけど、完璧なトロミ加減とあっさりした濃厚さ?でありました。タレがとても薄味なのか。深く浸透してもねっとりした熟成感が低く、とてもナチュラルな卵黄の味わいが残ってました。ほどよく塩加減と出汁が感じられて、卵黄じたいは濃密な味なんだけど、味玉としてはあっさり系でそれがむしろ印象に残る旨さでした。嗚呼、味玉にハズレなし!

 

f:id:TOMASSOON:20180515071605j:plain

 





 総じまして、「朝ピッタリの素朴感!穏やか本格喜多方拉麺!」と言う感じで、何のひねりもない感想で、ごめんちゃい。とりあえず、一日のスタートを気持ちよく切ることができただけでも感謝の一杯でございます。これでこの日のラーメン活動は終わりー。あとは仕事に邁進します。朝からたくさん食べて、ちょっとここから移動途中で眠りに入り、危うく乗り過ごしそうになりましたがー。それはそうと、いちどは本場で喜多方ラーメンを食いたい!。今の仕事引退したら、行脚してみる候補だね。それまで頑張ろう。そんなやる気を与えてくれた一杯に感謝を忘れないように、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   朝ぼらけ
   あご出汁香る
   交差点


   太麺すすり
   気持ち整え



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

 

YouTubeにまとめてみました!


喜多方食堂 麺や玄 味玉しょうゆラーメン 〜ラーメン食べて詠います

 

 

関連ランキング:ラーメン | 稲荷町駅田原町駅新御徒町駅

 

 

河京 喜多方ラーメン10食

河京 喜多方ラーメン10食

 
ニュータッチ 凄麺 喜多方ラーメン 115g

ニュータッチ 凄麺 喜多方ラーメン 115g

 
喜多方ラーメン (まるや) 醤油味2食 220g

喜多方ラーメン (まるや) 醤油味2食 220g

 

 

【今週のラーメン3258】 濃菜麺 井の庄 荻窪店 (東京・荻窪) 濃菜麺 + パクチー ~コンテンポラリーハイセンスとガッツリ系のハイブリッド感!お洒落濃厚豚骨!

<新店舗開店続く中央線!今度は「井の庄」!>

 本当に最近は、いい店の新規開店開店ラッシュで、公私ともに忙しくなってきました。しかも、中央線界隈も賑わいを見せており、先日の東中野の移転開店に続き、今度は、荻窪に新しい支店がオープンしました。練馬の名店「濃菜麺 井の庄」さん。ますます荻窪のラーメン店の層が分厚くなってまいりました。たまたま開店の日に、予定が二つドタキャンが続き、急にフリーなったものだから、オフィスに帰るよりも早直帰を申請いたしましたわー。嬉しいことに、夜の部は5:30PMスタートなので、まだ明るいうちから夜のラーメン活動ができました。
 

f:id:TOMASSOON:20180522174748j:plain



 それにしても、外観内観ともオシャレな感じです。私のような薄汚れたオヤジには似つかわしくない、白を基調としたデザイン。何もかも真新しいのもあって、店内には緊張感が伝わります。オペレーションの確認も怠りなく、スタフの動きも開店当初としては、キビキビしております。気合を感じるねー。
 

f:id:TOMASSOON:20180522174730j:plain

f:id:TOMASSOON:20180522175217j:plain



 最初のご挨拶は、デフォルトで行きましょう!ということで、「濃菜麺」とさせていただきました。ただ、何か薬味が欲しくなる味わいとだけは、練馬店での記憶がありまして、ニンニクかパクチーで揺れ動きます。両方だったら喧嘩するか??と思い、パクチー大好き「パクチー星人」としては、パクチー【和名:カメムシソウ】をチョイス。
 

f:id:TOMASSOON:20180522173201j:plain





<ポイントの甘さに、確かな豚骨煮出しで淡くクリーミー!薬味によく反応するからパクチー追加!>

 カメムシソウはいいよぉ~!なんたって美容効果があるらしい。「病気予防」だけでなく、「アンチエイジング」「デトックス」という効果があるらしい。これからオレは、美しいオヤジになって、虐げられた半生を見返してやろうかと、カウンターで考えてはほくそ笑んでおりました。そんな不気味な雰囲気をつんざくように、濃菜麺が配膳。その空気を読まない麺顔はこんな感じ。
 

f:id:TOMASSOON:20180522173934j:plain

 

 おお!久しぶり!でもちょっと男前になりましたね!。以前、練馬でお会いしたときは、もっとワイルドさアリアリだったような記憶。濃厚豚骨とあってワイルドな泡立ちもあったし、また一番の違いは肉。チャーシューが最新スペックでレアチャーシューに代替わりしております。また野菜の盛りもややスリムになったイメージで、時の流れを感じさせますなー。日々変化し進化してゆくものだと、麺顔見ただけでしみじみと、自分の年齢を感じてしまいます。
 

f:id:TOMASSOON:20180522173941j:plain

 

 思い出に泣きながら、静かにスープをまず味わいます。おー、これこれ!濃密な豚骨のエキス感がマイルドにサラサラと流れる・・・・と言うか淡くクリーミーな感じがいいね。香りはふわっと獣系の輪郭を感じさせますが、そんなにくどいものではありません。上品な仕上がりの濃厚豚骨と言う感じ。また、ポイントの甘味も健在で、醤油ダレによるものか不明ですが、やや甘塩っぱい仕上がりになっております。トッピングからくる野菜の汁気も滲んで、見た目よりも随分と食べやすい。そして、胃袋にじっとりと食べごたえ感じる心地よい負担感もナイスです。晩飯ラーメンとしてはピッタリ。
 
 

f:id:TOMASSOON:20180522173958j:plain

 

 ここでパクチーを本格的に撹拌させて、味変を試みます。すると獣っぽい輪郭は一気に霧散して、清涼感ある苦みも加わり、一層職が進みます。奥歯にパクチーが挟まって齧る瞬間なんて、ペパーミント級に清涼感が爆発する中に、濃厚豚骨は味の火消にまわるといった味風景が、なんとも食っていてにぎやかで楽しい!。また、一味もなかなか似合うスープです。個人的には、パクチーとケンカせず、ピリ辛風味を加えてくれるし、パクチーの緑に、一味の赤が降りかかるとちょっとカッコよく見えます。緑と赤は、色彩学では捕食にあってあまり相性良く感じませんが、食べ物上では十分にアリの組み合わせですね!。
 

f:id:TOMASSOON:20180522173937j:plain

 



<丸みを帯びて引き締まりある太麺!豚骨受け止め食べ応えもあり!>

 これだけ個性的なスープですから、麺には図太さがもとめられましょう。そんな期待に十分応えた中加水ストレート麺です。丸みを感じる形状で、引き締まり感もあり、前歯を当てて力を加えるとプツリと千切れて、断面が前歯の裏側に貼りつくような・・・錯覚を感じます。その際にグルテンの風合いが実にしっかりとしており、汁の浸透をあまり許さないイメージがアリアリと伝わります。
 

f:id:TOMASSOON:20180522174045j:plain

 

 奥歯へ運んで、しっかり咀嚼することにより、スープのエキスと麺の炭水化物が、唾液で混じって融合するみたい。その時の化学変化で甘味が生まれ、スープの残り香と口のなかでブレンドされて、濃密な旨さと感じますー。
 

f:id:TOMASSOON:20180522174058j:plain

 

 また、紙エプロンは遠慮したのだがもらっておいた方がいいね。十分注意したつもりが、きっちりワイシャツに染みを一つ作ってしまいました。オシャレな空間で、ヘタレオヤジが一人、紙エプロンしてる姿が自分で恥ずかしかったのだが、考え過ぎな性格は早く捨て去ろう・・・いい歳なんだから。



<二種の低音調理チャーシューが絶品!どんな酒にも合うね!肉プレートおススメ!>

 代替わりした肉は旨かった! 豚のレアでしたが、肩ロース肉と思われ、薄切りスライスが大判で二枚ありました。味わいとしては肉の本質を感じる中に、浸った塩味タレの芳醇さがナイスでして、ワインを思わず欲してしまう崇高な味わい。これなら無限大に何枚でも食えそう。また鶏は胸肉で、なんとも柔らかい。中がほんのりのレアかと思うほど、しっとりとした柔らかさで、よくあるパフパフとしたコンフィの食感とは少し違う。少し艶めかしい食感と味わいで、周囲にあるハーブが良く染みており、白ワインでなら、これも無限大に食えそうな気がします。なので「肉プレート」はかなりおすすめかと!350円と言う設定もナイス!。
 

f:id:TOMASSOON:20180522174034j:plain






 総じまして、「コンテンポラリーハイセンスとガッツリ系のハイブリッド感!お洒落濃厚豚骨!」と言う感覚でして、これでますます荻窪が楽しくなってきました〜。最近、荻窪はご無沙汰なので、近場をもう一度回ってみようかしらと言う気にさせますね。次回あたりに、井の庄と言えばの「辛辛」やら、「ジロベジ」「カラベジ」などにも手を広げてみようと、すでに考え出しております。嗚呼、腹いっぱいでもう幸せ。メタボ一直線なのだがー。そんなのは一時忘れて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。


   週半ば
   濃密予定に
   へばり食う


   マイルド旨し
   濃密豚骨


 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
東京都杉並区上荻1-18-3 第2亀屋酒販ビル

【今週のラーメン3257】 家系ラーメン とらきち家 (横浜・東白楽) ラーメン + キャベツ + のり ~男の昼メシ的濃厚ワイルドエキス満タンの豚骨醤油!とらきち・ど根性の濃厚家系!

<ハマのタイガースファンに表敬訪問〜>

 今年の春は、暑かったり寒かったり、また暑かったり・・・と体がだるいのが抜けせん。東急東白楽駅からトボトボと直射日光が強く降り注ぐ「横浜上麻生道路」を、荷物背負って歩くだけで額に汗が滲む・・・。緩い風が少し気持ち良い。
 

f:id:TOMASSOON:20180514123758j:plain

 

 もう屋号を見ただけで、阪神タイガースファン!丸出しの「とらきち家」さん。訪問して知りましたが、今はなき「六角家本店」のすぐそばにあるんですねー。関東で、しかもベイスターズ人気高き横浜で、虎キチアピール孤軍奮闘と言うのは本当に頭が下がります。関西オリジンの私としては、表敬訪問を一度したかった次第です。
 

f:id:TOMASSOON:20180514123812j:plain

 

 だから黄色なのか!?家系カラーと言えば、真っ赤なテント屋根なんですが、こちらはタイガースカラーの黄色で統一した店構えです。中はきっともっと阪神タイガースアピールなんだろうなーっと思ったけれど、でかいタイガースマークが眩しくお出迎えな他は、いたって普通の家系ラーメン屋さん。王道家免許皆伝のお店とあって、少し緊張も覚えましたが、いやはや・・・いわゆる豚骨臭がもわっと固まりとなって襲ってくる感じ。まさに男の世界という感じで、ブレスケア片手に豚骨をニンニクでやっつけ食いしたい気分が高まります。今回は、キャベツと海苔を追加してみました。もはや海苔増しなくして、家系を食えないオレです。家系修行中~。
 

f:id:TOMASSOON:20180514123907j:plain

 



<デフォルトでも濃厚めな豚骨と醤油の塩気感! THE 男の昼メシ!>

 店内、女っ気一切なしですなー。やはり豚骨の臭いが壁になっているのか。逆にこんな男くさいところに女性がいるとキレイに感じたりするのは、オレだけなんでしょうか。男の汗と豚骨の臭いってどこか似ている気がする。男の汗をセクシーと感じ取れる女性なら、ぜひこちらをおススメしたいなどと、急な暑さでアホになりかけてる私の目の前に、唐突に着丼!。それはこんな麺顔でした。
 

f:id:TOMASSOON:20180514124209j:plain

 

 おおお!何となく五月の新緑過ぎた逞しさを感じるグリーンな世界です。キャベツは白い部分も青い部分が半々で、ほうれん草の深緑は思いのほか量も多く存在感ありあり!。そして漆黒の海苔はダークモスグリーンのような色合いにも感じられ、野原と山々の息吹を感じる緑色の風景がたまらんです。もうチャーシューのことなんかすっかりと忘れてしまってました。
 

f:id:TOMASSOON:20180514124213j:plain

 


 取り急ぎまずはスープから。デフォルトでお願いしたのですが、これが結構いきなり濃ゆい~。まず豚骨の煮出しがすごく濃ゆくてコラーゲン感と獣系の臭いが立ち込めたあと、旨味をしっかりと伝えてきます。これがもし濃いめアレンジだったら、結構ヤバかったかも。また濃ゆいわりには口の周りには貼りつく感じがあまりなくて、鶏じゃなく豚の純度が高いものと感じました。
 

f:id:TOMASSOON:20180514124233j:plain

 
 
 また醤油が結構に効いている~。塩気をじっとりと感じさせるタイプで、これは後から絶対に水を欲してしまうだろうなと感じました。なので豆板醤は入れないようにし、今回はニンニクのみをややハード目に入れてみました。塩気が高くても、ニンニクひと匙でかなり香ばしさがアップし、グビグビと飲み干せる食欲をわき起こします。しかし、ゆっくりとキャベツの甘味がスープにも浸透することとなり、味がゆっくりとマイルドに変化してゆくのが、また旨いのです。
 


<注文通りのカタメの歯ごたえ!濃ゆい味を受け止める風味感がナイス!>

 少しスリムな、家系らしいイエローバディのストレート麺。少しボコボコしたところがあるけど、ワイルドさも少し感じさせる印象です。公認店舗だからやっぱり酒井製麺なんでしょうか。今回もカタメのリクエストでしたが、ベストな好みの茹で上げ状態。外固のような表面のコーティングに、ジットリ濃厚豚骨醤油で濡れて貼りつくようです。ずぼぼぼーっとすすり上げるとスープの湯気と味わいで鼻孔の奥に一層スープ臭が広がる。そのあと前歯を立てて力を入れて、クシクシと噛みちぎってゆくと、中からグルテンのさわやかな風味が広がるのが快感です。また奥歯へ運ぶと今度は、まぎれていたキャベツと一緒にプレスされる。温野菜の歯応えが混じりながら、ザクザクヌチヌチと交じり合いながら食らうと、味変化してこれまた楽しいですー。
 

f:id:TOMASSOON:20180514124253j:plain

 

 濃厚なスープには、やはり密度感がやや高いグルテンの受け止めが一番似合いますねー。今回はライスをセットしませんでしたが、それだけに炭水化物への期待は、麺に集まる。グニリと麺を噛みちぎるときに、貼りついた濃厚豚骨の味が中に染み入る。この時点で唾液が溢れだして、グニグニとやっているうちに旨みが昇華。理科でならった、でんぷんに変化してゆくというやつですかな。とにかくカタメのストレート麺には塩気が似合う!。でんぷんの淡い甘味と塩気がマッチするような・・・・そんな妄想を思いつつ、ただひたすら食い続けた・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20180514124303j:plain

 



<炙りの入った本格的チャーシューじゃないか!>

 キャベツとほうれん草に下敷きになってた肉をピックアップしましょう。するとそれは腕に近いようなロース肉と思われるような、複雑な繊維質と脂の差し入り。噛むと適当にハードな感じで、塩気はナチュラル。よく見ると外側に炙りをされたような引き締まりがあり、想像以上に本格的な叉焼。キャベツに気を取られがちだが。、チャーシューメンにも激しくそそられます。噛むと旨い肉ってのも、いいね。柔らかい肉だけがもてはやされてるけど、男っぽいスープには、こういう男っぽい肉が良く合うと思います。
 

f:id:TOMASSOON:20180514124255j:plain

 



<見栄えワイルドでも優しい甘味のキャベツ!海苔は麺とで食い倒す>

 ざく切りのキャベツ。テボへざざっと投入されて湯切りされそのまま麺の上に乗せられます。味付けにタレを少々振りかける。なので部分的に辛さが高いのですあ、青い部分はそれなりに、また白い部分はとても温野菜らしい甘味を放出します。本当はここにブラックペッパーと少し降ると、すごく旨いんだよな~。ちょと今回はスープの塩分が高いため、それに沈めて味付けがてらに、おいしくいただきました。
 

f:id:TOMASSOON:20180514124215j:plain

 

 また海苔は、全部麺に巻いて食い倒しました。もういい歳なので、重いラーメンとライスを全部くらうと、腹パンで死にそうになる~。ごごからまた会議もあったし、腹パンで居眠りするわけにもいかないからねー。
 

f:id:TOMASSOON:20180514124218j:plain

 



 総じまして、「男の昼メシ的濃厚ワイルドエキス満タンの豚骨醤油!」と言う感じでしょうか〜。とらきち・ど根性の濃厚なる家系の一杯。白楽と東白楽両方からアクセス可能ですが、家系なら、白楽は「末廣家」、東白楽なら「とらきち家」と使い分けていくつもりです。それにしても、今年の阪神はすでに浮き沈みが激しすぎる・・・。早く借金返して、上位に食い込んでもらいたいと思います。六甲おろしが吹かない横浜で、がんばれ!とらきち!。という応援をしつつも、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。


   パラソルを
   軽く揺らせる
   夏の風


   運ぶ香りは
   男の豚骨


 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
 YouTubeにまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 東白楽駅白楽駅東神奈川駅

 

 

【今週のラーメン3256】 麺屋 さくら井 (東京・三鷹) らぁ麺・醤油 + 本醸造霧の塔 〜数多の淡麗系の中にして免許皆伝!青は藍より出でて藍より青し!

<突き抜けるとは、プレゼンスを築くことなり!青は藍より出でて藍より青し
 
 もはやランキングに関係なく、ここのところ並びが半端ないのであります。みなさん、くれぐれも、近隣様には迷惑だけはかけないようにしましょう。土日は時間を問わずすごい行列状態。ならば平日夜はと、ここのところ狙っては食っていた次第です。ところがそれも最近になって行列が伸びつつある・・・・。こうなったら平日夜の雨の日しか狙えないのか!!と思って突撃しようと三鷹駅で降りたものの、豪雨でそれどころではなかったりする。

f:id:TOMASSOON:20180513143901j:plain

 
 
 そんな体験があったのですが、執念深いオレは、ほぼ諦めつつもとある休日午後、雨の日、閉店間際に、もしや?・・・と思って訪問してみれば、信じられないことに「待ちなし!」でした。こんな「さくら井」最近見たことない!。と言うことで早速入店!!!しっかし、入るといつもなら丁重な応対があるはずが、一瞬だけ微妙な空気が流れてる(汗)。もしや、オレが「CLOSE」を見逃して入店したか??。しかしそれは誤解で、どうもこれから「CLOSE」の看板かけようとした瞬間とダブった見たい(笑)。正真正銘、私がこの日最後の客だった次第です。
 

f:id:TOMASSOON:20180513143934j:plain

 
 
 嗚呼【今回は美味かった!】のです。 明らかに「さくら井」の味はこれ!と確立した感もありなむ。今回は、この数年でもトップクラスにハマる一杯でありました。
 
 
 
<今宵の酒:霧の塔本醸造
 
 別に酒に酔った勢いではありませんが、この酒も美味かった。あとでネットで調べたら、新潟県津南町のお酒ですね。こちらでは基本的に辛口の酒を置いているようです。この酒は、キレがあるけどキレ過ぎないほどほど感が心地よいかも。そして、甘みをアピールしすぎもしない。それでいて水のように飲める淡麗さがあるから不思議な酒。大吟醸でなくともこれなら毎日でも楽しみたいお酒ですよ。実は・・・後でアマゾンで購入してしまいました(爆)。
 
f:id:TOMASSOON:20180513144156j:plain
f:id:TOMASSOON:20180513144324j:plain
 

 
 
<巷に溢れる淡麗系の中で、これは!?違うところ・・・・>
 
「どこかレシピでも変えたのか?」と思えるほど、今回は一皮剥けたような、鮮やかさとコク深さを感じました。淡麗系と言うと透き通った清湯で丁寧に煮出し、しかも煮干や鶏ガラをベースとしながら、タレか香味油の個性の加減で方向づけをするんでしょうか。つまり「バリエーションや選択肢が少ない」ために、素材感に頼るところが多いんじゃないかと・・・素人ながら思うのです。だから、よく同じような味になりやすい。これってラーメンの宿命なのかもしれないけどね・・・。この全般的な極め付けの例で言うと、「またおま系」と揶揄された濃厚豚骨魚介でしょうか。
 

f:id:TOMASSOON:20180513144513j:plain


 
 じゃなぜ、突き抜けた感を、今回これに感じたか?と言うと、甘みです。見渡せば、神奈川方面だと、まるでバターに匹敵するような「鶏油」のコクで色気ある仕立てにすることが多い気がする。また北関東方面に行けば、煮干の香ばしさを上品かつ個性的に仕立てているところが多いかも。関東平野は広く情報も広がるし、また支店展開で入り乱れるから、「カオスな淡麗系の広がり」でしょうか。
 

f:id:TOMASSOON:20180513144518j:plain

 
 
 このスープにはそれらとは少し違う甘みをほんのりと感じるのです。鶏油を控えて味醂をぶち込めば簡単な話かもしれません。私があまりにも、忘れがちな旨味が含まれているような気がして・・・。それらはこれまで少し述べているかもしれませんが、グアニル酸系の、つまり干し椎茸系の甘みのような、優しさを、個人的には感じるわけです。
 

f:id:TOMASSOON:20180513144520j:plain

 
 推測・妄想は別にしても、この味わいは、「さくら井」でしか感じられないと今回はっきりした次第。「突き抜けるとは、プレゼンスを築くことなり!」。数多の淡麗系の中で、目をつぶっても「さくら井」の味はわかるような気がしました。どこで修行されたは存じませんが、正しく「青は藍より出でて藍より青し!」です。
 

f:id:TOMASSOON:20180513144529j:plain

 
 
 
 
<仄かなクツリ感が脳裏に残る歯応え!>
 
 ここから先は、気分がノリにノッてしまったから、話半分でごめんちゃい。偶然なのか不明ですが、麺がこれまた、これまでで一番好みの感じでした。麺を変えたか?湯で時間を変えたか?はたまた・・・オレが酒(きりの塔)で酔っているだけかもしれません。
 

f:id:TOMASSOON:20180513144549j:plain

 
 淡いクツクツ感を一番感じました。こちらはしなやかさを求める麺かとイメージしてましたが、そのギャップが斬新に感じたようです。麺の風味もほのかに感じ取れて、スープの旨味と融合してゆく感じが非常に伝わりました。これがデフォルトなのか?過去の自レビューや、次回訪問で確かめたいと思いました。
 

f:id:TOMASSOON:20180513144559j:plain

 
 
 
<しっとりさ100%のレアチャーシュー!これもこの店の決め手だね!>
 
 レアチャーシューは、都内で花盛りですが、その中でもこちらの肉のしっとりさは、比類なき。これほど筋肉線維を感じさせない肉があっていいのか・・・。肉の筋って歯応え歪で外したい部分。しかしこの周りほど脂肪があったりするもんだから、捨てがたい。豚肉もソテーにするぐらいなら、オレでも除くことができるけど、レアチャーシューの場合ってどうなんだろう。
 

f:id:TOMASSOON:20180513144521j:plain

 下味の浸透にも興味津々。これほど肉としてしっとり感ある肉に、嫉妬するほどに悶絶旨さです。これも、さくら井の評価が上がるポイントに違いない!
 
 
 
<味玉にハズレなし!・・・さりげないサービス味玉>
 
 最後の客だからか・・・端が崩れた半味玉をサービスしてくれたみたい。あざーっす!。でも本当は、閉店間際に、オレが訪問しなかったら、スタフの賄いになってたのかも?と思うと、賄いを奪い取った気がして気がひける。いつもながら、トロミと周囲のスカッとした部位とのグラデーションが見事!。旨し!。嗚呼、味玉にハズレなし!
 
 
 
 総じまして、「数多の淡麗系の中にして免許皆伝!さくら井流!青は藍より出でて藍より青しと言う感覚でしょうか。参りました。本当はもっとメンマについても語りたいほどに、美味かった一杯。行列が伸びるのは、仕方のないことでしょう。一年あまり前の晩秋の日に、突如こんな店が、こんなエリアで開店した感動を今更ながら思い出しましたよ。これからも、感動を伝え続けてくださいまし。今回は、余韻に浸りながら・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   とぼとぼと
   雨露越えて
   さくら井へ
 
 
   甘露の醤油か
   旨さに震えん
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeでまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

 

 

 

 

【今週のラーメン3255】 Noodle Kitchen GUNNERS (川崎・新丸子) 蛤と鯛兜の酒蒸そば ~大人の塩そば!酒好きの塩そば!今だけ限定の塩そば!

<とある臨休ショックを見事なるリカバリーショット!>

 休日明けってテンション上がりませんよねー。こんな日は、朝ラーメンでもして気合を入れたいところですが、朝いつもの通りに起きれなくて、始業時間ぎりぎりにオフィスにたどり着きました。その後もどうも仕事にノレない。しかたねー、ちょっと昼飯はいいもん食うか!と武蔵小杉へ向かいます。狙いは「麺や でこ」で香味煮干を食らうこと!。ところが、こういう日に限って臨時休業してまして・・・・目の前が真っ暗でござますよ。もう他へ移動する時間もない。ま、押さえと言えば申し訳ないが、近くにある「Noodle Kitchen GUNNERS」へと逃げ込みました。
 

f:id:TOMASSOON:20180521181222j:plain

 

 ありゃりゃ、いつの間にか全面改装してましたこの店箱。二階が使えるようになっただけではなく、入口の位置が表側から路地側に変更とあって、逆に不便じゃないの?と思えています。風水の都合かしらん。しかし行列で並ぶにはちょうど良いスペースがこれで出来たような気がします。気分的には、ショックのあまりもうこれ以上悩むのやめにして、醤油か塩のデフォルト食って帰るつもりでした。ところが「限定」が目に止まる。
 

f:id:TOMASSOON:20180521181131j:plain

 

「蛤と鯛兜の酒蒸そば」・・・なんとまあ、魅力的なワードの羅列なんでしょう。店の雰囲気とは真逆の純和風なるイメージと音の響きですよ。迷わずそれの券売機ボタンをプッシュ!。早速カウンター席へと誘導していただきました。嗚呼、一時はどうなるかと思ったけど、まさに拾う神ありじゃな。



<見事なる酒蒸こぼれ汁の味深き哉!蛤の滋味が濃ゆく、鯛の風味が上品にまとう!>

 久々にここに来たけど、以前よりも流行っている感じがありあり。以前よりは客のバリエーションが増えていると思われ、普通のおばちゃんなんかもサクッと食べに来てるっていう様子。二階席作ってより発展してよかったですね。と思いながらスカパーでプレミアムリーグか何かの試合録画なんか見て、ぼんやりと待ちながら過ごします。丁度いいシーンになったところで、配膳が完了!一気にサッカーからラーメンに気持ちを切り替えました。そんな切っ掛けを作った麺顔はこんな感じ。
 

f:id:TOMASSOON:20180521181133j:plain

 

 おおお!まさに蛤のお出迎え!単なる出汁だけでなく、身もトッピングにふくまれておりますよ!。しかも引き算せずピンクのチャーシューもご立派に鎮座してる!。薬味も鮮やかな緑と紫がいい補色関係を形成して、見た目にも鮮やかで盛り付けもうつくしいい。そして汁が・・なんとも仄かに霞んでいて、海系のエキスの芳醇さが見ただけで分かる。少しまえは落ち込んでいたのが嘘みたいに、食う前から「これはヤバいやつかも」と期待が高ぶってしかたありません。
 

f:id:TOMASSOON:20180521181156j:plain

 

 蛤の酒蒸・・・これは、日本酒はおろか白ワインでも簡単に作れる上に滋味の深さは半端ない。この一杯は、醤油か塩かを選べるのですが、酒飲み野郎なら、おそらく塩を選ぶのではないでしょうか。静かにレンゲですくってまずは一口味わう。すると、あの酒蒸しの汁そのもののエキスが実に深く染みわたる!。ヤバウマってやつでして、蛤の滋味がじっとりと響くのに、出汁そのものはサラサラとしてます。これは出汁茶漬けでもできそうな高級な仕上がり感。ベースの鶏ガラも邪魔をせず、旨みを増幅させているかのような福よかな味わいがいいね。またそれだけでなく、鯛の兜も酒蒸しにはエキスとして溶けているようで、言われなければ気づかないほどではあるが、風味がやわらかく広がります。
 

f:id:TOMASSOON:20180521181157j:plain

 

 また薬味がいい仕事ぶり。アーリーレッドのみじん切りは、見た目以上にその独特な清涼感が、蛤エキスを刺激し、また三つ葉の千切りが白ごまと和えられ、その断面からフレッシュな苦みと香りを感じさせます。それらが蛤の貝出汁で非常にヴィヴィッドに感じられ、歯応えと共に相乗効果を発揮してます。たまたま通りすがりで食ったけど、これは最高の偶然だ!。
 

f:id:TOMASSOON:20180521181200j:plain

 



<トッピングは蛤の剥き身!ふわふわジューシーで唸るしかない!>

 興奮が収まらない。トッピングの蛤のむき身が、ツマミにできるほど多めに投入。しかもよく見ると、貝柱の部分もちっちゃいけど含んでおります。実際に食うと、予想をはるかに超えて、ぷりぷり&ふわふわジューシー!。マジでこれだけで、立派な一品料理になるのでは?と思えるほど質感が高い!。こりゃ唸るしかない旨さですよ。興奮で箸を持つ手の震えが止まりません。
 

f:id:TOMASSOON:20180521181159j:plain

 



<低音ピンクの豚ロース肉チャーシューも滋味深く!噛むほどに旨し!>

 蛤主役と言えども、肉の引き算はなくてよかった。豚のロース肉でしょうか。脂身が少な目で、赤身の素直な味わいがいい感じです。スープも適当に染みこんで、それはそれで旨いのだが、ベースの肉味が品よく、軽く薬味を振って食らうとなお旨し。歯応えが適度にあるので、噛んでこそ肉味を楽しめというかんじです。飯よりもお酒に合うタイプ。貝出汁を少し吸ってうすい塩味になった肉も、かなり旨い。

f:id:TOMASSOON:20180521181158j:plain

 
 

<ストレート細麺!淡い歯応えの後は汁浸透した旨味に溢れる!>

 スープとトッピングにすっかり魅了されてしまって、麺が後回しになってしまいました。単なるレビューの順番でなく、その時その場の雰囲気としても。とてもナチュラルな色合いが印象的で、加水は中程度。密度感がそんなに高くありませんが、食べ始めるところは淡くクツクツっとした歯応えがあります。汁を吸い込み勝ちなキャラと感じますが、直後からクスクスとした前歯の当たり方に変化し、奥歯で潰すとクチリと淡泊に潰れます。
 

f:id:TOMASSOON:20180521181219j:plain

 

 麺と麺の隙間でスープを持ち上げるのも得意そう。こういうのはレンゲで下支えしながら食らうと(一部では女食いという言われた手法)、スープ旨みとふんだんに混じるからとても美味しく食べれまさす。粉の風味よりも、スープと一体となったときの甘味旨みに優れたタイプだいうのが私の個人的な印象です。
 

f:id:TOMASSOON:20180521181220j:plain

 


 総じまして、「大人の塩そば!酒好きの塩そば!今だけ限定の塩そば!」と言うなんだかまとめて切れずに、ごめんちゃい!。これはいい蛤が出回る春あたりだから限定メニューなんでしょうが、できることならレギュラー化してほしいかも。それは無理でも、毎年定期的にやってほしいかと強く思いました。貝好きな方なら、一度は食っておくことをおススメしたい!。日本酒があればグッドなんだろうけど、ハイネケンが備わってました。また食いに行くかもですかな・・・こんどは醤油?。ともあれ昼飯難民をすくってくれたばかりでなく、感動もくれて感謝極まれり。それを忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。


   炎天下
   昼メシあてが
   大ハズレ


   拾う神なる
   酒蒸沁みる


 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
 
f:id:TOMASSOON:20180521181110j:plain
f:id:TOMASSOON:20180521181111j:plain
f:id:TOMASSOON:20180521181130j:plain
 
 

関連ランキング:ラーメン | 新丸子駅武蔵小杉駅

 

 

【今週のラーメン3254】 MENDOKORO きなり (東京・東中野) 味玉Ra-men 白醤油 + 純米吟醸 奥の松 〜崇高なる都会的お座敷白醤油そば!

<どんどん進化して行く東中野
 
 最近、仕事関係であまりいいことなくてね〜。辛い毎日を過ごしつつあります。今年はキツイぞ〜、分かってたことだが〜。いい話、面白い話もないし、テレビを観ても本当につまらなく思える。
 

f:id:TOMASSOON:20180519113924j:plain

 
 
 そんな毎日で、通勤経路の東中野に「きなり」さんが移転してきたことは、最近にないビックニュース!。辛抱できないーので、早速訪問してみました。平日夜に余裕ができるようになってからでも良かったのですがー。個人的には、駒込時代に塩を食いそびれたしまいましたので、ちょっとリベンジ気分もありました。それにしても、人気店「かしわぎ」の近くにやって来るとは、これもまたすごいね〜。私にとっては嬉しい悲鳴になってしまうんですが。これからどんどん東中野が、ラーメンで注目集めるエリアになればと、期待が高ぶります。
 

f:id:TOMASSOON:20180519114012j:plain

 
 
 休暇日だったので、昼間開店前に、早すぎるタイミングで訪問し、場所だけ確認するつもりが、嗚呼もう並んでるやん(´・_・`)。しかも、名前も知らない顔見知りのお姿も見受けられる。根性あるな〜^_^。仕方なくそのまま行列に連結して、開店一巡目をゲット致します。暇なので一応メニューをチェックしだしますと、私が駒込時代に認識していた構成とは、少し違っておりました。メニュー表と券売機のポールポジションには、「白醤油」。続いて塩ではなく「汐」。そして「濃口醤油」と言う順番です。うー、迷うね〜。計画通りに従えば「汐」なんだけど。まぁどうせ、今後は通勤帰宅タイミングで、訪問すること増えると思うので、上から順に攻めて行こうと思います。今回は「白醤油」。
 
f:id:TOMASSOON:20180519112650j:plain
f:id:TOMASSOON:20180519113926j:plain
 
 
 
 
<奥の松:甘さ芳醇にして辛さも感じさせるボディ感>
 
 行列が伸びてやや早めに開店してくれました。非常にこじんまりした感じありますが、結構効率的な座席配置でして、カウンターだけでなく、テーブル席やボックス席まで確保。これは家族連れにも嬉しい配慮です。さてまずは、日本酒をいただこうかしら。昼間から呑む奴って、行列の中でもオレくらい何でしょうがー。
 

f:id:TOMASSOON:20180519112900j:plain

 
 小瓶で提供してくれました。一升瓶と枡グラスってのを期待してたんですが、まあこれはこれで気軽です。適度に冷えていて、この日は湿度が高かったからいきなり小瓶が汗をかきます。味わいとしては純米酒らしい芳醇さと甘さといったボディの厚みを感じます。ただ甘ったるいだけでなく、どこかしらキリリとした感があって、バランス的には悪くない。甘みがあってどこかしら辛口といった味わいがいい感じです。半分飲み干して、あとはチャーシューと味わうためにとっておきましょう。
 
 
 
<魅惑の白醤油感!塩よりもかなり円やかなカエシの輪郭と醸造の風味!あっさり味の中に魚介系の旨味が明るく響く!>
 
 だいたい他客のオーダーだと、「白醤油:汐」が「6:4」程度。駒込時代を知っている方は、「汐」なんでしょうか。直前のお客さんは、そんな方のようで、その違いを楽しんでいるのか、「っあ〜〜!」とため息のような感動の声を漏らしつつ、しみじみと味わっておられました。きっとこの店の本当のファンなんだね。などと感心していたら、私の配膳が進みました。ちゃんと恭しくお盆に載せられて、客の左側から寄せてきます。それはこんな麺顔!。
 

f:id:TOMASSOON:20180519113312j:plain

 
 
 うおおおーーーー、今風というか、コンテンポラリーな中華そば。いわゆるティピカルなネオ中華そばって感じがありありで、全体的な質感の高さはオーラのように伝わってきます。白醤油と聞いたからもっと淡い色合いかと思ったらそうでもない。ただ柔らかそうな輪郭だけは伝わってきます。レア肉の艶かしさが実にいいね。着物の裾からふくらはぎが露わになるような、落ち着きとエロさに似たものを感じさせますよ。また薬味ネギのような日常的なのを排して三つ葉。そして根菜めいた薄切りスライスが、全体の崇高感を高めているようです。
 

f:id:TOMASSOON:20180519113322j:plain

 
 
 実際に味わうと、これがまるで尖がなくて沁み入る〜。鶏ガラのエキスがすっと入ってきて重さを全く感じさせません。では魚介が強いのかと言えば、そうなんだろうけど、そう感じさせまい円やかな味の輪郭。節系の旨味や昆布等の旨味が優しく染み込んでいるようです。塩気を舌で探し出すと旨味にたどり着いてしまうという、ナチュラルなカエシ感覚は、白醤油の仕業なのでしょうか。本当にいちいち引っ掛かりがないから、ついついスープをいつもより多めに啜り飲んでしまいます。
 

f:id:TOMASSOON:20180519113331j:plain

 
 
 また後半になると麺の風合いもスープに移ってっくるので、甘みが微かに増すようなイメージ。三つ葉の清涼感も程よく、箸休めの青菜は小松菜と思われ、フレッシュで淡い苦味がよく合っています。
 
 
 
三河屋製麺:程よい密度感と歯ごたえ!風味感と汁浸透の旨味がゆっくりと味風景の遷移を写す!>
 
 麺箱が覗き見れました。三河屋製麺らしいです。このブランドなら個人的には中太麺と遭遇することが多いのですが、清らかで自然なストレート細麺もまた見事です。密度感はやや低めで色白。ストレートさがとても美しく、練り水をかなり抑えたようで、グルテンの風合いがとても自然体で柔らかいです。前歯に当てて力を入れると、スパスパと小気味好くちぎれ、麺と麺の隙間に入り込むスープも芳醇。いわゆるスープの持ち上げってやつも、なかなか楽しませてくれます。
 

f:id:TOMASSOON:20180519113358j:plain

 
 
 奥歯で潰そうとする段階では、顎の奥あたりから唾液が吹き出るような興奮を覚えます。スープの旨味と炭水化物の風合いが一体感して、すんなり別の旨味へと姿を変えていく様がいい感じ。また後半になるとスープを吸い込みがちになるので、腰つき全体がしなやかになっていきます。こうなると啜り上げがとても楽になりますので、ズボボボボっと思いっきり吸い上げてしまう。140g弱と思われる麺量はあっというまに胃袋へと収まります。
 

f:id:TOMASSOON:20180519113408j:plain

   
 
 
<コンテンポラリー&ポピュラーな二種チャーシュー!酒で楽しませていただきました!>
 
 ここ数年は、低温調理の肉が主流になって行くのでしょうね。こちらもそのタイプで、鮮やかで優しげなピンク色の赤身が実にうまそうです。脂の差しもバランスよく、型ロース肉になるのでしょうか。塩気も低めで肉自体の味わいが自然に楽しめますし、脂身部分は舌の熱で押しつぶされるように甘くとろけます。そこで、半分取っておいた「純米吟醸 奥の松」をチビチビと味わう・・・・ああ、最高の休暇日っていう感動に包まれます。
 

f:id:TOMASSOON:20180519113324j:plain

 
 
 また鶏の胸肉も最近ポピュラーですね。これもコンフィのように洋風に思えますが、日本酒にも合う。本当に肉自体に味はあるのかと錯覚するほどに薄味でうが、単体で食うとしっかりと、仄かで上品な味わいが広がります。今回は、酒があったのだから、特製にして肉増しにしても良かったかな・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20180519113347j:plain

 
 
 
<味玉にハズレなし!>
 
 塩ダレで漬けたようでもあり、その塩気の薄さや円やかさから白醤油出汁に漬けたようにも思える。そんな薄味味玉ですが、実にうまい。白身はほんのりと味がある程度ですが、卵黄部分は元からの濃厚さに下味が加わって、まるでソースのような濃密さを感じます。トロミが非常に多めですが、卵黄周囲は少し色が変わっており、舌触りも複雑になることから余計に甘く感じます。嗚呼、味玉にハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20180519113450j:plain

 
 
 
 総じまして、「崇高なる都会的お座敷白醤油そば!」と言う印象でして、これは正に安心して食えるし、友人にも進められる高品質感と言えましょう。この感じなら、汐もさることながら、濃口醤油はどんな味風景なのだろうと今から次の訪問が楽しみになってきました。まだラインナップが一つ増えそうだし、ますます目が離せません。近くの名店と客を奪い合うというより、全体で盛り上げて客の吸引力を地域として高めてもらいたいと思う次第です。嗚呼、これから帰り道の充実ぶりが上がって楽しくなってきた!。そんな感動を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   街の色
   夏のムードが
   じわじわと
 
 
   ラヲタ熱気も
   じわじわ暑く
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
YouTubeにまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 東中野駅落合駅中野坂上駅

 

 

 

 

奥の松 特別純米 720ML

奥の松 特別純米 720ML

 
奥の松 純米吟醸 1.8L

奥の松 純米吟醸 1.8L

 
東中野、トランス盆踊り

東中野、トランス盆踊り

 
さんぽガール まほまほぷりんさん 東中野編

さんぽガール まほまほぷりんさん 東中野編

 

 

【今週のラーメン3253】 純手打ち 麺と未来 (東京・下北沢) 特製塩らーめん 〜じっとり感とふわふわ感で心蕩ける!ほっこり太麺!

<こだわる事って大切なんだと思う>
 
 仕事してて、最近の若い人って偉いなーって思うことが結構あります。結局、人によるんだろうけど、いい歳して、本当に精神年齢が低くて泣ける人って結構多いよ。このご時世で、タバコの吸い殻を道路に捨てたりしてる大人が何と多いことか。そんな世の中で、地道に好きなことに自分を磨いて精進してる若者を見たりすると、本当に泣けてくるね。応援したくなっちゃう。私がラーメンに固執するのは(ラヲタ)、そんな若い方々が、精一杯自分の夢に賭けて、自分の店を開業し、さあ頑張ろうと言うエネルギーに接したい・・・そんなところも実はあったりします(真面目な話)。
 

f:id:TOMASSOON:20180518192736j:plain

 
 
 そんな感じで、非常に多忙であった一週間が終わったとある金曜日の夜、ちょっと気になる新店舗の情報を、ラーメンデータベースで発見したものだから、わざわざ遠回りして「下北沢」まで寄り道して見ました。何たって名前がいい。「純手打ち」・・・まずこれが、ピロピロした縮れ太麺を彷彿とさせて聞こえが良い。そして「麺と未来」・・・これが今若い人がこれからウチ出て行くと言う、夢と覚悟が伝わっって来るようで、何とも清々しい。好きなことにこだわって、突き進んでいくと言うことが、とても伝わりまして、身が引き締まる思いです。そんな夜だった〜。
 

f:id:TOMASSOON:20180518194755j:plain

 
 
 店箱は、サイケだったり、ロハスだったり、アーティスティックな街下北沢としては、とても落ち着いた和風な構え。奥に細長いカウンターメインの店で、非常にスッキリしております。一番奥に見せるように製麺室が控えており、手打ちの実演ショーでもできそうな作りになってていい感じです。券売機がないから落ち着いて感じるのかしらん。今回は、ご祝儀気分で「特製」を注文いたしましたー。
 

f:id:TOMASSOON:20180518192855j:plain

 
 
 
<このモチモチニュルニュル感覚は初めての食感かも!蕩けるような滑りが嬉しすぎる!>
 
 塩らーめん専門店なのか・・・とてもシンプルなメニューラインナップ。デフォと、特性と、海老わんたんの3つしかない。あとは数点のサイドメニューだけ。まずこれだけで、こだわりの深さを感じますね〜。麺が売り切れ次第閉店と言うことらしいけど、実は塩スープもそうだけど、麺のこだわりは強いみたいです。まず麺顔はこんな感じ。
 

f:id:TOMASSOON:20180518193842j:plain

 
 
 おお・・・よく出来た感のある質感。バラ肉チャーシューと、透き通って見える太麺が何となく喜多方風に感じたりもします。しかし、海老わんたんがちょっとニュアンスを変化させて、コンテンポラリーな塩そばっぽい感覚もありなむです。しかし麺を引き上げ出すと、一気にテンションが上がる!
 

f:id:TOMASSOON:20180518193846j:plain

 
 
 うおお・・・これは何と言う太さだ!ピロピロ感だ!色々例え方が難しいですが、まるで甲府名物「ほうとう」のような見栄えではありませんか!。きしめんどころの騒ぎではありません。これはハンドメイド感がすごく伝わるし、アイデンティティとこだわりも感じ取れます。食うともっとテンションが上がる!
 

f:id:TOMASSOON:20180518192939j:plain

 


 

 わおお・・・「蕩けるような滑り」。ツルツルと言う一般的な滑り方で片付けられない。例え方が悪いかもですが、水炊き等鍋料理に餅を入れることあると思うけど、あの表面が半分ふやけたような餅をズルズルと啜るようなそんな蕩け。実際はそうじゃないけど、表面だけが蕩けるように滑るとかんじました。さら、咀嚼が始まるとまた更に、テンションが上がります。
 

f:id:TOMASSOON:20180518193937j:plain

 
 ほおお・・・「粉感が強い」んだね。加水が極めて高いと思えるんだけど、本当にふわっと感じるような小麦の粘った香りがする。そしてスープも吸い込んだりするから、咀嚼する毎に唾液が吹き出し、旨味が昇華するような気分です。大盛150円と一般からすると少しお高めだけど、パフォーマンスは高い。「純手打ち」と屋号にふった冠は伊達ではありませんぞ。
 

f:id:TOMASSOON:20180518193948j:plain

 
 
 
 
<しっかりピントがあった崇高ながらも力強さある塩汁感覚!麺の風合いも溶けてるような旨味あり!>
 
 麺が極めて特徴的な分、スープはもっと手が抜けないし、バランスを取るのが難しそう。しかしあっさりと課題をクリアしてゆきます。塩ダレは色々と店のウンチクによると、こだわりの塩を使っており、ミネラル豊富って感じ。一方、出汁の方は、手羽先を使った動物エキス感ですが、どちらかと言うと、魚介の方が精力的な味風景。浅利や節系が色々と混じっているようですが、私個人的には煮干し系の図太いエキス感と塩ダレの結合を感じます。節系などもキリッとした旨味も感じますので、非常に魚介バランスが良く、塩気と合います。
 

f:id:TOMASSOON:20180518193849j:plain


 
 麺から吐き出される炭水化物の風合いも俄かに感じますが、これは気のせいか。スープにほのかな霞を生じさせますが、炭水化物系の甘みが、塩気をまろやかなにしているようにも感じさせます。
 

f:id:TOMASSOON:20180518193915j:plain

 
 
 
 
<控えめで大人しさが上品にも感じるバラ肉チャーシュー>
 
 特製にしては、肉がおとなしく見えるのは、海老わんたんがあるからでしょう。喜多方を連想させるような断層キレイなバラ肉。4切れですが小ぶりで、そんなに厚くもありません。だた全体的に豚エキス感が低めな味わいの中で、貴重な豚の存在感がいい感じです。
 

f:id:TOMASSOON:20180518193851j:plain

 
 
 
 
<海老ワンタンはプリプリと言うより「ブリブリ」とした歯応えと旨味が高いタイプ>
 
 三角巾のように織り込まれたかのようなワンタンです。メニュー名から分かってる「海老ワンタン」なのですが、この歯ごたえがまたいい!プリプリっとした明るい高反発のイメージいたら、ややハードな歯ごたえで味わいが濃ゆめでちょうどよろしい。海老はプリプリさを大切にするもんですが、今回は少し男性っぽく「ブリブリ」ってな感じで噛み潰してゆくのが、いちいち楽しいのです。「海老塩わんたんめん」は、すでに人気メニューらしく、既に売り切れありがちとのことですので、ご留意を。
 

f:id:TOMASSOON:20180518193906j:plain

f:id:TOMASSOON:20180518194029j:plain

 
 
 
<味玉にハズレなし!>
 
 見事なる・・・しっとりハードな卵黄。とろみは少なめですが、湿り気は全体に豊富でジャムのような粘度になっとります。芋羊羹状態で、ペッタリと舌にまとわりついて、濃厚な味で楽しませてくれます。言わずもがな、塩味玉で、白身のナチュラルな塩美味さがいい感じ。嗚呼、今回も味玉にハズレなし。
 

f:id:TOMASSOON:20180518194015j:plain

 
 
 
 
 総じまして、「じっとり感とふわふわ感で心蕩ける!ほっこり太麺!」と言う感覚でして、これは間違いなく流行るだろうな〜なんて既に思えます。きっと手打ちだから、数量はそう多く打てないので、流行ると早々に店じまいってパターンが予想できる。行っとくなら今かもよーって感じました。また来るか?と自問すれば、当然!今度はデフォルトでお茶漬けセットを試してみたいかも。下北沢は本当にいいラーメンが集まりだしたと、改めて思う次第です。やっとほっこり気が抜けた・・・・。そんな気分でとっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   やれやれと
   仕事の悩み
   解き放ち
 
 
   心蕩ける
   優しき麺哉
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
YouTubeにまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 下北沢駅東北沢駅池ノ上駅

 

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)

 
下北沢ものがたり

下北沢ものがたり

 
下北沢について

下北沢について

 
下北沢

下北沢

 
下北沢ダイハード Blu-ray BOX(5枚組)

下北沢ダイハード Blu-ray BOX(5枚組)

 
下北沢南口

下北沢南口

 
下北沢古着屋

下北沢古着屋

 

 

【今週のラーメン3249】 手打ラーメン 長八 (千葉・初石) ねぎチャーシューメン 〜ホームメイド感とワイルド感の融合!ハイブリッドねぎチャーシュー!

<怒涛の地元民行列店!誘惑に身を任せてみた結果、>
 
 とある店で、Nattoらぁ麺を食って、そのまま帰路に着かずに近くのデニーズで休んだことがいけなかったのか!?。結構、朝からしっかりとラーメンを食い飲み干してしまったから、腹ぱんで休みつつ、やることなくてパソコン開いてた。たまった仕事メールを一通り処理して、まだ暇だったから、ラーメンデータベースを眺めて過ごす〜。
 
 「やっぱり無理かな・・もう一杯!」
 
 実は、ここから1キロほど歩いたら、何だかんだ有名な店があることを、先日偶然見つけてしまいました。腹ごなしも兼ねて、せめて場所だけ確認して帰ろうーと、向かってみます。もし、サクッと入れて食えるのか?。ところが凄い行列でして本当に諦めて駅へと戻ろうかとても悩む・・・。そうだ、悩むなら並びながらでもできるから、とりあえず並ぶ。
 

f:id:TOMASSOON:20180512123226j:plain

 
 
 ところが皮肉なことに、ちょうど歩いたことがいい運動になったのか、腹に余裕が少しづつ出てき始めました〜。ここで悪魔が囁き出し、「行列並び終えたら、きっと食えるぜ!ここまで遠征して来て勿体ない〜」と耳打ちしてくる。嗚呼何ということか、悪魔に魂を売り渡したオレです。予定調和だったんだが、妙な意地と誘惑に流されて、今回は「手打ラーメン 長八」で食いましょう!。
 

f:id:TOMASSOON:20180512115411j:plain

 
 
 そう腹が座ったら、なんでか暴走モードに突入。デフォルトメニューにしておけば良いのに、今回食ったのは、「ねぎチャーシューメン」。あまりにも先人たちの評価がよく、差がありすぎなのがいけないのだよ(こうなったら、全部他人のせいにするさ、だって悪魔だもん)。
 
f:id:TOMASSOON:20180512115418j:plain
f:id:TOMASSOON:20180512120623j:plain
 

 
 
 
<焦がしねぎのフレッシュ甘味と香ばしさ!豚の素朴な煮出しエキスと融合する、懐かしの醤油感覚がナイス!>
 
 それにしても、家族で行列してラーメン食べるのも見ていたら大変ですな。子供が小さいとじっとしてませんからね。親の都合に付き合わされてるのでしょうが、子供はちょこちょこ動いては叱られてる。ちょっと自分にも身に覚えもあってどちらにも同情致します。そんな家族と同じタイミングで店内へと誘導sされ、私は大きなテーブル席に着きました。昔家族でラーメン食ったよなー・・・、半分懐かしくもあり、和んでいたところで、ちょうど配膳が完了いたします。それはこんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20180512122516j:plain

 
 
 おお!「手打」って言うから、もっと白河系とかそんな雰囲気と思っていたんですが、とても家庭的なハンドメイド感が伝わる素朴ってやつですよ。ちょっとありそうでないね。特に炒め?状態になってトッピングされてくる「ねぎ増し」だとは。焦がしネギと言うともっと、細かくて茶色いのを連想しますが、真逆です。またチャーシューがすごいごっつい!。そして、ねぎラーメンなのに、薬味ネギが別としてちゃんと追加されてる。なかなか面白く、ツッコミ所満載です。
 

f:id:TOMASSOON:20180512122524j:plain

 
 
 スープが、あっさりと思いきや、あっさりでもなく、こってりでもなく、不思議なじっとり感覚。豚肉&豚骨の煮出しがとても芳醇で、香味油もラード系。だから、豚のエキス感が満載だけど、白濁濃厚豚骨のようなパンチはなく、まろやかにさらさら食える感じがナイスです。さらに、よくよく見ると薄っすらと背脂の溶けた欠けらも浮遊しており、実にコク深い。
 

f:id:TOMASSOON:20180512122528j:plain

 
 
 そこに、ねぎのエキスが「甘く」「香ばしく」滲んでゆき、独特の雰囲気を醸し出します。ねぎはザク切りで、明らかに炒めによる焦げが少し見受けられます。完全に熱が通り切った感じですから、ねぎの中心部のヌメリ部分が透明になって、ねぎ独特の甘みを放出させます。焼き鳥のネギマで感じる、あの甘みをもっと凝縮したイメージかな?。そしてネギの焦げた部分は香ばしさと甘みを両方持ち合わせており、これが妙に美味い。
 

f:id:TOMASSOON:20180512122536j:plain

 
 
 そんな豚エキスと、ねぎエキスを仲介するのが醤油ダレで、きりりとしたカエシの輪郭と言うより、すき焼きのカエシとして感じる醤油感?と言う味のイメージで、じっとりと全体を染めていきます。
 
 
 
<スープとコントラストを覚えるハードな引き締まり感!うどんライクな表情と密度感の一体感素晴らしき哉!>
 
 手打ちと聞くと、ラーメンなら、少しピロったような柔らかめの太麺をイメージしてしまうけど、これは完全に予想を嬉しいほどに裏切ります。これもちょっと他にはない、極太ハードな麺で、しかも加水が低いわけではないから、ツルツルと食える。しかし歯ごたえが、めちゃクッシリしていて、食べ応えを感じさせます。密度感がとても高く、極太ストレートだから、なんとなく「うどんライク」に感じてしまいます。讃岐でもハード系なタイプを連想してしまう。
 

f:id:TOMASSOON:20180512122606j:plain

 
 
 これが実にうまかった。不思議なもんで、表面に濡れてるだけに見えて、スープが浸透しているかのように旨味がついている。煮込みウドンでもあるまいに。そして前歯と立てると明らかに壁にぶつかるイメージが残ります。それをあっさり突き破っていくと、歯の裏側にも感じるような太麺の切断感覚がありありと脳裏に浮かびます。奥歯へ運んでプレスすると、ハードさありありでクッシリさがきっぱりしている。噛むことに喜びを覚えるとはこのことで、唾液の溢れ出るレベルも半端なく、スープの絡みと麺自体のハードグルテンの風味感が、みるみる内に旨味へと昇華してゆきます。旨し。この時点で、ここに来る寸前まで、腹一杯だったのを忘れてしまいましたー。
 

f:id:TOMASSOON:20180512122617j:plain

 
 
 
 
<意外とワイルド!肉厚感丸出しで炙りの香ばしさと煮込みの柔らかさ!満足度を一段とアップ!>
 
 まだまだ楽しいこの一杯。肉がすごいんですわー。チャーシューメンって、スライス肉が麺顔一面に広がるのが楽しみなんですが、ブロック肉に近い分厚さでゴロゴロゴロと3つ半ほど投入されております。微妙に部位の違いを感じますが、歯ごたえが一番あったのは、腕肉に近い部分と思われるし、ほぐれるように、また脂身感もあるのは、肩ロースのようにも思われます。
 

f:id:TOMASSOON:20180512122553j:plain

 
 
 この肉にも明らかに焦げ目が見られ、炙りの肉香ばしさを感じます。しかし、身の解れ方が煮豚に近い感じもしまして、汁の浸透もある。この「肉食ってる感」があるところが、男としては燃えるねぇ〜。女の前で見せつけてやりたい、もっと若かったら〜。
 

f:id:TOMASSOON:20180512122705j:plain

 
 
 ちなみに、ここのチャーシューは、お持ち帰りも出来るようで、買って帰る人も目撃しました。
 
 
 
 
 総じまして、「ホームメイド感とワイルド感の融合!ハイブリッドねぎチャーシュー!」と言う感じでして、この唯一無二な感覚は、確かに地元の名物と言った確かなプレゼンスを感じさせます。これは不思議と、腹一杯状態でも食えますよ。ライトでもないのに。地元で根付く、また近隣からも人を寄せ付ける実力がよく分かりました。こう言う店は、流行って東京進出など考えずに、地道にここでもっと花を広げてほしいもんです。東京にはないラーメン感ですから、ここで食うから美味いとも思うし。ここも再訪問確実ですねー。なぜなら、このハード麺ならつけ麺が気になる!。今回の遠征、収穫大!。「初石に美味いラーメンあり」ですな!。そんな感動を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   トボトボと
   初夏の陽射しの
   街道を
 
 
   ラーメン求める
   ラヲタの悪魔
 
 
 うーん・・・もういっちょ!
 
 
   穏やかに
   麺顔迎える
   喜びに
 
 
   ハードに応える
   麺とチャーシュー
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
 
YouTubeにまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 初石駅 

 

 

 

【今週のラーメン3248】 The Noodles & Saloon Kiriya (千葉・初石) Natto らぁ麺 〜素朴さがお洒落で贅沢に女優デビューしたような崇高納豆麺!

<グッモーニン! 日本人なら朝は納豆!Nattoらぁ麺>
 
 連休明けから、風雲急を告げる仕事の状況〜。ちょっとしんどくなりつつあります〜。数年前もこんな事あり死にそうだったんですが、振り返るとスゲェー回数、ラーメン食ってた!。ストレスのはけ口は、ラーメンしかないのか。いや、ラーメンに助けられてここまで生き延びて来たのではないだろうか。そんなことを考えつつ、千葉のローカルな電車に揺られ、やって来たのが「初石」駅。全く見知らぬ土地なんですが、安らぎを覚える雰囲気がいいね。
 

f:id:TOMASSOON:20180512093836j:plain

 
 
 目的は、「The Noodles & Saloon Kiriya」さん。とても訪問ハードルが高い店ほど燃えてくるラーメン魂。今回はここで気分をスパークさせて頂きましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20180512083717j:plain

 
 
 とまあ意気込みは凄かったのだが、いざ店に着くと、ひたすら癒しを覚えるね〜。森の隣に面している古い和菓子屋を、ロハスな感じでリノベーションしたような店箱。そこで流れるBGMは、ゆる〜いレゲエテンポの曲。そしてご店主ご夫婦の接客が、これまたハートフル。満席テーブル席相席ながらも、非常に居心地がいい〜。目を閉じると寝そうになる〜。
 

f:id:TOMASSOON:20180512085713j:plain

 
 今回は、ちょっと予習をしっかりして訪問したため、最初から食うもの決めてました。RDBで懇意にしていただいてる方々にならい、Nattoらぁ麺とさせていただきました。関西オリジンの私ですが、結構納豆を食う文化があるエリアだったので、むしろ大好きなのですー。
 
 
<まるで泡系ラーメンのようなひき割り納豆の垂れ流し感!ナットウキナーゼとニボシの蛋白質の結合が素晴らしい!>
 
 関東のラヲタ達なら、納豆らーめんと聞いてイメージするのは、新宿「ほりうち」「満来」でな位でしょうか。私もそんな感じで、出て来る前からなんとなく味が分かってる気がしてしまうのですが、なぜこんな遠くにまで来たのかと言うと、泡系ラーメンのような美しき麺顔の実物を見たかっただけなのです。実は麺顔鑑賞と、泡感覚期待で待ち続けたそれは、こんな麺顔でした。
 

f:id:TOMASSOON:20180512093050j:plain

 
 
 おおー見事なる泡立ちとその繊細なトッピングの配置。これを見ただけで目的の達成感をすでに覚えてしまいます。納豆はひき割りになっており、中央部に座布団のようにまとめて敷かれており、その上に立体的に肉、ネギ、岩海苔、カイワレが配置される。納豆の泡は麺表面に垂れ流したように、満遍なく広がり、スープ全体を蓋している感じです。山吹色というのだろうか、こういうの・・・・。和のテイスト感が深いイエローテイストです。
 

f:id:TOMASSOON:20180512093054j:plain

 
 
 さて味わおうとレンゲを投入。なかなか納豆泡の量が分厚くてベーススープにたどり着けないが、遊んでいても仕方ないので、適当に口の中に運んでい来ます。すると・・・意外に煮干のフレーバーがするのが個人的には衝撃を覚えます。魚介醤油といった感じが強く、またその煮干しをメインとした魚介感と納豆の風味が、こんなにもベストマッチなのかと、ちょっとした発見気分です。あまりにも「満来」「ほりうち」のイメージが強すぎて、ライトでまろやかな醤油感だと思い込んでたからねー。
 

f:id:TOMASSOON:20180512093103j:plain

 
 徐々に進んで食い続けると、次第に納豆の泡は、霧が晴れつつ流れるように、ベースのスープが顔を出します。そしてひき割り納豆は、丼の底へと沈みだす。ベーススープにようやくたどり着いてから、それをゆっくり味わうと、そんなにハードな煮干し感ではありません。ナチュラルな苦味と同等の甘みに支えられた感じで、魚介感にも透明感があることから節系の輪郭すら覚えます。なかなか魚介の中でもバランスが考えられた感じがナイスですね。また魚介感を引き立てる醤油の輪郭もちょうどピントが合っており、納豆のタレ的な役割もありつつ、煮干しをきりりと引き立てるような、裏方な存在感。嗚呼、やはり醤油ラーメンだったんだという安心感すらありましょうか。素晴らしい!。
 

f:id:TOMASSOON:20180512093126j:plain

f:id:TOMASSOON:20180512093230j:plain

 
 
 
<モッチモチウネウネ多加水太麺が豊かな味わい!滑りに滑りまくるソフトタッチが快感を誘う!>
 
 仕入れかと思ってたら、自家製麺なんですね。何ともウネウネした太麺が素朴感と味わいぶかさをアピールしまくりです。ピロピロするまで潰し込んでいない形状。しかしウネリが強くて、表面には光沢感がある多加水麺です。なので元からツルツルしている上に、納豆のネバネバがすごく絡むので、太麺なのに滑りがものすごい!。うねる形状が舌や内頬、喉越しなどで強くタッチしシルエットを印象付けるのに、超高速で駆け抜ける滑り感が、とっても面白くて面白くて、いつまでもすすり続けていたいほど。
 

f:id:TOMASSOON:20180512093152j:plain

 
 
 また前歯を立てると、それは明るく弾み、ブリン!とはち切れるような抵抗感が楽しませる。奥歯でプレスして潰す時も同様で、特に束にしてまとめて潰す時は、モッチモチとした後、横ずれしてグニグニと低反発して消えてゆく感じです。その間、前半は納豆うどんのような感覚であったり、後半はつけそば剛麺感覚であったりで、意識を集中すると味風景がゆっくりと変わって行くのが楽しいー。
 

f:id:TOMASSOON:20180512093200j:plain

 
 
<岩海苔とメンマの質感が高くて・・・朝から酒を誘いまくる>
 
 青海苔が微妙に降りかかっているけど、これがまた納豆の泡に混じるとブワッと風味を高めて、味わいを深めます。それに輪をかけるように、岩のりが混じり溶け出すと、より海苔の風味が立体的に広がるようで、これがたまらなく美味い!。よくある刻み海苔とは、海苔パワーが段違い。海苔好きとしては拍手喝采。
 

f:id:TOMASSOON:20180512093113j:plain

 また、何気ないメンマが大変よくできている。ラーメンにも当然合うけど、酒のあてに合わせたような仕上がり感。長めにカットされつつ、歯切れが楽しめるシャクリとしたようで凛とした繊維質。浅い味の浸透感で素材感も楽しめ、日本酒か焼酎に絶対に合うはず。こちらは、夜営業は、金曜日のみとのこと。とても個人的には不便なので来れないため、朝しか飲めない計算になるけど、いくらなんでも・・・朝9時から飲んだら、これは立派なアル中。辛抱したーーー。
 
 
 
<上質な豚肩ロースのレアチャーシューは納豆に絡んでも美味かった!>
 
 随分と後回しになって食らいついたけど、やはり肉の仕上がりも流石でした。豚の肩ロース肉。今流行りのレアチャーシューっぽいピンク色を残しつつ、周囲はペッパーが少し効いてて香ばしいです。当然柔らかい肉繊維。脂身がバランスよく全体的に差していて、塩気と脂の甘みが絶妙なハーモニーです。さらに納豆の泡にまみれても、これが不思議と違和感なく、ソースを絡めたような美味さに思えるから不思議です。嗚呼、ビールが欲しくなるー、これはすでに立派なアル中。もうそんな発想しかできない私は、やはり更生しないといけないようです。
 

f:id:TOMASSOON:20180512093143j:plain

 
 
 総じまして、「素朴さがお洒落で贅沢に女優デビューしたような崇高納豆麺!」という感じかしらん。いや〜遠征活動した甲斐がありましたわー。実はこれ以外のラインナップもすごく個性的なので、すでに後ろ髪を引かれております。23区でなくとも、東京に来れば間違いなく行列店なのにな・・・・。人の生き方はそれぞれということか。見たところ、ほとんど常連さんばかりだったようだし、このロケーションで地道に続けていただければ、また遠征機会に伺います。食ってからブラブラと駅方向に向かいますが、なんだか朝早くラーメン食って胃が重いので、近くのファミレスで一休みしてから帰りました。急いで帰ることもないしー。そんな名残惜しさを思い出しつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   週末に
   知らない街を
   ぶらぶらと
 
 
   LOHASな店で
   長閑ならぁ麺
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにもまとめてみました!

関連ランキング:ラーメン | 初石駅

 

 

ロハスブック(3) (カートップムック)

ロハスブック(3) (カートップムック)

 
有機納豆のたれ 200ml

有機納豆のたれ 200ml

 

 

【今週のラーメン3246】 中華そば むらさき山 (東京・田町) 味玉そば + ねぎ増し ~路地裏の隅まで誘い込む魔力的醤油豚骨魚介麺!

<田町に来ると〜ここに足が向く!>
 
 とある雨の日、こんな季節に震える寒さ。つい先日までは、今年の冷やし中華解禁はどの店にしようかと、悩んでいたのがウソのよう。こんな日は、オフィスでじっと過ごしたいのですが、やはり都内へ外出。今回のクライアントは田町。少し早めに昼飯して、近くのサンマルクでゆっくり対策を考えましょう。
 

f:id:TOMASSOON:20180509112442j:plain

 
 田町・・・とくれば、ここをくぐらねば。それは、「慶応仲通り商店街」。その名の通り、慶応義塾へ向かうに便利な狭い路地なのですが、今や酔っ払いしかいないような雰囲気。一軒だけあった学生服屋は、とうとう閉店してしまうようです。この狭い商店街には、居酒屋が凝縮しており、近くの大企業か税務署の職員やその関係者で毎晩宴が繰り広げられているようです。そんな狭い路地裏をさらに路地裏に折れたところに、今回の目的の店があります。それが「中華そば むらさき山」さん。私は、このエリアで昼飯とくれば、ここがお気に入り。
 
f:id:TOMASSOON:20180509112626j:plain
f:id:TOMASSOON:20180509112746j:plain
 

 
 なぜかと言うと、ちょうど開店時に偶然巡り合ったことと、実は「和歌山系」のお店だってことが、関西オリジンの身としては、応援したい気分になってしまう。いやそれ以上に、旨いと思うもの!。
 

f:id:TOMASSOON:20180509112757j:plain

f:id:TOMASSOON:20180509112819j:plain

 
 
 
 
<醤油豚骨をベースに「魚介」と「焦がしねぎ油」の発展系!他にありそうで無二な味!>
 
 開店当時から、お母さん店員さんの接客が心地よい~。特に寒い日だったから、あの心温まる接客はホッとするものですよ。ご店主も相変わらず忙しそうだし、開店時間に来ても先客はちゃんといるし(仕事さぼって来てるのか)、また、ぞくぞくと後客が入ってきていきなり満席。ほんと地元に愛されてるのが分かります。今回は「味玉そば+ねぎ増し」。言い方を変えれば「ねぎ増しそば+味玉付き」とさせてもらいましょう。その麺顔はこんな感じ。
 

f:id:TOMASSOON:20180509113148j:plain

 
 
 おお!艶やかな豚骨魚介を覆わせるマットなブラウンに、香味油が隙間なくコーティングを施している!。更に海苔が凛々しい上に、青々としたネギのプチ絨毯が目にまぶしい。そう!関東にあってもやはりねぎ増しとくれば、青葱がポリシーなのが嬉しいね!。味玉もしっかりとLサイズの大きな存在感を示しており、見た目通りの程よいコッテリさを醸し出しております。
 
 

f:id:TOMASSOON:20180509113154j:plain

 
 
 何度も伝えているけど、「和歌山系」のお店・・・だった。だったというのは、私の知るそれとは少しアレンジが進んでいると思われ、それがとても私のフィーリングにマッチしております。和歌山系とは「醤油豚骨」の部類で、どちらかと言うと、濃厚豚骨に醤油だれが深く滲んだもの。関西で食ってたときは、すこしサラっとした煮出しで、店によってはパンチに欠けるのも特徴の一つでした。ところがこちらは、そこにコラーゲン度合を増しており、間違っているかとは思うが、鶏すら滲んでいるコラーゲン感なのが嬉しい。しかも、魚介を多く包含しており、由来の甘さを明らかに滲ませます。なので甘味により味わいに厚みがでると感じています。それだけでなく、焦がしねぎ油が香味油としてふんだんに取り入れられてることから、非常に明るさも増して香ばしさが高い。この感覚が、「むらさき山」の味風景でして、きっと本場よりは旨いと感じるのだろうと・・・・自分勝手に思っております。
 
 

f:id:TOMASSOON:20180509113157j:plain

 
 
 特に今回は、ねぎマシだから、フレッシュなねぎの甘さと苦み、そして焦がしねぎの香味が入り混じるところが、うまさを更に昇華させます。ねぎ大好き「ねぎ星人」な私としては至福の感覚ー。
 

f:id:TOMASSOON:20180509113204j:plain

 
 
 
<相変わらずのクツクツ低加水ストレート細麺がバランス良くてストライクな味!>
 
 西日本の濃厚豚骨系譜とくれば、麺はストレート細麺でパツっとした低加水がイメージ。その通りであり、期待を裏切りません。少し渇いたような芯の風合いが、パツパツとした歯ごたえの度に、鼻孔をくすぐります。あまり汁を浸透しないところもいい感じでして、濡れた感じがちょうどよい。それだけでスープは絡むし、味わいとしてもバランスが取れているように思えます。
 

f:id:TOMASSOON:20180509113225j:plain

 
 存分にねぎを絡めて、また海苔を巻き込みつつ、麺を啜り食いましょう!。貼りついたトッピング具材と、麺の炭水化物感。そして間を取り持つ濃厚・醤油豚骨・魚介風味が、焦がしねぎ油と相まって、咀嚼するごとに旨さを高めてくれますからー。
 

f:id:TOMASSOON:20180509113233j:plain

 
 
<ねぎまみれの肩ロース肉!タレが何と言ってもご飯に合うような旨さがナイス!>
 
 今回は、「ねぎまみれ」となった肉。脂の部分と赤身の部分のバランスもよく、いい感じの肩ロース肉です。脂の甘さも感じつつ、赤身に浸透するスープの味わいが合体してとても旨い!。しかも周囲はほどよく醤油ダレが染み込んでおり、この旨さなら白飯が何杯でも食えるような気にさせます。
 

f:id:TOMASSOON:20180509113217j:plain

 
 そうそう、このタレが非常に馴染みの深いチャーシューのタレって感じでして、甘辛いところがとても魅力的。私も趣味で自家製チャーシューを作っていた時期があるんですが、タレに豚の脂が染み込み、慣れてゆき、とても旨くしあがっていくんですよねー。結婚と同時に気持ち悪がられて捨てましたが、あれは給料日前の貧乏飯にはとても重宝したっけ・・・。自分では「チャーシューのタレ飯」と呼んでました(笑)。懐かしいー。
 
 
 
<味玉にハズレなし!>
 
 そんな至極のタレに浸かっていたに違いない、そんな味玉です。深く浸透して白身は染まり切り、卵黄にまで深くゆきついています。まるで熟成したような濃厚な旨みですが、卵黄は全体的に緩い芋羊羹のような状態になっており、とても旨い。一度、割ってからスープにドボン!と浸してから食っても、これまた旨い!。嗚呼、今回も・・・味玉にハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20180509113306j:plain


 
 
 
 
 総じまして、「路地裏の隅まで誘い込む魔力的醤油豚骨魚介麺!」と言う感じたまま何のひねりもない感想でごめんちゃい!。毎度、田町で食ってる味わいですが、今回もやはり飽きません。いや好きだと再確認してしまった!。あまり、食べログとか、RDBで露出する店ではありませんが、実力度は確かなもので、常連が根付いているのが非常に理解できましょう。また近いうちに来ると思います。だって・・・今回新たな味変化があるのを発見してしまったから。
その名も「旨辛つけめん 変更券」。これは、写真整理をしていて気づいてしまった。次回はこれを必ず食います!。と宣言したところで、これを心に刻まんと、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   しとしとと
   氷雨に近い
   梅雨気分
 
 
   心身沁みる
   醤油豚骨
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
 YouTubeにまとめてみました!
 
 

関連ランキング:ラーメン | 三田駅田町駅芝公園駅

 

 

品川1番線・田町2番線他(せせらぎ)

品川1番線・田町2番線他(せせらぎ)

 

 

【今週のラーメン3245】 麺場voyage (東京・京急蒲田) 潮ラーメン ~海賊と山賊の融合みたいな見事なるカオスの崇高麺!

<海系のこだわりとチョイ飲みスペースがいい感じ〜>

 ま~だ大型連休の疲れが取れないのか、妙に昼前後に眠気が襲うのです。今年の春ほど、風が強かったり、気温が上下することが多いなど体験したことがないような気分。なので体が疲れているのでしょうか?。みなさんはどうですかね。私の場合は、単に休み気分が抜けていないだけなのかもしれませんが。
 

f:id:TOMASSOON:20180508133453j:plain

 

 そんな感じでしたので、京急川崎駅で降りるところをすっかりと寝過ごしてしまって、蒲田で目覚めてしまいました。電車の揺れとエアコンの風は、1分間で居眠りへと誘いますね・・・。じたばたしても仕方がないので、ここで昼飯!ランチラーメン活動といたしましょう!。京急蒲田と言えば、ラヲタならばすぐ思いつくのは2店舗。その内1店舗は「麺バカ息子」。かなり好きかも!。しかし、最近移転してまだ訪問挨拶できてない店があるので、今回はそちらへと参りましょうか。それが今回の「麺場voyage」さんです。
 

f:id:TOMASSOON:20180508133510j:plain

f:id:TOMASSOON:20180508133509j:plain

 

 一応、休業日とおすすめメニューを確認するために、ツイッター等で確認してから参ります。桜エビなどの限定がめちゃ美味そう情報をゲットして勇みますが・・・銀行で金を下ろすのを失念しておりまして、財布の中はなんと英世一枚(寒!)。ま、一枚でも入ってたのがラッキーと言うべきか、選ぶに選べないもののデフォルトの「ラーメン」で今回はご挨拶とさせていただきます。因みに、券売機は「ラーメン」表記ですが、店前の旗は「潮ラーメン」、「帆立とキノコの潮ラーメン」と二種類あり、どれが正式名称が不明なので、ここでは「潮ラーメン」と表記させてもらいます。
 

f:id:TOMASSOON:20180508133404j:plain

 



<ホタテの塩気のある旨味と海苔の磯感覚!ここにキノコのミスマッチな旨さの融合素晴らし!>

 店について、まずは店構えの写真メモを押さえておこうと思いきや、ちょうど店前で電話してうろうろしている先客あり。どくのを店前で少しまっていると妙にねばる~。どうしようかとオレも粘ろうか?などと躊躇していたら、イラッシャイマセと店の方から、声がかかる。まずは入店して、予定どおりのデフォルトメニューを、券売機で購入です。続けて「ポテトサラダサービスデスガ・・・」とおしゃるので、「要ります要ります」となぜか2回クチを突いて出ました。テーブル席へ案内されて・・・・結構、夜も意識したつくりであることを再認識です。ポテサラ大好き「ポテサラ星人」な私は、それを辛抱しきれず、先に堪能したいたところで、配膳が完了です。それは、こんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20180508133423j:plain

 

 おおお!何と言うカオス!上品さとワイルドさが溢れているというか感じ!。花あられが上品な浜辺を意識させるようでもあり、星空ミルキーウェーのようでもある。一方、帆立を意識した麩には、宝箱のようにいろいろなものが込められており、また少し溢れている。岩海苔の漂いが、スープの透明感とは裏腹で、時化た海のようにも感じさせる。唯一無二の麺顔ですねー。
 

f:id:TOMASSOON:20180508133408j:plain

 

 まずはスープからいただきますが・・・・なるほど、確かに「帆立とキノコ」だわこれ!とうなずけます。どっちもかなり旨みを主張するパーツですが、印象的にはこれがベストマッチなのかどうなのか不明なるミスマッチ感覚あり。しかしこのミスマッチ感が、味のカオスを深めているとも思え、実に悪くないと・・・味わえば味わうほど、ハマってくるようです。ここで評価が分かれるかも。また岩海苔の風味が磯の感覚をプラスさせてゆくのが、面白い味風景。帆立と岩海苔は合うと思うが、キノコのエキスと岩海苔のコンビネーションは、私の経験領域外のニュータイプです。
 

f:id:TOMASSOON:20180508133424j:plain

f:id:TOMASSOON:20180508133426j:plain

 



<キノコのフレークとホタテの身!そして岩海苔が風味と食感を高める!>

 さらに味わいを深めていくのは、帆立の麩に込められたパーツたち。キノコをフレーク状にしたものが、徐々にスープに溶けだすと旨みが更に深まるし、半分湿った柔らかいフレーク感が歯応えを楽しくさせます。さらに岩海苔が溢れこの影響は記述ですが、帆立の身が一欠けら乗せられており、キノコよりも帆立を食べ手にアピールしているようです。確かに、個人的にはキノコエキスで頭がいっぱいでしたが、潮ラーメンというがことしで、塩気が潮の感覚をうまく表現していますねー。いろいろ山海エッセンスがありつつ、とてもバランスよく全体がまとまっていると言うしかないですね!
 

f:id:TOMASSOON:20180508133425j:plain

 



<菅野製麺:美しいストレート細麺!程よく淡きクツクツ感と汁吸いの旨味バランス良し!>

 とても白い地肌と、きめ細やかさが印象的です。このブランドには歯応えを期待してしまう私ですが、今回もお見事だったかと。パツパツではなく、適度に抵抗を感じる程度のクツクツした茹で上げ感が印象的でした。そして汁を吸い込むこともしっかりと計算に入れたような、上品な風合いもいい感じ。麺が汁を吸い込むばかりでなく、麺と麺も貼りつきあうので、隙間からスープを持ち上げるのも特徴的です。
 

f:id:TOMASSOON:20180508133450j:plain

 

 途中でネギやらアラレやら、岩海苔も貼りつきますが、いろいろ貼りついた物体もろとも奥歯で潰す。プチプチと箸からプレスしては千切れ潰れていく合間に、カリカリにゅるり・・・と響きながら、つぎつぎへと啜り食う箸がとまりませんでした。
 

f:id:TOMASSOON:20180508133451j:plain

 



<安定感感じる豚ロースのチャーシュー旨し!>

 脂身の差しがいっさいない、きめ細かい筋繊維メインのチャーシュー。ロースでも腕に近い部位なのか、それともモモなのかは不明ですが、ロースと感じて歯を立ててみました。引き締まりがあるかなと思って、やや力を入れてみましたがとても柔らかい!。スーッと切れる感じで、薄味で本来の味わいもキープ。そこにスープもある程度表面は浸透するので、なかなか薄味系で旨いです。ビールにも焼酎にも合いそうな仕上がり感。そういえば、こちらのビールはハートランド。自説・・・・「ハートランドのある店は旨い店」。
 

f:id:TOMASSOON:20180508133427j:plain

f:id:TOMASSOON:20180508133407j:plain

 



<ポテサラにハズレなし!>

 ランチタイムサービスでいただいたポテサラですが、プチサイズなので最初は舐めてた。しかし・・・これがすごく旨かった。もっとくれもっとくれもっとくれと、頭のなかで大騒ぎ。キノコが少し入っているのか???とてもクセになる!。夜だったらレギュラーメニューにあるのだろうか。嗚呼、ポテサラにハズレなし。
 

f:id:TOMASSOON:20180508133405j:plain

 



 総じまして、「海賊と山賊の融合みたいな見事なるカオスの崇高麺!」と言う感じでしょうか。「賊」ってのはデフォルメし過ぎでかも。実は、個人的には移転前より今の方が気に入っているかも。ポテサラに買収されたわけではないですが、デフォルトの一杯は、バランス感では良くなったのでは?と感じていますが、どうなんでしょうかね。蒲田でラーメンと言えば、JR側が盛り上がっているのですが、京急側も盛り上がってほしいと思いました。個人的にもこの駅は割とスルーしがちなのですが、ちょっと外出時の候補には入れなおしておきたいです。素敵なミスマッチで、どこかとてもまとまりを感じる一杯。みなさんもいかがでしょうか?。と軽く宣伝しておいたところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   安らぎの
   潮の旨味と
   キノコ出汁


   しみじみ食いて
   新たにvoyage(字余り)



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
YouTubeにまとめてみました!
 

関連ランキング:ラーメン | 京急蒲田駅蒲田駅糀谷駅

 

 

不都合な停車駅36選 復興計画シリーズ

不都合な停車駅36選 復興計画シリーズ

 
大田区本 (エイムック 2780)

大田区本 (エイムック 2780)

 
ポテサラ酒場

ポテサラ酒場

 
まるごと一冊ポテサラ・本―いろんなポテサラ135品 (旭屋出版MOOK)

まるごと一冊ポテサラ・本―いろんなポテサラ135品 (旭屋出版MOOK)

 
ポテサラ

ポテサラ

 

 

 

【今週のラーメン3244】 もとのとも (千葉・東中山) 醤油らーめん + 半味玉 〜明るさと円やかさ!そしてクリアなエキス感濃密な醤油麺!

<競馬がなければ静かな街〜で、しっとりいただく極上醤油麺>
 
 最近、公衆無線LANが、あちこちにあって大変重宝する・・・・と思いきや、セキュリティが気になってどうも使う気になりませんな。いちいち利用するのに個人情報を要求してくるから怖い。やはり自分のスマホテザリングしてなんとかやる過ごすのです。しかし、このGWに息子と一緒に帰省した時に、思いっきりオレの月間高速通信枠を利用しやがったものだから、思いっきり通信速度が遅くなった(泣)。公衆無線LANでは、会社支給PCではアクセス規制してくるし、仕事にならん・・・。無線ルーターが欲しいこの頃です。
 

f:id:TOMASSOON:20180507133721j:plain

 
 
 そんな苦境でもって、千葉・船橋で所用を終える。とっとと都内に戻るべきなんでしょうが、時間的余裕がありましたので、サクッと、一杯食って帰ろう!。今度は東中山駅にやってまいりました。かなり昔に、中山競馬場に先輩同僚に連れられて以来、降りた駅。競馬のない時は、各駅停車しか止まらない通過駅。お昼時は少し回ったとしても、とても長閑な駅前です。というか寂しいー。ここで商売やっていけるのかと、少し心配になりつつも、人気のない道を少し上がったところに、目的のお店「もとのとも」さんがありました。
 

f:id:TOMASSOON:20180507133758j:plain

 
 
 しかし、そんな心配は全く無用でして、午後2時を回っていたと思われるタイミングで、ほぼ満席。一席だけ空いていたというラッキー状態でした。やるねぇ〜さすが、RDBではハイランクのお店です。醤油と塩とどちらも評価が高い上に、汁系とつけ麺系でもそんなに差がないー。こういう時は、大人しく券売機ポールポジションの左上のメニューを選んでおきましょう。そんな感じで「醤油らーめん」。半味玉の「50円」というのが魅力的に映り、そいつもついでにポチり。
 
f:id:TOMASSOON:20180507133723j:plain
f:id:TOMASSOON:20180507133722j:plain
 
 
 
<ひと目ひと口で明るさと円やか旨味を感じる〜神奈川系な味風景>
 
 実は、「ビール500円」「おつまみ3点盛り350円」がとても気になる・・・昼間だが。「お子様らーめん500円」と合わせるなら、オレの胃袋にも収まりそうだ。一応聞いてみるか?と思ったけど、そんな勇気はなかったわけです。そんなアホなことを、まだうだうだと躊躇を後悔していたところで、鮮やかな一杯が提供されました。それがこんな麺顔。
 

f:id:TOMASSOON:20180507133740j:plain

 
 
 おお!事前の予習に比べればやはり実物はとてもクリアーな醤油ブラウン!。表層をゆったりと漂う脂分は鶏油でしょうか。千葉なのに神奈川淡麗系のようなニュアンスを食う前から感じてしまいます。またチャーシューの大判が目をひきます。味玉は、半味玉のはずだったんだが、これはサービスか?。
 

f:id:TOMASSOON:20180507133724j:plain

 
 
 まずはスープをひと口。う・・明るい醤油感が嬉しいね。明らかに鶏油の色気を感じますが、バターのようにドギツくはなく、おとなし目の感覚。そこに醤油の円やかさが広がり、カエシの塩っぱさよりはかなり香味で円やかに仕上がっています。しかし、醤油感が全く香味油で飲み込まれたかというと、そうでもなく、醸造感を少し感じを残しつつ、醤油自身の香味もキープです。
 

f:id:TOMASSOON:20180507133742j:plain

 
 
 全体的に明るいけど、派手すぎないところがいい感じで、節系や昆布系、野菜等の旨味も溶け込んでバランスしてるイメージ。ひょっとしてつけ麺なら、塩気の輪郭をプラスするのだろうか。だとしたら相当イケるかもですね。醤油感がキープされているところが、今回私にとっては印象深いポイントでした。
 

f:id:TOMASSOON:20180507133755j:plain

 
 
 
 
<村上朝日製麺:プリプリ多加水縮れ麺の組み合わせが面白く、ズボボボすすりを夢中にさせる>
 
 スープに対してこの麺のチョイスは意外に感じました。シルキーな細麺で、スープと一体化させるものかと思い込んでたら、なんと引き上げたら縮れ麺。村上朝日製麺とのこと。粉の風合いとしっとり合わせるものだと思い込んでたー。
 

f:id:TOMASSOON:20180507133756j:plain

 
 
 プリプリに感じさせる細麺。多加水の縮れ麺ですが、そう極端に縮れている訳でもないナチュラルタイプ。少しばかり外カタに感じる部分と、ボコボコとした形状が、啜り上げるフィーリングとしてはむしろ面白く感じさせます。舌の上ばかりでなく、喉奥を駆け抜けるシルエットもいつとなく鮮やかだったかも。
 

f:id:TOMASSOON:20180507133757j:plain

 
 またスープを吸い込むというより、濡れた感じなのが滑りをよく感じさせるのかもしれません。途中で麺のグルテンの風合いを楽しむよりも、咀嚼時にスープエキスと一体となった瞬間に美味い!と思わせる。
 
 
 
二種チャーシュー!豚レア肉と鶏肉が洋風にも感じる味わいがナイス!>
 
 二種チャーシューが当たり前になってきた感がありますが、レア肉とコンフィっぽい肉は、これも今や今風では流行りですね。こちらも例にもれず。しかし、この調理法はやはり、肉としては一番美味い食べ方だから仕方のないことでしょう。
 

f:id:TOMASSOON:20180507133743j:plain

 
 
 豚肉は大判で柔らかいスライス肉が一枚。赤身が多い中に脂身のさしがバランスよく入っているので肩ロースなのか、モモ肉なのか・・・。スープを纏った鶏油で濡れたりして、これもまた美味い。やはりビールが恋しくなる味わい。また鶏は胸肉か、洋風な味わいが施されており、少しばかりハーブの香りも感じたけど、実際はどうなんだろうー。白ワインが恋しくなる味わい。 
 
 
 
味玉にハズレなし!>
 
 よくよく考えて見たら、半味玉を丸一個サービスしてくれたのではなく、デフォルトにはすでに半味玉があって、それに半味玉をもう一つ追加したからこうなったのだろう・・・・と帰りの電車で眠っている最中に「ハッ!」と閃き気づきました。それにしても、薄味出汁が深く均一に浸透しており、白身がぷるんと歯ごたえ柔らかい上に、卵黄はジェルかペースト状になっており、オレンジ色が眩しい。ぺったりと舌にまとわりつき、そこをスープを流し込んで洗いながら味わうのもいい感じ。嗚呼、味玉にハズレなし!。
 

f:id:TOMASSOON:20180507133744j:plain

 
 
 
 
 総じまして、明るさと円やかさ!そしてクリアなエキス感濃密な醤油麺!」と言う感覚でして、何の捻りもなく、単なる感想まとめでごめんちゃい。このエリア、全く地縁がないんですが、千葉もいいラーメンが多い中でも期待のお店。なぜか食べログだけは少し評価辛口ですが、めげずに頑張っていただきたい次第。機会があれば、次回はつけ麺を食してみたいです。やっぱり、中山競馬のある日は激混みなんでしょうかね・・・・。とりあえず、ブックマークは外さないでおきましょう。という感じで、美味さの感動を忘れないうちに、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   長閑なる
   小さき駅の
   吹く風に
 
 
 
   揺れる暖簾が
   拉麵誘う哉
 
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!
 
 
YouTubeにまとめてみました!
 
 

関連ランキング:ラーメン | 東中山駅京成西船駅京成中山駅

 

 

図解 競馬の参考書 ~プロの勝ち方が誰でもわかる!

図解 競馬の参考書 ~プロの勝ち方が誰でもわかる!

 
Wi-Fiのすべて ? 無線LAN白書2018

Wi-Fiのすべて ? 無線LAN白書2018

 
今すぐ使えるかんたんmini Wi-Fi無線LAN基本&便利技 [改訂新版]

今すぐ使えるかんたんmini Wi-Fi無線LAN基本&便利技 [改訂新版]